腹部大動脈瘤

出典: meddic

abdominal aortic aneurysm abdominal aneurysm AAA
大動脈瘤

疫学 NSU 448

  • 60-70歳に多い。男女比4:1

原因 NSU 448

  • 95%以上は動脈硬化
  • 特異性炎症(梅毒、結核)
  • 非特異性炎症(Behcet病)
  • Marfan症候群
  • 感染性(感染性動脈瘤)、外傷性(外傷性動脈瘤)

病型

  • 95%以上は腎動脈より末梢

症状

NSU 448
  • 無症状のことが多い。拍動腫瘤として自覚することがある。
  • 腰痛、腹痛を主訴とすることがある。激しい腹痛は切迫破裂、または破裂となる。
  • 穿孔による消化管出血や大動脈-下大静脈瘻(aorto-caval fistula)もありうる

治療

  • 外科手術、ステント留置

外科手術

  • 切発破裂例は緊急手術
  • 5-6cm:症状があれば外科手術
  • >6cm :外科手術

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf


診察から診断まで

  • 腰痛、腹痛を訴えることがある。身体所見で拍動する腫瘤を触れる。心電図、心筋逸脱酵素迅速検査キットでACSを否定し、血液検査、腹部X線写真撮影を施行。腹部大動脈瘤が疑われれば、循環器内科・血管外科コールし、腹部単純・造影CT、降圧を。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/04 21:34:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹部大動脈瘤によりS状結腸穿孔を来たした一例
  • 高橋 和宏,関口 雅則,中山 哲雄,佐藤 洋子,鷹野 理保,奈良 真美,鈴木 秀行,竹澤 二郎,山田 昇司,森 秀暁,林 弘樹,富澤 直樹,浜野 郁美,荻野 美里
  • The Kitakanto medical journal 61(2), 256-257, 2011-05-01
  • NAID 120003272628
  • 腹部・胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の現状 : 胸部・腹部大動脈瘤に対する適切な治療法の選択
  • 前田 英明,塩野 元美
  • 日大醫學雜誌 70(1), 10-12, 2011-02-01
  • NAID 10027883386
  • c)腹部大動脈瘤(3.ステントグラフト治療,<特集>大動脈瘤治療のup to date)
  • 加藤 憲幸,井内 幹人,茅野 修二
  • 日本外科学会雑誌 112(1), 32-37, 2011-01-01
  • NAID 110008440716

関連リンク

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)とは? 大動脈とは、全身に血液を送る大血管のことです 。大動脈はまず心臓から頭側に向かって出ると、弓状にカーブを描き、胸部の左後ろを 下に向かって走行します。そして横隔膜を貫いて腹部に入り、臍の少し下の高さで左右 ...
腹部大動脈瘤がある人は、しばしば腹部の拍動感に気づいたり、おなかに拍動性腫瘤を 触れることがあります。動脈瘤が小さかったり、肥満でおなかに脂肪がたまっていたり する場合は分からないこともあり、腹部の超音波検査や、CT検査で初めて発見される ...

関連画像

腹部大動脈瘤 治療前CT05-01s.jpg腹部大動脈瘤腹部大動脈瘤の開腹手術腹部大動脈瘤とは腹部大動脈瘤腹部大動脈瘤腹部大動脈瘤


★リンクテーブル★
国試過去問105A022」「103B022」「107C008
リンク元大動脈解離」「尿路結石症」「腎前性腎不全」「胸部大動脈瘤」「AAA
拡張検索腹部大動脈瘤破裂
関連記事大動脈瘤」「腹部大動脈」「腹部」「大動脈」「動脈瘤

105A022」

  [★]

  • 55歳の男性。腹部不快感を主訴に来院した。 2か月前から右下腹部の不快感を間欠的に自覚していた。腹部の視診と聴診とに異常を認めない。右下腹部に、腹筋の緊張時には触知しないが.弛緩時には5×4cm大の腫瘤を触知する。腫瘤は弾性硬で圧痛はなく、拍動を認めない。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A021]←[国試_105]→[105A023

103B022」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103B021]←[国試_103]→[103B023

107C008」

  [★]

  • 腹部触診で呼吸に応じて移動する腫瘤はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107C007]←[国試_107]→[107C009

大動脈解離」

  [★]

aortic dissection
解離性大動脈瘤

大動脈解離の病態

  拡張 破裂 末梢の循環不全
上行大動脈 大動脈弁不全
上行大動脈瘤
上大静脈症候群
心膜腔出血
心タンポナーデ
胸腔内出血
 
  冠状動脈     狭心症心筋梗塞
弓部大動脈 弓部大動脈瘤
嗄声嚥下障害
縦隔出血  
  弓部分枝     脳血管障害
上肢虚血
下行大動脈 下行大動脈瘤
嚥下障害
胸腔出血
縦隔出血
 
  肋間動脈腰動脈     対麻痺
腹部大動脈 腹部大動脈瘤    
  腹部分枝   腹腔出血
後腹膜出血
腸管虚血
腎動脈     腎虚血
腸骨動脈     下肢虚血
その他の病態 発熱DIC、胸水貯溜    


ガイドライン

  • 1. 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

文献

  • 腹部大動脈瘤の血管内手術と開腹手術、長期死亡率に差なし
  • 腹部大動脈瘤(AAA)の修復を血管内手術または開腹手術によって受けた患者の転帰を8年間にわたって調べた試験(EVER1)で、両者の全死因死亡率、動脈瘤関連死亡率に差はないことが明らかになった。また、開腹手術が適用にならないAAA患者を対象に、血管内手術を受けた患者と介入なしの患者の長期的な転帰を比較した試験(EVER2)では、両者の全死因死亡率にも差はないことが明らかになった。
  • Endovascular repair of aortic aneurysm in patients physically ineligible for open repair.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1872-80. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382982
  • Endovascular versus open repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1863-71. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382983
  • Long-term outcome of open or endovascular repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1881-9.
De Bruin JL et al.
PMID 20484396

国試

  • 105I059:Stanford A偽腔閉塞型急性大動脈解離。ガイドライン1では内科的治療が良いか外科的治療が良いかはどちらともいえないと記載がある。いずれにせよ、早急な降圧が重要である。
[show details]




尿路結石症」

  [★]

urolithiasis, urinary calculus, urinary tract stone disease
尿石症
結石尿路結石

疫学

  • 40-50歳代

病因

  • 尿の酸性度の変動、尿中成分の溶解度の低下
  • 尿路の炎症、尿流のうっ滞

部位による区分

症状

  • 尿管の狭窄部
  • 結石疼痛

検査

  • 血尿(肉眼的~顕微鏡的)

鑑別診断

  • 腹部大動脈瘤(腹部腫瘤触知, 腹部CT(単純~造影))、腎梗塞(塞栓を来す基礎疾患の有無(IE,Af,弁膜症), 側腹部痛, 血尿, 血圧↑, LDH・ALP・AST↑, 腹部CT(確定は造影するしかない))

治療

  • 経過観察:6-7割は自然に排石される。腹部単純XPで1.0×0.6cm以下 / 短径5mm以下なら自然排石期待。
  • 対症療法:疝痛に対しインドメタシン座薬、ボルタレン座薬、ソセゴン+アタラックスP
  • 排石促進:尿管蠕動運動促進、利尿
  • 内視鏡的療法
  • 経皮的腎切石術 PNL
  • 珊瑚状結石やUPJ狭窄合併例で実施。経皮的に腎ろうを作成し、内視鏡を挿入する
  • 経尿道的尿管結石摘出術 TUL
  • 中下部尿管結石症例に対して尿管鏡を使用し、超音波、レーザー等で砕石。全尿路の結石に対応可能
  • 骨盤骨部以外の尿路結石ではfirst choice。体外からの衝撃により破砕された石がstone streetを作る。合併症として血尿、腎皮膜下出血、発熱、疼痛。妊婦、下大動脈瘤患者などでは禁忌。
  • 外科的療法
  • 腎盂切石術、腎切石術、腎摘出術、尿管切石



腎前性腎不全」

  [★]

prerenal failure
肝腎症候群腎不全急性腎不全

病因

体液量減少

  • 消化管からの体液喪失
  • 腎性喪失:利尿薬、尿細管障害、アジソン病など
  • 出血
  • third spaceへの喪失
  • 有効循環血液量の減少

低血圧

腎の血行動態変化

診断

利尿薬を使用していない患者の腎前性腎不全の診断

考える技術第2版 p.529
  腎前性腎不全 腎性腎不全
(急性尿細管壊死)
利尿薬を使用していない腎前性腎不全の
診断に関する検査特性
感度(%) 特異度(%) 陽性尤度比 陰性尤度比
尿Na (mEq/L) <20 >20 90 82 5 0.12
FENa (%) <1 >2 96 95 19 0.04
FEurea (%) <35 >50 90 96 22.5 0.1

胸部大動脈瘤」

  [★]

thoracic aortic aneurysm TAA, aneurysm of thoracic aorta
胸腹部大動脈瘤大動脈瘤腹部大動脈瘤

参考

  • 1. CT
[display]http://www.ntt-east.co.jp/smc/dept/d37/disease1.html
[display]http://www.ntt-east.co.jp/smc/dept/d37/images/d_ph1h.jpg
  • 2. CT
http://ops.umin.ac.jp/ops/case/case36_daidoumyaku/case36_daidoumyaku.html
[display]http://ops.umin.ac.jp/ops/case/case36_daidoumyaku/zu3.jpg


AAA」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「American Automobile Association 米国自動車協会 / antiaircraft artillery 高射砲」

腹部大動脈瘤破裂」

  [★]

rupture of an abdominal aortic aneurysm
大動脈瘤破裂


大動脈瘤」

  [★]

aortic aneurysm, aneurysm of the aorta
動脈瘤大動脈弁輪拡張症 AAE

概念

  • 大動脈に発生する動脈瘤。

分類

部位

病理

疫学

好発部位

  • 腎下部腹部大動脈瘤 60%
  • 上行大動脈瘤    16%
  • 弓部下行大動脈瘤   7%
  • 腎上部腹部大動脈瘤  5%
  • 胸腹部大動脈瘤    2%
  • 動脈硬化性の大動脈瘤の頻度が増加

腹部AAと胸部AAの比較 (YN.C146)

  胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤
aortic aneurysmに占める割合 1/3 2/3
癒着症状 オリバー・カルダレッリ徴候  
圧迫症状 胸痛・背部痛、呼吸困難・喘鳴・咳、嚥下困難、頚静脈怒張嗄声Horner症候群上大静脈症候群、前胸部拍動性腫瘤 腰痛、腹痛、イレウス、腹部拍動性腫瘤
破裂症状 突然の激烈な胸痛、背部痛、ショック 腰背部痛、貧血、ショック
その他   下肢動脈閉塞症状(blue toe症候群)

病因

YN.C-145

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

治療

  • 胸部AA > 5cm、腹部AA > 6cmで破裂のリスクが高まる。

手術療法

動脈瘤


腹部大動脈」

  [★]

adbominal aorta (Z)
aorta abdominalis
腹大動脈(解剖学では腹大動脈、臨床では腹部大動脈が一般的?)
大動脈
[show details]


  • 下行大動脈であって腹腔内にある大動脈
  • 図:N.257

由来

走行

枝 (KL.404-408)

  1. 腹側臓側枝:前面から起こる無対性の枝で、消化管および消化管から由来する臓器に分布
    1. 腹腔動脈
      1. 左胃動脈
      2. 脾動脈
      3. 総肝動脈
    2. 上腸間膜動脈
      1. 下膵十二指腸動脈
      2. 空腸動脈
      3. 回腸動脈
      4. 中結腸動脈
      5. 右結腸動脈
      6. 回結腸動脈
    3. 下腸間膜動脈
      1. 左結腸動脈
      2. S状結腸動脈
      3. 上直腸動脈
  2. 外側臓側枝:前外側に向かう有対性の枝で、有対性の臓器、主として泌尿器に分布
    1. 中副腎動脈
    2. 腎動脈
    3. 精巣動脈卵巣動脈
  3. 壁側枝:後外側に向かう枝で、体壁に分布
    1. 下横隔動脈
    2. 腰動脈
    3. 正中仙骨動脈
  4. 終枝
    1. 総腸骨動脈


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

腹部」

  [★]

abdomen

腹部の9つの領域

M.111
RH right hypochondriac 右下肋部 E epigastric 上胃部 LH left hypochondriac 左下肋部
RL right lumbar 右側腹部 U umbilical 臍部 LL left lumbar 左側腹部
RI right inguinal 右鼡径部 P pubic 恥骨部 LI left inguinal 左鼡径部
  • 器官や痛みの位置を記載するため

腹腔を仕切る2つの面

腹部の4つの領域

(M.112)
右上腹部 右上腹部
右下腹部 右下腹部
  • 身体所見を記述するために、4つの領域で分ける
  • 水平面
  • 垂直面
    • 正中面で正中を通り、身体の左右両半に分ける



大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




動脈瘤」

  [★]

aneurysm, arterial aneurysm
大動脈瘤真性動脈瘤仮性動脈瘤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡