薬理学

出典: meddic

pharmacology
drug entries



定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

  • 経口用鉄剤
  • 硫酸鉄
  • スローフィー(商)
  • フェロ・グラデュメット(商)
  • 注射用鉄剤
  • アンドロゲン療法
  • 抗リンパ球グロブリン製剤
  • G-CSF,GM-CSF

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

抗血栓薬

  • 血小板凝集抑制薬
  • シクロオキシナーゼ阻害薬
  • トロンボキサンA合成阻害薬
  • PGI2, PGE2
  • 血小板cAMP増加させる薬物
  • 抗凝血薬
  • 血栓溶解薬
  • 止血薬

強心薬

抗狭心症薬

抗不整脈薬

降圧薬

交感神経抑制薬

  • β遮断薬
  • αβ遮断薬 
  • α遮断薬
  • 末梢性交感神経抑制薬 

カルシウム拮抗薬

ACE阻害薬

1型アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)

妊婦の降圧薬(妊娠中毒症

降圧利尿薬

作用部位で分類
  • 近位尿細管
  • 太いヘンレループ上行脚
  • 遠位尿細管前半部
  • チアジド系利尿薬:Na+とCl-の共輸送体を阻害
  • 遠位尿細管後半部と集合管
薬剤で分類
  • ループ利尿薬
  • K保持性利尿薬-抗アルドステロン薬
  • K保持性利尿薬-尿細管直接作用薬


抗アレルギー薬

  • 第一世代抗ヒスタミン薬
  • エタノールアミン系
  • エチレンジアミン系
  • プロピルアミン系
  • フェノチアジン系
  • ピペラジン系
  • ピペリジン系
  • 第二世代抗ヒスタミン薬
  • アレルギー性抗ヒスタミン薬
  • ケミカルメディエーター遊離抑制
  • TXA2合成阻害
  • TXA2受容体拮抗薬

NSAIDs

  • 非NSAIDs
  • 酸性
  • NSAIDs
  • 酸性
  • アントラニル酸系
  • アリール酢酸系
  • フェニル酢酸系
  • インドール酢酸系
  • ピラノ酢酸系
  • ナフタレン系
  • プロピオン酸系
  • オキシカム系
  • 塩基性

消化性潰瘍治療薬

  • 攻撃因子抑制剤
  • 選択的ムスカリン性受容体阻害薬
  • 重曹
  • Al製剤
  • Mg製剤
  • Ca製剤
  • 防御因子増強剤

Helicobacter pyroli除菌

止瀉薬

下剤(瀉下薬)

  • 機械性下剤
  • アントラキノン系誘導剤
  • ジフェノール誘導体
  • その他

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

利胆薬

  • 胆汁酸利胆薬
  • 水胆薬

膵炎治療薬

  • 膵プロテアーゼ阻害薬
  • 細胞膜成分生合成促進

鎮吐薬

中枢性鎮吐薬

フェノチアジン誘導体
抗ヒスタミン薬
その他

末梢性鎮吐薬

局所麻酔薬
抗コリン薬
抗セロトニン薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

全身麻酔薬

麻酔前投薬(術前投与薬)

  • 副交感神経遮断薬
  • ベンゾジアゼピン系薬物
  • 胃酸分泌抑制

吸入麻酔薬

  • ガス麻酔薬
  • 揮発性吸入麻酔薬

静脈麻酔薬

  • 解離性静脈麻酔薬

麻薬性鎮痛薬

  • 内因性オピオイド
  • 外因性オピオイド

拮抗性鎮痛薬

ニューロレプト麻酔

  • NLA原法
神経遮断薬:ドロペリドール
鎮痛薬  :フェンタニル
麻酔薬  :笑気
  • NLA変法
鎮静薬   :ジアゼパム
拮抗性鎮痛剤:ペンタゾシン
麻酔薬   :笑気

局所麻酔薬

  • エステル型
  • アミド型

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

神経ペプチド

抗てんかん薬

  • イミノスチルベン系 iminostilbene
  • ベンズイソキサゾール系 benzisoxazole
  • GABA分解酵素阻害薬, GABAトランスアミナーゼ阻害薬 GABA transaminase inhibitor

向精神薬

  統合失調症 躁病    うつ病   神経症   心身症  
抗精神病薬      
抗躁薬      
抗うつ薬    
抗不安薬

抗精神病薬

非定型抗精神病薬

  • SDA:Serotonin Dopamine Antipsychotics
  • MTA:Multiacting Receptor Targeted Antipsychotics

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

中枢神経興奮薬

  • 覚醒アミン
  • 呼吸興奮薬/呼吸促進薬

抗うつ薬

  • 三環系
  • 四環系
ミルナシプラン milnacipran

抗躁薬

抗不安薬(マイナートランキライザー)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

睡眠薬

  • ベンゾジアゼピン系
就眠薬
熟眠薬

パーキンソン病治療薬

  • ドパミン前駆体
  • ドパミン受容体作動薬
  • ドパミン放出促進
  • 中枢性抗コリン作用
  • ノルアドレナリン前駆体

オピオイドペプチド opioid peptide

  • β-エンドルフィン β-endorphin (ヒト)
Tyr-Gly-Gly-Phe-Met-Thr-Ser-Glu-Lys-Ser-Gln-Thr-Pro-Leu-Val-Thr-Leu-Phe-Lys-Asn-Ala-Ile-Ile-Lys-Asn-Ala-Tyr-Lys-Lys-Gly-Glu
  • プレプロエンケファリンA由来 prepro-enkephalin A
Tyr-Gly-Gly-Phe-Met
Tyr-Gly-Giy-Phe-Leu
  • アドレノルフィン adrenorphin
Tyr-Gly-Gly-Phe-Met-Arg-Arg-Val-NH2
  • プレプロエンケファリンB (プロプロダイノルフィン由来)
Tyr-Gl y- Gly-Phe-Leu -Arg-Arg-Ile-Arg-Pro-Lys-Leu-Lys-Trp-Asp-Asn-Gln
  • ダイノルフィンB dynorphin B
Tyr-Gly-Gly-Phe-Leu-Arg-Arg-Gln-Phe-Lys-Val-Val-Thr
Tyr-Glv- Gly-Phe-Leu-Arg-Lys-Tyr-Pro-Lys
  • 関連ペプチド

オピオイド鎮痛薬

麻酔性拮抗性鎮痛薬

*オピオイド受容体拮抗薬(麻薬拮抗薬 narcotic antagonist)

脳循環・代謝改善治療薬

抗認知症薬

  • アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
  • NMDA受容体拮抗薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

ステロイドホルモン

副腎皮質ホルモン製剤

  • 短時間型:8-12時間
  • 中時間:18-36時間
  • 長時間:36-54時間

抗悪性腫瘍薬 antineoplastic drug

antineoplastic drug, antitumor agent, antitumor drug
抗腫瘍薬 antineoplastics、抗癌薬 anticancer drug AZT
制癌薬

  • アルキル化薬
  • クロルエチルアミン系
  • ニトロソウレア系
  • 代謝拮抗薬
  • 葉酸代謝拮抗
  • ピリミジン代謝拮抗
  • プリン代謝拮抗
  • 植物由来物質
  • 抗生物質
  • 性ホルモン及び性ホルモン拮抗薬
  • 白金錯体化合物
  • その他
  • モノクローナル抗体
  • 合剤
  • TS-1合剤

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.


細胞周期依存性

first aid step1 2006 p.307,308

細胞周期依存的

細胞周期非依存的


免疫抑制薬

抗菌薬

細胞壁合成阻害

  • ホスホマイシン系抗菌薬
  • グリコペプチド系抗菌薬

細胞膜機能阻害

  • ポリペプタイド系抗菌薬

蛋白合成阻害

  • オールドキノロン
  • クロラムフェニコール系抗菌薬
  • オキサゾリジノン系抗菌薬
  • サルファ剤。葉酸合成拮抗薬。

抗結核薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

抗真菌薬 antifungal drug

  • キャンディン系抗真菌薬 candin系
  • ピリミジン系抗真菌薬 pyrimidine系


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

抗ウイルス薬 antiviral drug

  • インフルエンザ治療薬
  • 抗ヘルペス薬
  • B型肝炎ウイルス
  • 核酸系逆転写酵素阻害薬
  • 非核酸系逆転写酵素阻害薬
  • プロテアーゼ阻害薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

中毒治療薬

解毒薬・拮抗薬

青酸化合物 亜硝酸アミル チオ硫酸ソーダ(チオ硫酸ナトリウム・5水和物)
有機リン PAM アトロピン
アセトアミノフェン N-アセチルシステイン
麻薬 ナロキソン
ベンゾジアゼピン フルマゼニル
クマリン系殺虫剤 ビタミンK
メタノール エタノール
エチレングリコール エタノール
一酸化炭素 100%酸素、高圧酸素
アニリン、亜硝酸塩など
(メトヘモグロビン)
メチレンブルー
フッ化水素 グルコン酸カルシウム

キレート剤

ヒ素(As), 水銀(Hg), 鉛(Pb), 銅(Cu), ビスマス(Bi), クロム(Cr), アンチモン(Sb) BAL
二価陽イオン CaNa・2EDTA
銅(Cu), 水銀(Hg), 鉛(Pb) D-ペニシラミン
鉄(Fe) メシル酸デフェロキサミン

高脂血症治療薬

  • ビフェニル化合物
  • EPA製剤
  • コレステロールトランスポーター阻害薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

糖尿病治療薬

  • ヒトインスリン製剤
  • 超速効型インスリン:Lys(B28)Pro(B29)インスリン
  • 水溶性保持型インスリン
-作用弱
-作用中
-作用強
-新薬
-分類不明
  • スルホンアミド系薬






  • 速効・短時間型血糖降下薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/16 11:30:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • キーワード解説 ペリサイトと血液脳関門調節機構
  • 新薬紹介総説 JAK阻害薬ルキソリチニブ(ジャカビ錠)の薬理学的特長および臨床成績
  • 創薬シリーズ(7)オープンイノベーション(23)"東北発"先端医療の創生を目指して : 東北大学病院臨床研究推進センターの取り組み
  • 実験技術 小動物用7T-MRI装置を用いた脳機能イメージング技術の開発

関連リンク

2月1日から存命人物の伝記項目を対象とした第2回出典をつけよう大会を開催します。 ふるってご参加ください。 薬理学. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. 薬理学は様々な学問分野とリンクしている。 薬理学(やくりがく、英: ...
図表や化学物質立体分子構造のアニメーション表示も用いた教育用テキスト。
概要、学術集会等の開催案内、論文紹介、用語集。
薬理学 薬剤学・臨床薬学のオンラインショッピング。本; 医学・薬学・看護学・歯科学等の 幅広い品揃えをいつでもお安く.

関連画像

NEW薬理学 (Nankodo’s essential 書籍カテゴリー:薬理学歯科薬理学」,「臨床薬 教育 書籍カテゴリー:薬理学薬理学研究室 Pharmacology ! 精神薬理学 Q&A: 仙波純一: 本薬理学薬理学研究室ニュース


★リンクテーブル★
リンク元抗てんかん薬」「このホームページの使い方」「抗菌薬」「吸入麻酔薬」「ビグアナイド系薬物
拡張検索薬理学的疼痛機序判別試験
関連記事薬理

抗てんかん薬」

  [★]

antiepileptic drug, antiepileptic antiepileptics
てんかん薬理学

抗てんかん薬

薬物 大発作 小発作 皮質焦点発作 精神運動発作 ミクローヌス発作 異型小発作 てんかん重積 二次的全般発作 副作用 作用機序
バルビツール酸 フェノバルビタール             眠気、呼吸抑制、ポルフィリン尿症 GABAA受容体に作用
プリミドン × ×        
ヒダントイン フェニトイン ×           小脳症状(萎縮)、肝障害、骨髄抑制、
心室細動、歯肉増殖フェニトイン中毒
不活性化状態のNaチャネルに結合
エトトイン            
オキサゾリジン トリメタジオン   *1             催奇形性(最強) シナプス前・後部に作用し伝達物質放出と
伝達物質への感受性に影響
サクシニミド エトスクシミド                 Cl-チャネルを開口させることによって、
GABA神経機能を亢進
フェニル尿素 アセチルフェネトライド       *2            
イミノスチルベン カルバマゼピン             小脳症状、発疹、骨髄抑制、肝障害 Naチャネルをブロックする
ベンズイソキサゾール ゾニサミド         体重減少、眠気、腎尿管結石 T型のCa2+電流を抑制、
電位依存性のNa+チャネルの不活性化の状態を延長
炭酸脱水素酵素阻害薬 アセタゾラミド             炭酸脱水素酵素阻害
ベンゾジアゼピン ジアゼパム           *3   呼吸抑制、眠気 GABAA受容体に作用
クロナゼパム             眠気、めまい、小脳症状
GABA分解酵素阻害薬 バルプロ酸 *4 悪心・嘔吐、肝障害、
高アンモニア症、毛髪の変化、催奇形性
GABA分解酵素阻害
*1 第一選択薬ではない
*2 他薬が無効な精神運動発作のみに使用
*3 てんかん重積の第一選択薬
*4 第一選択薬

新規の抗てんかん薬

抗てんかん薬の選択

  • 部分発作:カルバマゼピン、バルプロ酸
  • 全般発作:バルプロ酸フェニトイン
  • ミオクローヌス発作:クロナゼパム



このホームページの使い方」

  [★]


来て、見て、使う

It comes, it sees, and it uses it.

來,看,使用

良くある質問

  • Q1. 検索した言葉と違う結果が表示されるのはなぜですか?
Q1. The different results show that the search term and why?
  • A1. 「未知の問題を既知の事実から類推して問題解決する」というコンセプトだからです。
A1. "Solve problems by analogy with the known facts of an unknown problem" because it is the concept.
  • 世の中には分からないことがたくさんありますが、それは既知の事実の組み合わせで解決することができると考えます。
There are many things in this world know, believe it can be solved by a combination of known facts.
So, "It is thought that it can be solved by combining the known truth though there are a lot of things that do not understand in the world. " also search for the word translated as know, to be able to provide information that will help solve problems .
  • 人の頭の中でも分からない言葉が出てきたら、このように類推しますよね。
If you come across the words in your head even know who, right this way can guess.
  • 実際的には、次のような場面を想定しています。例えばこのような医学用語「abdominal gas eliminator」が分からなかったとします。
In fact, we assume the following situation. Such a medical term such as " Abdominal Gas Eliminator "and know that.
  • 検索するとデータベースにはないのでドンピシャリの結果は表示されませんが「abdominal(=腹部の)」「GAS」「gas(ガス、気体)」「g」「eliminator(駆除薬、駆除剤)」が表示されます。
Don smack in the database because it is not the result of a search will not be displayed "abdominal (= abdomen)" "GAS" "gas (gas, gas)" "g" "eliminator (drug removal, pesticides)," The appears.
  • それで、たぶん腸管ガスを排出する促進薬なのであろうと推測できるわけです。
So you can only guess would be a likely stimulant to bowel gas emissions.

概要


翻訳

  • googleのサービスを利用し、コンテンツを海外に発信します。

また、外国語での医学用語が分かるかも知れません。

検索

  • 記事名でサイト内検索を行います。

関連情報の検索

リンク

  • 医学用語に関係のある外部リンクを表示します。(記事とマッチしないことがあります。)

画像

  • 医学用語に関係のある画像します(記事とマッチしないことがあります。)
  • サーバの混雑の程度により表示の遅延が発生します。その場合には10-30分以上開けて押下してください。

★リンクテーブル★

左メニュー

  • 常に表示されます

★リンクテーブル★とは

What is link table
  • 「未知の問題を既知の事実から類推して問題解決する」というコンセプトの元に開発しています。与えられたキーワードに対して問題解決のヒントとなるような情報を表示しています。画面のみやすさ(レイアウト)も考慮していますので、以下全ての情報が表示されるわけではありません。
This pages develops in the origin of the concept "Solve the problem analogizing an unknown problem from the known truth". It is information that displays information that becomes the hint of the problem solving for the given key word looking for. It is not because all the following information is displayed considering the layout of the screen.
  • 関連記事
Related article
  • 多くの場合英単語の活用形を表示します。cookであれば、cooks, cooking, cookedなどです。
In many cases, the inflection of the English word is displayed. In case of cook, This page displays cooks, cooking, and cooked, etc.
  • 拡張検索
Enhancing retrieval
  • 検索語が含まれる用語を表示します。
The term where the retrieval word is included is displayed.
  • リンク元
Link origin
  • リンクされている用語を表示します
Terms that have linked are displayed.
  • 国試過去問
Past examination paper
  • 医師国試過去問からリンクされている用語を表示します。あるい疾患の典型例を知る上で役に立ちます。また、どういう選択肢で使われる傾向にあるかを知ることができます。
Terms that have been linked 'past examination paper' are displayed. Or, it is useful knowing the classic example of the disease. Moreover, it can know whether to tend to be used by what choices.
  • 先読み
Lookahead
  • 記事中に含まれるリンク先の記事を先読みします。多くは、「英訳」、「日訳」、「同義語」のページです。
The article on linked Websites included in the article is read ahead. Many are pages of "English translation", "Day translation", and "Synonym".

目的別

医学用語の意味を探す

  • 意味については、めでぃっくmeddic.jp内に掲載ページが少ないと思います。
  • Google、Wikipedia 日本語/英語のリンクをたどると良いでしょう。

英語の場合

  • 栄二郎(正式名称忘れた)、ライスサイエンス辞書、英英辞典を使うのが吉です。リンクにも掲載しました。

分野別で探す

  • 医学・医療:トップページから医学分野別、診療科別に分類されています。
  • 薬学:薬理学のページで薬品が分類されています。

キーワード検索機能で探す

  • 画面の右上に「検索ボックス」がありますので、そこに、キーワードを入力して「表示」か「検索」ボタンを押します。
  • 「検索ボックス」にはサジェスト機能というものががあって、例えば、「あ」という言葉一文字を入れるだけで、関連した単語が表示されます。

編集者別で探す

現在対応していません。

サイトマップで探す

現在、鋭意作成中です。


抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

吸入麻酔薬」

  [★]

inhalation alanesthetic agent, inhaled anesthetic
ガス吸入麻酔薬ガス麻酔薬
薬理学全身麻酔薬


吸入麻酔薬の身体影響

YN.M7 SAN.40
  • 中枢神経系:意識消失、酸素消費量減少、脳血管拡張、頭蓋内圧上昇、(亜酸化窒素のみ)鎮痛作用
  • 呼吸器系:用量依存的にコキュを抑制、一回換気量減少、呼吸回数増加、気管拡張作用、線毛運動抑制、気道分泌抑制、低酸素性肺血管収縮抑制
  • 循環器系:用量依存的に血圧低下(血管拡張or心筋抑制)、内臓血流減少、脳・筋肉・皮膚血流増加
  • 筋肉:(揮発性吸入麻酔薬のみ)

吸入麻酔薬

SAN.39
化合物名 分子式 小さいほど強力 小さいほど効きが早い 特徴 麻酔に必要な条件      
MAC 血液ガス分配係数 意識消失 鎮痛 筋弛緩 反射抑制
笑気 N2O 101 0.47
  • 支燃性
  • 体内閉鎖腔膨張
△ 低MAC ×
イソフルラン F3C-CH(Cl)-O-CHF 1.15 1.48
  • 生体内分解0.2%
×
セボフルラン FH2C-O-CH(CF3)2 1.71 0.63
  • 小児麻酔によい
  • 生体内分解3%
×
ハロタン F3C-CHClBr 0.76 2.3
  • 肝障害(3万例に1例)
  • アドレナリン感受性↑(不整脈リスク)
  • 生体内分解20%
×

麻酔薬と脳に及ぼす影響

参考4
  脳血流 脳代謝量 頭蓋内圧 CO2反応性 自己調節能
静脈麻酔薬 プロポフォール ↓↓
バルビツレート
フェンタニル →↓ →↓ →↓
レミフェンタニル →↓ →↓ →↓
ケタミン →↑ →↑ →↑
吸入麻酔薬 セボフルラン →↑ →↑ →↓
イソフルラン →↑ →↑
ハロタン ↑↑
亜酸化窒素 →↑ →↑ →↑ →↓

参考

  • 1.
[display]http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/6786/Inhaled.html
  • 2.
[display]http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/ouu/Inhalation.html
  • 3. 講義資料?
[display]http://www.shinshu-masui.jp/information/2011/06/22/%E5%90%B8%E5%85%A5%E9%BA%BB%E9%85%94%E8%96%AC%E3%81%AE%E8%96%AC%E7%90%86.pdf
  • 4.
[display]http://www.shinshu-masui.jp/information/2010/05/26/%E5%90%B8%E5%85%A5%E9%BA%BB%E9%85%94%E8%96%AC.pdf


ビグアナイド系薬物」

  [★]

biguanide,(総称)biguanides, hypoglycemic of biguanide derivative
糖尿病治療薬薬理学

ビグアナイド系薬

比較

糖尿病ガイドライン
一般名 商品名 血中半減期
(hr)
作用時間
(hr)
1錠中の
含有量
(mg)
1日の
使用量
(mg)
メトホルミン グリコラン 1.5~4.7 6~14 250 500~750
メデット
メトグルコ 2.9 6~14 250500 500~1500
ブホルミン ジベトス 1.5~2.5 6~14 50 50~150
ジベトンS

特徴

  • 2つのグアニジン基を有し、経口糖尿病治療薬として使用されているグアニジン誘導体の総称。
  • 安価、エビデンスの蓄積が豊富
  • 膵インスリン分泌促進作用は有しないので、低血糖になりづらい。
  • 肝の糖新生抑制作用 → 空腹時血糖を下げるのに有利
  • 肥満症+2型糖尿病に有利に働く
単独でも使われる

作用機序

GOO.1638
  • 細胞のAMP kinase(AMPで活性化されるキナーゼ)の活性化→肝臓における糖新生の抑制???

薬理作用

  • 肝臓糖新生抑制作用

DMR.110

  • 肝臓:糖新生の抑制
  • 骨格筋:ブドウ糖取り込み増強
  • 消化管:ブドウ糖吸収抑制?
  • 末梢血:遊離脂肪酸の低下?

ビグアナイド系薬の膵外作用 (授業プリント)

  • 1. 好気的代謝の抑制、嫌気性代謝の促進
  • 2. 腸管からの糖吸収抑制
  • 3. 肝糖新生抑制
  • 4. インスリン作用の増強
  • 5. 脂肪酸酸化抑制
  • 6. 食欲抑制

適応

  • 2型糖尿病

注意

  • 乳酸アシドーシス 9.6-16.2/10万人
  • 肥満を助長しないので、肥満を伴うII型DMで適用
  • 肝臓・腎臓障害者×
  • 服用中の患者でも下痢、嘔吐、脱水時には中止
  • 投与初期に下痢、吐き気、腹痛など30%くらい有り
  • 休薬で収まることが多いが、乳酸アシドーシスの初期で起こることがある

禁忌

GOO. 1638
  • 腎障害、肝臓病 ← 血液濃度の上昇により副作用の発現頻度が高まる可能性がある(DMR.110)
  • 乳酸アシドーシスの既往(どんな理由であっても)、
  • 薬物治療を要する心不全、chronic hypoxic lung disease ← 低酸素血症が乳酸アシドーシスの発症を助長(DMR.110)
vol.3 No.11 2010/11 レジデント
  • 腎機能障害(血清Cr 1.4mg/dl以上もしくはCcr70ml/分以下)
  • 血薬物治療を要するうっ血性心不全
  • 肝機能障害(ALT, ASTが正常範囲上限の3倍以上)
  • 80歳以上の高齢者(Ccr 70ml/分以上であればok)
  • 1型糖尿病
  • アルコール依存者、アルコール多飲

一時使用中止

vol.3 No.11 2010/11 レジデント
  • 手術
  • ヨード造影剤の使用(48時間前より注意)
  • 重篤な疾患の合併

副作用

いったん発症すると死亡率50%
年間1000例中0.1例 (GOO. 1638)
  • 下痢、食欲不振:少量から投与することで回避可能(DMR.110)


薬理学的疼痛機序判別試験」

  [★] ドラッグチャレンジテスト

薬理」

  [★]

pharmacology
薬品作用学薬理学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡