行為障害

出典: meddic

conduct disorder
行動障害反社会性性格障害



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ローマ字読み書き障害によりキーボード入力障害を生じた脳梗塞の1例
  • 鈴木 由希子,稲富 雄一郎,米原 敏郎,平野 照之
  • 臨床神経学 55(1), 8-12, 2015
  • … 難,仮名・漢字・アルファベット1文字の読み書き障害は急速に改善したが,キーボード入力が困難になった.失行や視知覚障害はなく,ローマ字の読み書き障害をみとめた.アルファベットをみて確認しながらであればキーボード入力ができるまで改善したが,タッチタイピングは再獲得できなかった.本例のキーボード入力操作に選択的な行為障害には,ローマ字の読み書き障害がもっとも影響していると考えた. …
  • NAID 130004921289
  • 教えて 作業療法(第1回)生活行為障害って何?
  • アルツハイマー型認知症の生活行為障害の意味づけと介入 (特集 認知症のリハビリテーション : 笑顔が生まれる実践的アプローチ)
  • 小川 敬之
  • Monthly book medical rehabilitation (164), 17-22, 2013-11
  • NAID 40019892127

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み反社会性性格障害
国試過去問102G066」「101G006」「096D005」「106A050」「100A005
リンク元適応障害」「行動障害
関連記事障害」「行為」「

反社会性性格障害」

  [★] 反社会性人格障害


102G066」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 21歳の男性。「就職など、将来のことが心配である」という訴えで来院した。
  • 現病歴:大学卒業を控え、就職活動でいろいろな企業の面接を受けた。しかし面接担当者の前では恐怖感があり声が出なかった。
  • 出生・発達歴:在胎38週、自然分娩で出生した。手先は不器用であったが、言語発達の遅れはなかった。幼小児期は周りの人と視線が合わず、独り遊びが多かった。小学校では、プロ野球選手の背番号や経歴について非常に興味を持ち「プロ野球博士」と言われていた。小学校、中学校、高校では運動が苦手で、いじめられたり、からかわれたりすることが多かった。その後現役で希望の大学の工学部に入学した。友達は少なく恋愛経験もない。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長172cm、体重55kg。体温36.1℃。脈拍76/分、整。血圧120/78mmHg。診察室では不安な様子で下を向き視線を合わせない。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G065]←[国試_102]→[102G067

101G006」

  [★]

  • 12歳の男児。中学校で友達からいじめられると言って登校しなくなったため、母親に連れられて来院した。身体発達と言語発達とに問題なく、学校の成績も常に上位であった。しかし幼少期から、仲間を作ることができず、一人で活動することが多かった。相手と話す時も、目を見て話さず、感情の表出が乏しく、喜びをともにすることがなかった。その場の雰囲気を読んで発言し行動することが苦手で、学友から「自分勝手なやつ」と思われている。興味が限定的で、世界中のモデルカーを集めており、車の特徴をほとんどすべて記憶している。幻覚・妄想などの異常体験はない。
  • この疾患でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G005]←[国試_101]→[101G007

096D005」

  [★]

  • 8歳の男児。コミュニケーションがうまくとれないことを主訴に母親に伴われて来院した。乳幼児期の運動発達は良好であったが、乳児のときからあやされて喜んだりすることがなく、6歳まで言葉がなかった。最近は日常会話はなんとか可能だが、相手の話しかけに対するおうむ返し(反響言語)が目立ち、会話が成立しがたい。そのため、友達がつくれずに孤立している。興味や関心の対象が限られ、それに頑固に執着する傾向があり、決まった遊びをいつまでも繰り返したりする。生活上に変化が生じると不安がって大騒ぎとなる。児童相談所で行った知能検査でIQは59であった。この患児で考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D004]←[国試_096]→[096D006

106A050」

  [★]

  • 9歳の男児。学校で教師や生徒と会話をしないことを指摘され、心配した両親に伴われて来院した。幼稚園の年長のころから、話しかけられてもうなずく程度となり、発語が乏しくなったという。家庭では幼少時から現在まで、家族と普通に会話している。生育歴は言葉の発達が少し遅れた程度で、目立った問題はなかった。成績は中位である。身体診察所見に異常を認めない。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A049]←[国試_106]→[106A051

100A005」

  [★]

  • 10歳の男児。小学校で他の児童とうまく遊べないことを母親が心配して来院した。乳児のころはおとなしく、3歳児健康診査で言葉の遅れは指摘されなかった。幼稚園では一人遊びが多かった。運動は苦手であるが、プロ野球が好きで選手の背番号を全て記憶している。冗談は通じずクラスで笑いものになることがある。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ3※ 100A004]←[国試_100]→[100A006

適応障害」

  [★]

adjustment disorder
不適応 maladjustment, 不適応反応 maladaptation reaction
反応性うつ病、F43
ICD-10
F43.2
カルチャーショック悲嘆反応、小児のホスピタリズム
小児期の分離不安障害(F93.0)


F43.2

  • A. 症状発症前の1ヶ月以内に、心理社会的ストレス因(並はずれた物や破局的な物ではない)を体験したと確認されていること。
  • B. 症状や行動障害の性質は、感情障害(F30-F39)(妄想・幻覚を除く)や、F40-F48の障害(神経小生、ストレス関連性、及び身体表現性障害)、および行為障害(F91-)のどれかにみられるものであるが、個々の障害の診断基準は満たさない。症状はその型も重症度において様々である。
  • C. この症状は、遷延性抑うつ反応を除いて、ストレス因の停止またはその結果の後、6ヶ月以上継続しないもの。しかし、この診断基準はまだ満たされない時点で、予測的に診断する事は構わない。

F43.20

短期抑うつ反応
  • 1ヶ月を越えない、一過性の軽度抑うつ状態

F43.21

遷延性抑うつ反応
  • ストレスの強い状況に長期にわたって曝された反応として出現する軽度抑うつ状態であり、持続期間は2年を越えない。

F43.22

混合性不安抑うつ反応
  • 不安症状と抑うつ症状のいずれもが優勢であるが、混合性不安抑うつ障害(F41.2)や他の混合性不安障害(F41.3)に該当するほどの重度ではない。

F43.23

主として他の情緒の障害をともなうもの
  • 主症状は、通常不安・抑うつ・心配・緊張・怒りなどといったさまざまなタイプの情動からなる。不安と抑うつの症状は混合性不安抑うつ障害や(F41.2)や、他の混合性不安障害(F41.3)の基準を満たすこともありうるが、他のさらに特定したうつ性障害や不安障害と診断されるほどに優勢ではない。夜尿や指しゃぶりなどといった退行した行動を示す小児の反応にも、このカテゴリーが用いられるべきである。

F43.24

主として行為の障害をともなうもの
  • 主たる障害は、たとえば攻撃的または反社会的行動に至る青年期の悲哀反応のような行為を含む。

F43.25

情緒および行為の混合性の障害をともなうもの
  • 情緒面の症状と行為障害の両者が優劣な病像である。

F43.28

他の特定の症状が優勢なもの

ストレス反応と適応障害

  急性ストレス反応 外傷後ストレス障害 適応障害
ストレス強度
個体要因
発現時間 1hr以内 遅発性
(数W~数M)
1M以内
症状 幻覚、抑うつ、不安、激怒、絶望、葛藤、引きこもり 再体験、回避、精神麻痺、過覚醒 抑うつ、不安、行為障害
経過 48hr以内に沈静化 慢性、動揺性の経過
1Y後に50%が回復
1M以内、遅くとも5M以内

症状

PSY.241
  • 抑うつ、不安、心配
  • 順応できない、将来設計ができない、現状のまま続けていくことができない、などの情緒障害
  • 毎日の仕事をこなしていくことにも一定の困難さが出てくる

経過と予後

PSY.241
  • ストレスから1ヶ月以内に発症
  • 6ヶ月以上持続する事はない



行動障害」

  [★]

conduct disorderbehavior disorder、((英))behaviour disorder
行動異常行為障害
-行動異常


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症



行為」

  [★]

actionbehavioractconduct
行う行動作動作用指揮指導措置伝導働く挙動振る舞い条例


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡