表面麻酔

出典: meddic

surface anesthesia, topical anesthesia
粘膜麻酔
麻酔



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-0834 口腔用表面麻酔製剤の基剤としての義歯安定剤の有用性について(一般演題 ポスター発表,院内製剤・薬局製剤,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 安藤 崇仁,中里 政可,下尾 嘉昭,吉田 久博
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 320, 2011-09-09
  • NAID 110008910299
  • 表面麻酔を用いた正中神経損傷後の知覚再教育の試み
  • 阿部 薫,長谷 公隆
  • 運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 21(3), 273-278, 2010-11-30
  • NAID 10027467730

関連リンク

繝帙・繝 縺ォ謌サ繧・/p> 豁ッ遘大現髯「繧呈爾縺・/p> 豁ッ遘大現縺ォ逶ク隲・/p> 豁ッ遘代r遏・繧・/p> 豁ッ遘鷹未菫り ・髄縺・/p>
「皮膚表面麻酔」は当社の大人気商品!その他各種濃度の違った表面麻酔、アフターケアのクリームやドレッシングテープ、マスクやエプロン、施術用グラブなど衛星・消毒関連商品にも力を入れております。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 歯科用局所表面麻酔剤

販売名

  • コーパロン歯科用表面麻酔液6%

組成

有効成分 1mL中

  • (日局) テトラカイン塩酸塩 60mg

添加物

  • ベンザルコニウム塩化物,プロピレングリコール,エタノール,dl-メントール,黄色4号(タートラジン),リンゲル液
  • 薬液に直径7mm,厚さ2mmの円形ビニールスポンジが浸漬されている。

禁忌

  • 本剤の成分又は安息香酸エステル(コカインを除く)系局所麻酔剤に対し,過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 歯科領域における表面麻酔
  • 通常成人には,薬液を浸漬したスポンジ1枚を取り出し局所に塗布する。使用後のスポンジは捨てる。

なお,年齢,部位,症状により適宜増減する。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックがあらわれることがあるので,観察を十分に行い,血圧降下,顔面蒼白,脈拍の異常,呼吸抑制等の症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと。

中枢神経

(頻度不明)

  • 振戦,痙攣等の中毒症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には,直ちに投与を中止し,ジアゼパム又は超短時間作用型バルビツール酸製剤 (チオペンタールナトリウム等) の投与等の適切な処置を行うこと。

薬効薬理

麻酔効果

  • 比較的速やかに麻酔効果があらわれ,5〜10分で最高値を示し,15分を過ぎると効果がうすれ,20分後には35%に効果の消失を認めた1, 2)

殺菌作用

  • 局方ヨードチンキ4倍希釈液と同等の殺菌作用を有する1)

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • テトラカイン塩酸塩 (Tetracaine Hydrochloride)

化学名:

  • 2-(Dimethylamino) ethyl 4-(butylamino) benzoate monohydrochloride

分子式:

  • C15H24N2O2・HCl

分子量:

  • 300.82
  • 約148℃


★リンクテーブル★
リンク元局所麻酔」「コカイン
拡張検索コーパロン歯科用表面麻酔液
関連記事麻酔」「表面

局所麻酔」

  [★]

local anesthesia, regional anesthesia
全身麻酔浸潤麻酔局所麻酔薬局所麻酔薬中毒

局所麻酔の様式

SPC.171
局所麻酔の様式 コカイン リドカイン テトラカイン プロカイン ブピバカイン メピバカイン  
表面麻酔 surface anesthesia       粘膜、角膜に浸透。皮膚からの浸透は悪い。
外傷、潰瘍、火傷への使用は注意を要する
浸潤麻酔 infiltration anesthesia       皮下や筋肉内に注射してまわりに浸潤させ
小手術部の知覚を麻痺させる
伝導麻酔 conduction anesthesia       神経管、神経叢、神経節の周囲に注射して
伝導を遮断する
硬膜外麻酔 epidural anesthesia       硬膜外腔に注入して脊髄神経が椎間孔を
出たところで伝導を遮断する。術後や癌の痛み
脊髄麻酔 spinal anesthesia       L2-S1の間で局所麻酔薬をクモ膜下腔に投与し、
脊椎神経の伝導を遮断



コカイン」

  [★]

cocaine
cocainum
塩酸コカイン cocaine hydrochloride
薬物濫用麻薬
コカアルカロイド系製剤

概念

  • 俗名"crack","freebase" (BBS.74)
  • コカの葉に含まれるアルカロイド。精製するとコカインとなる。
  • 濫用薬物としての分類はstimutans(see. 薬物濫用)
  • 麻酔作用がある → エステル型の局所麻酔薬として使われる

構造

作用機序

薬理作用

  • 局所麻酔作用
  • 交感神経興奮作用
  • 中枢神経興奮作用

動態

  • 皮膚からの吸収:悪い
  • 粘膜からの吸収:良好

適応

  • 粘膜の表面麻酔

注意

MAO阻害薬を服用している場合、神経終末部のニューロン内でノルアドレナリン濃度の上昇を期待→コカインはノルアドレナリンのuptake1を抑制→MAO阻害薬の作用が減弱

麻薬としてのコカイン

  • 種類:stimulants
  • 症状:幻覚、性欲亢進、不眠。精神依存強
  • 妊娠中の妊婦がコカインを使用すると、新生児にhyperactivityやgrowth retardationが見られる
  • 虫が体を這うような幻触(tactile hallucination)が見られる("cocaine bugs")
  • "crack", "freebase"は安価なコカインであり、喫煙により吸入する。精製したコカインは鼻孔から嗅いで吸引する。



コーパロン歯科用表面麻酔液」

  [★] テトラカイン

歯科用局所麻酔剤


麻酔」

  [★]

anesthesia
麻酔機、術前準備


全身麻酔

1. Semi-rapid induction (成人の場合の基本)

  • (a) モニター装着,静脈確保.
  • (b) propofol( 2 mg/kg )remifentanil( 0.5 μg/kg/min )で入眠.
  • (c) rocuronium( 0.6 mg/kg )で筋弛緩.
  • (d) 100%酸素でBag & Mask
  • (e) 麻酔が深くなったら気管挿管.

目的別の麻酔方法

  • 心臓手術:on-pump CAB, off-pump CAB
  • 肺手術:一側肺換気
  • 産科麻酔:筋弛緩薬以外は胎盤を通過すると考えて良いと思われる。硬膜外麻酔でオピオイドを投与するのは分娩後。
  • 帝王切開術:脊髄くも膜下麻酔 

参考

  • 1. 研修医用のマニュアル - 神戸大学大学院医学系研究科 外科系講座 麻酔科学分野
http://www.med.kobe-u.ac.jp/anes/manual.html
  • 2. 麻酔科レジデントマニュアル 麻酔応用編 筑波大学附属病院麻酔科 2011 年ver.1.4
[display]http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/anesthesiology/tsukuba_new_anesthesiology/pdf/manual3advanced110325.pdf



表面」

  [★]

surfacefacesuperficial
直面表在表在性表層性外面的表面上向かう




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡