血管周囲線維鞘

出典: meddic

グリソン鞘

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

同義語: 血管周囲線維鞘capsula fibrosa perivascularis 本文: 肝臓の表面は腹膜とその下層の密性結合〔組〕織被膜で包まれている.この結合〔組〕織被膜(グリッソン嚢Glisson's capsule) は 膠原線維と弾性線維が豊富で,肝臓表面を保護 ...
悪性孤立性線維性腫瘍 血管周皮腫様の血管、紡錘形・卵円形細胞 CD34, bcl-2 高悪性度未分化多形肉腫 高度多形性、異型巨細胞、花むしろ状配列 ...
⑤病変の数:多発性病変⇒神経線維腫症、脂肪腫、血管腫、Castleman病、悪性リンパ腫、転移性病変 ⑥形態:神経との連続性やダンベル状形態をとるものは神経原性腫瘍を疑う ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元グリソン鞘
関連記事血管」「周囲」「線維鞘」「管周囲

グリソン鞘」

  [★]

Glisson sheath (KH), Glisson's sheath (HIS), Glisson capsule (Z)
グリッソン鞘Glisson鞘血管周囲線維鞘線維鞘管周線維被膜 perivascular fibrous capsule capsula fibrosa perivascularis門脈域 portal area portal tract
ヘーリング管


  • 肝臓の大部分は漿膜(腹膜)で覆われている。漿膜の下は密性結合組織の被膜(グリソン嚢)である。被膜は肝臓の全体に緩く結合しているが、肝門ではここを出入りする血管や肝管などに伴って実質内に入り込み、小葉間結合組織(グリソン鞘)となって実質を多数の小葉に分けている(HIS.357)。



血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



周囲」

  [★]

surroundingcircumferentialambientperiaround, circumference
環境外周外界



線維鞘」

  [★]

肝臓

Glisson capsule (Z)


解剖

fibrous sheath
腱鞘



管周囲」

  [★]

peritubularperiductal



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡