被蓋

出典: meddic

tegmentum (KL)
中脳被蓋

  • 脳幹に存在する被蓋の総称
  • 中脳水道によって中脳は背側部と腹側部と児分けられる。背側部が中脳蓋、腹側部はさらに2部に区分される。腹側部は大脳脚、背側部は中脳被蓋である


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 注意機構の脳機能局在および脳機能システムに関する文献的研究-Continuous performance testを中心に-
  • 津島 靖子,眞田 敏
  • 岡山大学大学院教育学研究科研究集録 147, 145-149, 2011-06-25
  • … これまでにMirskyはCPTの課題遂行に被蓋,中脳橋網様体や視床が関与すると推測しているが,最近のPETやfMRIなどによる脳循環や代謝測定法に基づく知見を反映した見解ではない。 …
  • NAID 120003551003
  • 中脳の解剖と外科治療(<特集>脳室・脳幹病変の外科治療)
  • 名取 良弘
  • 脳神経外科ジャーナル 20(6), 432-437, 2011-06-20
  • … は,中脳水道から背側の四丘体(quadrigeminal plate)を含む中脳蓋(tectum),左右一対の大脳脚(crus cerebri),中脳蓋と大脳脚に挟まれた中脳被蓋(tegmentum)の3つに大きく分割される.基本的に手術アプローチは,中脳蓋へは,occipital transtentorial approachかinfratentorial supracerebellar approachを,中脳被蓋へは,extreme lateral supracerebellar infratentorial approachやsubtemporal approachを,大脳脚へはorbitozygomatic approachかtrans-sylvian approachを選択する …
  • NAID 110008662230
  • 成長期に前歯部逆被蓋の改善を行った症例の長期経過 (特集 健全な歯列の育成をめざして--不正咬合の"芽"をどのように見つけ,いつ介入するか?)

関連リンク

腹側被蓋野(ふくそくひがいや、ventral tegmental area, ventral tegmentum、VTA)は 哺乳類の脳における中脳の一領域であり、被蓋の腹側部に位置する。被蓋とは脳幹の 背側の領域を広く指す言葉であり、系統発生的に古い部分である(赤核や黒質も被蓋に ...
脚橋被蓋核(きゃくきょうひがいかく pedunculopontine tegmental nucleus または pudunculopontine nucleus、PPTN、PPTg、PPN、などと略記)は、脳幹に位置する 神経核。黒質の尾側に、上小脳脚の近くに位置する。解剖学的には脳幹網様体の一部 を、 ...

関連画像

丸缶被蓋式(CD仕様 )角ツーピース缶被蓋式photo鉤 針 編織 彩色 拼接 大 被 蓋 4角ツーピース缶被蓋式


★リンクテーブル★
リンク元解剖学」「中脳」「脳幹網様体」「進行性核上性麻痺」「縫線核
拡張検索腹側被蓋核」「被蓋核」「被蓋骨
関連記事

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



中脳」

  [★]

midbrain
mesencephalon
, 一次脳胞

解剖

  • 中心管は、細い中脳水道となっている
  • 中脳は3つの領域に分けられる。
  • 中脳水道より背側にある領域は中脳蓋
  • 腹外側に突出した部分は大脳脚
  • 両者の間の領域が中脳被蓋である

発生

  • 一次脳胞の中脳

脳神経の神経細胞


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

中脳とは(医学大事典)

臨床関連

神経内科



脳幹網様体」

  [★]

brainstem reticular formation (KL), reticular formation of brain stem
formatio reticularis truncus cerebri
網様体脳幹

脳幹網様体

脳幹網様体の分類

入出力

(KL.708)

  入力 出力
求心性線維 遠心性線維
大脳皮質 網様体視床路経由
小脳 網様体小脳路
中脳 上丘赤核 中脳核
脊髄 脊髄網様体路 脊髄視床路 網様体脊髄路

機能 (KL.709)

  • 大脳:上行性網様体賦活系
  • 体性運動:骨格筋の筋緊張を維持し、筋活動を調節する
    • 線維連絡:小脳、赤核、黒質、線条体?
  • 内臓運動:内蔵の機能の反応・調節に関与(特に延髄網様体)
    • 線維連絡:自律神経中枢、脳神経の自律神経性核、脊髄の自律神経性ニューロン


進行性核上性麻痺」

  [★]

progressive supranuclear palsy PSP
進行性核上麻痺スティール・リチャードソン・オルゼウスキー症候群 スティール-リチャードソン-オルシェウスキィ症候群 Steele-Richardson-Olszewski syndrome
[show details]

概念

  • 難病であり、特定疾患治療研究事業の対象疾患である。
  • 中年期以降男性に好発し、易転倒性、核上性注視麻痺、パーキンソニズム、認知症などを特徴とする原因不明の疾患である。病理学的には淡蒼球視床下核、小脳歯状核赤核黒質、脳幹被蓋の神経細胞が脱落し、異常リン酸化タウ蛋白が神経細胞内およびグリア細胞内に蓄積が見られる。(参考1)

参考

  • 1. パーキンソン病関連疾患 (1)進行性核上性麻痺 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/276
  • 2.
[display]http://www.jsnp.jp/cerebral_14.htm


縫線核」

  [★]

raphe nucleus, (pl.)raphe nuclei, nucleus of raphe
nuclei raphes


  • 図:B.29



腹側被蓋核」

  [★]

anterior tegmental nuclei of midbrain, ventral tegmental nuclei of midbrain
被蓋核


被蓋核」

  [★]

tegmental nucleus
橋被蓋網様核

被蓋骨」

  [★] 膜性骨covering bone


蓋」

  [★]

lidtectumtectaltectorial
視蓋




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡