膀胱留置カテーテル

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膀胱留置カテーテル挿入 (ケアに活かす〈腎・泌尿器&生殖器系〉検査・処置マニュアル) -- (泌尿器科的処置と看護)
  • 排泄ケア(おむつ交換,膀胱留置カテーテル) (特集 感染はこうして防ぐ! 看護ケア別感染対策のポイント)

関連リンク

ぼうこうりゅうちかてーてる。 膀胱から直接導尿させるために、尿道から膀胱に挿入し、長期間留置するカテーテルのこと。一回の排尿でしか使用されない尿道カテーテルとは違い、挿入したカテーテル先端のバルーンを
公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-1 全共連ビル麹町館 Tel:03-5226-6266 Fax:03-5226-6269 在宅での膀胱留置カテーテル管理の実際 メディカル朝日2005年7月号「Dr平原の在宅医療の ...
また,自力排尿が困難な場合においても,清潔間欠導尿の実施が可能な場合には,長期にカテーテルを留置せず清潔間欠導尿の患者指導を行うべきでしょう.尿道カテーテルには,尿路感染症や膀胱結石,尿道皮膚瘻などの合併症も ...

関連画像

姑の膀胱留置カテーテルの尿を 膀胱留置カテーテル設置時の photo:02図3


★リンクテーブル★
国試過去問104G057」「095D036
関連記事膀胱」「カテーテル」「留置

104G057」

  [★]

  • 83歳の男性。8年前にAlzheimer型認知症と診断された。5年前までは徘徊も多く家族も苦労したが、2年前からは自宅内で過ごすことが多くなった。1年前から経口摂取量が減少し、むせることが多くなった。1年間で体重は7kg減少した。3か月前からはベッド上での生活となり、経口摂取量もさらに減少した。2週前に肺炎のため、急性期病院に入院した。抗菌薬の投与で回復したが、意識レベルが低下して経管栄養となり、療養病床を持つ病院へ転院となった。入院時の意識レベルはJCS II-30、家族を認識することは困難であった。転院後2か月、意識レベルはJCS III-100まで徐々に低下した。これまで献身的に介護してきた家族は、本人の事前の意志もあり.延命措置を望まないと医師に伝えた。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 膀胱留置カテーテルを挿入する。
  • b 家族の希望により経管栄養を中止する。
  • c 面会時間以外の家族付き添いを許可する。
  • d 経口摂取は困難なため口腔ケアを中止する。
  • e 体位変換は身体への負担が大きいため中止する。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G056]←[国試_104]→[104G058

095D036」

  [★]

  • 70歳の男性。数日前から尿量の減少に気付いていたが、昨夜から排尿を認めず来院した。4年前に直腸癌で低位前方切除術を受けた。最近行った腹部超音波検査で多発性肝転移を指摘された。胸部打聴診上異常を認めず、腹部は平坦である。両足背と下腿とに浮腫を認める。血清生化学所見:総蛋白6.0 g/dl、尿素窒素68mg/dl、クレアチニン5.8 mg/dl、Na 138 mEq/l、K5.2 mEq/l。CEA 18ng/ml(基準5以下)。腹部単純CTを以下に示す。
  • 最も適切な処置はどれか。
  • a. 利尿薬投与
  • b. イオン交換樹脂製剤投与
  • c. 膀胱留置カテーテル
  • d. 経皮的腎瘻造設
  • e. 血液透析


[正答]
※国試ナビ4※ 095D035]←[国試_095]→[095D037

膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈





カテーテル」

  [★]

catheter
血管内留置カテーテル
カテーテル処置カニューレカニューレ挿入法French



  • 診断や治療の目的で体腔、血管、臓器内に挿入する管。

参考

  • 1. catheter一覧
[display]http://www6.ufrgs.br/favet/imunovet/molecular_immunology/invivo_surgical.html


留置」

  [★]

placementdetentionindwelldetainindwelling
配置設置放置




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡