血管収縮薬

出典: meddic

vasoconstrictor
昇圧薬血管収縮剤血管作動薬



  • α1アドレナリン性作用薬
  • バソプレシン受容体作用薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

内服では1日 180mg。 局所血管収縮作用で、鼻粘膜や 結膜の充血抑制作用を有している。 頭重、心悸亢進、胸内苦悶、呼吸困難、悪心、嘔吐、過敏症状。 前立腺、高血圧、心臓病、緑内障、糖尿病などの方は医師に服用している ...
世界大百科事典 第2版 血管収縮薬の用語解説 - 血管壁の筋肉に働きかけて血管を収縮させる薬。臨床的には,主として交感神経興奮薬のうちα受容体興奮作用の強いものを局所的に適用して粘膜や皮下組織の血管を収縮させ,充血の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問097I043」「104E029
リンク元血管収縮剤」「vasoconstrictor」「昇圧薬」「vasopressor agent」「vasoconstrictor agent
関連記事血管」「」「収縮薬」「血管収縮

097I043」

  [★]

  • 72歳の女性。早朝に大量の新鮮血下血を認めたため来院した。顔面蒼白で眼瞼結膜に貧血を認めた。腹部は平坦、軟で、腸雑音は正常であった。脈拍120/分、整。血圧112/70mmHg。緊急大腸内視鏡検査で多数の憩室を認めたが、多量の新鮮血のため出血源は不明であった。Hb7.2g/dlであったため赤血球濃厚液輸血を行った。しかし、血圧が70/30mmHgまで低下したため腹部血管造影を行った。上腸間膜動脈から分岐する右結腸動脈の選択的造影写真動脈相と毛細血管相とを以下に示す。
  • 引き続いて行う最も適切な経動脈的治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097I042]←[国試_097]→[097I044

104E029」

  [★]

  • 心室圧-容積曲線を示す。
  • 投与によってAからBに変化するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E028]←[国試_104]→[104E030

血管収縮剤」

  [★]

vasoconstrictor
血管収縮薬

商品

vasoconstrictor」

  [★]

vasoactive agonistvasoconstrictor agentvasopressor agent

WordNet   license wordnet

「any agent that causes a narrowing of an opening of a blood vessel: cold or stress or nicotine or epinephrine or norepinephrine or angiotensin or vasopressin or certain drugs; maintains or increases blood pressure」
vasoconstrictive, pressor

昇圧薬」

  [★]

pressor, pressor drug, hypertensive drug, hypertensor, vasopressor
血圧上昇薬抗低血圧薬 antihypotensive低血圧症治療薬 antihypotensive drug
血管収縮薬心血管作用薬


vasopressor agent」

  [★]

hypertensorpressorvasoactive agonistvasoconstrictorvasoconstrictor agent

vasoconstrictor agent」

  [★]

  • 血管収縮薬
vasoactive agonistvasoconstrictorvasopressor agent

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


収縮薬」

  [★]

constrictor
収縮剤

血管収縮」

  [★]

vasoconstriction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡