自然気胸

出典: meddic

spontaneous pneumothorax
気胸緊張性気胸

自然気胸

概念

  • 胸腔内に空気が貯留・肺が虚脱した状態(気胸)で、外傷性および医原性気胸を除いたもの。

分類

原因

  • 原発性気胸:基礎疾患なし(肺尖部のブレブブラの破裂)
  • 続発性気胸:基礎疾患有り(COPD、喘息、肺癌、肺結核、肺線維症、肺炎、肺化膿症、肺膿瘍、サルコイドーシス、AIDS、肺吸虫症、子宮内膜症など)

重症度

  • 肺虚脱の重症度分類(IMD.757)

定量的

  • Kircherの虚脱率計算式(IMD.757)

病因 YN.I-138

  • 原発性気胸:
  • ブラ、ブレブの破綻による気胸
  • マリファナの吸引はbullous lung diseaseの関係している。タバコは気胸の再発リスクを上げる。(CASES.188)
  • 続発性気胸:COPD、喘息、肺癌、肺結核、肺線維症、肺炎、肺化膿症、肺膿瘍、サルコイドーシス、AIDS、宮崎肺吸虫症、子宮内膜症
  • 胸膜の索状癒着の起始部の破綻
  • 炎症・腫瘍などによる肺胸膜の断裂
  • 月経随伴性気胸
  • 子宮内膜症に伴う。臓側胸膜や横隔面に子宮内膜症の病変を認める。月経時に血性胸水を呈する。右側に多い

疫学

  • 20歳代と50-60歳代にピーク
  • 20歳代:ブラ、ブレブの破裂。若年男性、細長型、扁平胸郭に多い。基礎疾患無し。
  • 50-60歳代:基礎疾患あり(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、肺癌など)

身体所見

  • 打診:患側で鼓音
  • 聴診:患側の呼吸音・声音振盪減弱。左側が患側の場合、心音減弱
  • 肺が高度に虚脱した場合:頻脈、呼吸数増加、チアノーゼなど

症状

  • 突然の胸痛(背部、肩に放散)、乾性咳嗽(発作的な咳)、呼吸困難。時に胸水 (YN.I-138)


検査

  • 胸部単純X線写真:呼気位が有用。胸郭の容量が減少するため、空気の占めるスペースが相対的に大きくなり気胸を見いだしやすくなる。
  • 適応:気胸を疑う例。重症度、基礎疾患。穿刺脱気例の前後。穿刺脱気時は、4-6時間後胸部X線写真を再検。チューブドレナージ例では、ドレーンからの空気の流出をみながら、治療効果判定のため頻回に撮影。
  • 所見:虚脱した肺、縦隔の健側変位、患側の横隔膜下降
  • 進行した慢性肺気腫に続発した気胸では、胸部X線写真で気胸腔を指摘するのが困難
  • CT:外科手術が適応になる場合には撮る
  • 小さなブラ、ブレブの診断や、肺疾患合併症の評価に非常に有効
  • 血液ガス検査:肺気腫が重度の症例ではPaO2低下

診断

  • 臨床症状と身体所見、ならびに胸部X線・CT検査などで気胸腔を確認

鑑別診断

  • 胸痛を呈する疾患
  • 心筋梗塞、狭心症、心膜炎、肺梗塞、解離性大動脈瘤、胸膜炎

合併症

治療

  • 軽度例:保存的療法(安静のみで虚脱肺の再膨張)
  • 中等度以上:保存的療法(脱気)
  • 脱気(胸腔ドレナージ):胸腔穿刺、低圧持続吸引、水封式脱気など
  • 過大な陰圧をかけて吸引すると再膨張性肺水腫を見ることがある
  • 第2肋間から16Frのカニュラをつかって前から吸引する(100CASES.73)


  • 胸膜癒着術:テトラサイクリン、OK432、ヒトフィブリノゲンを胸腔内に注入
  • 2回気胸が生じたとき、あるいはプロの運転手やパイロットのかたにはpleurodesisが勧められる。(100CASES.73)


  • 手術療法:根治的治療であり、胸腔鏡を介して行う
  • 次の場合、手術療法を考慮
  • 1. 大量の気漏、気漏の持続
  • 2. 多量の血胸
  • 3. 両側気胸
  • 4. 再発性気胸
  • 5. 初発例でも明らかな嚢胞を認めるもの

予後

  • 保存的治療での再発率は高い(20-40%)。
  • 1回の気胸の既往がある場合には20%再発、2回の既往がある場合には50%再発。(100CASES.73)

国試

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/18 15:17:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • JOS-0901.自然気胸に対する単孔式胸腔鏡下手術(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会)
  • 小岩井 和樹,佐竹 亮介,谷水 長丸,檜 顕成,西川 誠,竹下 卓志,守屋 智之,柿原 稔,初瀬 一夫,山本 順司,長谷 和生
  • 日本小児外科学会雑誌 47(1), 179, 2011-02-20
  • NAID 110008506652
  • ソラシックエッグ^【○!R】による自然気胸の外来治療の検討
  • 椎野 王久,坂本 和裕,山仲 一輝,正津 晶子
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 7-12, 2011-01-15
  • … 景】現在も多くの施設で中等度以上の自然気胸の胸腔ドレナージが入院管理下で行われているが患者の多くは若年者で通院治療をしばしば希望する.今回自然気胸の入院治療期間短縮を目的に簡易気胸ドレナージキット,ソラシックエッグ®(住友ベークライト社製,以下TE)による外来治療を検討した.【対象】中等度以上の自然気胸患者で緊張性気胸等適応外基準を設け20 …
  • NAID 10027421566
  • Marfan症候群合併自然気胸手術症例の検討
  • 境 雄大,木村 大輔,畑中 亮 [他]
  • 呼吸と循環 59(8), 829-831, 2011-08
  • NAID 40018929609
  • 臨床経験 成人Bochdalek孔ヘルニアに合併した自然気胸
  • 稲葉 浩久,下島 礼子,宮部 理香 [他]
  • 胸部外科 64(9), 836-839, 2011-08
  • NAID 40018928828

関連リンク

多くは自然気胸(原発性自然気胸 Primary spontaneous pneumothorax および続発 性自然気胸 Secondary spontaneous pneumothorax)で、肺胞の一部が嚢胞化した もの(ブラ Bulla)や胸膜直下に出来た嚢胞(ブレブ Bleb)が破れ、吸気が胸腔に洩れる ...
... これを自然気胸と呼びます。医学用語では理由がよく分からないことを特発性(とくは つせい)というので、この気胸のことは特発性自然気胸という長い呼び方をします。 自然 気胸では肺に穴が開いて、一時的に空気が漏れますが、多くはすぐに閉じてしまいます 。

関連画像

自然気胸気胸 は この よう に して 佐藤健気胸が疑われたら、安静にして http://contents.innolife.net/mobile/img 自然気胸―最近の治療法図1 右自然気胸 右肺が 自然気胸


★リンクテーブル★
国試過去問096F050」「100D043」「101A017」「098B011」「095B028」「095E038」「097E030」「096E017」「098E020」「081B075
リンク元100Cases」「緊張性気胸」「月経随伴性気胸
拡張検索特発性自然気胸
関連記事気胸」「自然」「

096F050」

  [★]

  • 次の文を読み、49、50の問いに答えよ。
  • 58歳の女性。腰背部の激痛を訴え、家族に付き添われ来院した。
  • 現病歴 : 慢性関節リウマチで15年間治療中であり、5年前に右膝人工関節置換術を受け、現在は少量の副腎皮質ステロイド薬と非ステロイド性抗炎症薬とを中心に服用中である。特に誘因なく4日前から増悪する腰背部痛を自覚した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長154cm、体重46kg。円背があり、胸背移行部に強い自発痛と叩打痛とがあり、坐位保持は30分間が限度である。神経学的には明らかな脊髄症状はみられない。手指変形と多発性関節痛とがある。屋内は伝い歩きが可能であるが、屋外歩行は困難である。
  • 検査所見 : 胸腰椎エックス線単純撮影で第7、8、9及び12胸椎に圧迫骨折が認められる。
  • 経過 : 以上の所見から入院となった。体幹装具を作製し、歩行訓練を始め、杖歩行が可能となった。4週経過し退院準備中である。なお本人の自宅居室は1階にある。退院前検査所見:血液所見:赤血球370万、Hb 10.5g/dl、白血球6,000。血清生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン3.5g/dl。CRP2.3mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):PaO2 80Torr、PaCO2 40 Torr。胸部エックス線写真で軽度の間質性肺炎の所見がみられる。
  • この患者で今後注意すべき疾患はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F049]←[国試_096]→[096G001

100D043」

  [★]

  • 78歳の女性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 2年前から労作時の息切れを自覚していた。昨晩、就寝2時間後息苦しくなり、ふとんの上で座ると少し楽になるものの、息苦しさが持続している。
  • 既往歴 : 56歳から高血圧症で加療中である。
  • 現症 : 意識は清明。身長154cm、体重60kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍108/分、整。血圧184/110mmHg。貧血と黄疸とを認めない。頸静脈怒張を認めない。心音は奔馬調律。両側下部野にcoarse cracklesを聴取する。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.024、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球360万、Hb12.2g/dl、Ht35%、白血球8,900、血小板19万。血清生化学所見:尿素窒素24mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST28単位、ALT30単位、LDH317単位(基準176~353)、CK108単位(基準10~40)、Na139mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D042]←[国試_100]→[100D044

101A017」

  [★]

  • 25歳の男性。バレーボールを行っているうち、急に左胸痛と呼吸困難とが出現して来院した。既往に特記することはない。意識は清明。身長174cm、体重57kg。体温36.8℃。呼吸数32/分。脈拍108/分、整。血圧112/64mmHg。皮膚はやや湿潤。心濁音界はやや右方に偏移しているが心雑音はない。左肺野は打診上鼓音を呈し、呼吸音を聴取できない。腹部と下肢とに異常を認めない。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.47、PaO2 78Torr、PaCO2 33Torr、HCO3- 23.2mEq/l。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 必要な処置はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A016]←[国試_101]→[101A018

098B011」

  [★]

  • 60歳の女性。子宮頸癌のため入院し、広汎子宮全摘術を受けた。術後3日目に初めて歩行を開始したところ、突然呼吸困難を訴え、間もなく意識を消失しチアノーゼが出現した。すぐに酸素吸入を開始した。身長154cm、体重65kg。呼吸数38/分。脈拍140/分、整。血圧60/40mmHg。胸部聴診で心雑音はなく、呼吸音は正常である。動脈血ガス分析(自発呼吸、マスクO2 3l/分):PaO2 70Torr、PaC02 28Torr。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B010]←[国試_098]→[098B012

095B028」

  [★]

  • 突然の激しい胸背部痛を訴えて入院してきた成人女性の胸部造影CTを以下に示す。最も考えられる疾患はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095B027]←[国試_095]→[095B029

095E038」

  [★]

  • 糖尿病が危険因子となるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095E037]←[国試_095]→[095E039

097E030」

  [★]

  • 主症状が胸痛でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097E029]←[国試_097]→[097E031

096E017」

  [★]

  • 嗄声の原因となり得るのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096E016]←[国試_096]→[096E018

098E020」

  [★]

  • 肺肝境界が消失するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E019]←[国試_098]→[098E021

081B075」

  [★]

  • 吸気時のみでなく呼気時の胸部X線撮影を行った方がよいのはどれ
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

100Cases」

  [★]


緊張性気胸」

  [★]

tension pneumothorax
弁状気胸 valvular pneumothorax
自然気胸気胸




症例

  • 22歳男性。バイクによる自損事故で胸部を強打した。胸痛と呼吸困難を訴えたため救急車で搬送された。意識清明。脈拍120/分、血圧74/40mmHg、頚静脈怒張有り、左胸部の呼吸音消失。心濁音は右に移動している。

国試


月経随伴性気胸」

  [★]

catamenial pneumothorax
自然気胸子宮内膜症


  • 月経に随伴して反復発症する気胸
  • 30代の女性に多い
  • 右側に好発(95%)


特発性自然気胸」

  [★]

idiopathic spontaneous pneumothorax
自然気胸


気胸」

  [★]

pneumothorax (M)
  • 空気が気胸に入ることで生じる

分類

病態

  • 開放性気胸:胸壁が外界と交通している状態
  • 閉鎖性気胸:肺が破れている状態
  • 緊張性気胸:胸壁・肺・気管支の損傷部位が弁状となり、吸気時に胸腔に入ってしまった空気が流出されない。

原因

続発性

  • 二次性気胸:COPD
  • 月経随伴気胸
  • リンパ脈管過誤腫症 LAM

病態

  • 換気障害:緊張性気胸でない状態では、換気が抑制された状態となる(SAN.200)。従って、paCO2は上昇、pO2は不変であることが多いと考えられる。

身体所見

聴診

  • 呼吸音が減弱
  • 心嚢が圧迫されていたら心拍出音源弱

打診

  • 胸部

検査

単純胸部X線

  • 胸腔内の空気部(free air)に肺血管影が存在しない
  • free airと縮んだ肺の境界部に明瞭な臓側胸膜の線状影が認められる
  • deep sulcus sign:肋骨や横隔膜が透亮像として、深く拡大して見える。呼気位で撮影するとよく分かる。




自然」

  [★]

原住民自然発症自然発症的自発性自発的性質当然ネイチャー本質未変性もっとも天然ネイティブ


胸」

  [★]

chestbreastthoracicpectoral
胸郭胸筋胸腔胸髄胸椎胸部乳房




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡