自己免疫性甲状腺疾患

出典: meddic



和文文献

  • 症例報告 橋本病からBasedow病を発症し治療に難渋した1例
  • 小松原 孝夫,小澤 淳一,長崎 啓祐
  • 日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society 118(12), 1732-1737, 2014-12
  • NAID 40020306730
  • 症例報告 発症時に複数の膵島関連自己抗体の同時出現を認めた急性発症1型糖尿病の1例
  • 安井 順一,川﨑 英二,原口 愛 [他]
  • 糖尿病 57(2), 108-112, 2014-02
  • NAID 40020001342
  • P3-002  バセドウ病と橋本病の感受性にそれぞれ異なる関連を示すTSHR遺伝子の機能的多型
  • 渡邉 幹夫,井上 直哉,勝又 由佳,日高 洋,岩谷 良則
  • 日本臨床免疫学会会誌 37(4), 341b-341b, 2014
  • … 背景】TSH受容体をコードするTSHR遺伝子のrs179247多型(A/G)は,AA genotypeのときに可溶性Aサブユニット生成の増強を通して刺激型TSH受容体抗体の出現に関与していることが報告されている.本研究では自己免疫性甲状腺疾患であるバセドウ病と橋本病について,この多型と疾患感受性や病態との関連を調べた.【対象】バセドウ病患者112例(難治群50例,寛解群33例を含む),橋本病患者98例(重症群44例,軽症群33例を含 …
  • NAID 130004694250

関連リンク

1.自己免疫性甲状腺疾患:1)バセドウ病 バセドウ病(Graves’ disease)は若い女性に発症しやすく発症には年齢依存性と性特異性がある病気と思われています。半分は当っています。甲状腺機能が亢進し(hyperthyroidism)、甲状腺から ...
2.自己免疫性甲状腺疾患:2)橋本病 自己免疫性甲状腺疾患(autoimmune thyroid disease(ATD))は自己免疫疾患(autoimmune disease)の成り立ちを研究する上で大いに役に立つ疾患です。バセドウ病はその一つですが、もう一つ有名 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事甲状腺」「免疫」「疾患」「甲状腺疾患」「自己免疫

甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



甲状腺疾患」

  [★]

thyroid disease
甲状腺


自己免疫」

  [★]

autoimmunity
免疫





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡