腰部脊柱管狭窄症

出典: meddic

lumbar spinal canal stenosis, lumbar spinal stenosis, LSS
腰部脊柱管狭窄(←狭窄した状態)


概念

  • 神経組織を入れる腰部脊柱管あるいは椎間孔部がさまざまな原因によって狭窄を来し、馬尾あるいは脊髄神経根が圧迫されることにより生じる病態

原因

症状

  • 神経性間欠性跛行:最も頻度が高い症状。前屈により症状が寛解する(脊柱管は腰部で前弯している、すなわち、前屈により脊柱管広くなる?ことと関係しているのだと思われる。)。
  • 馬尾性間欠跛行
  • 神経根性間欠跛行:下肢

間欠性跛行の鑑別

  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度

治療

神経根障害は自然寛解傾向があるが馬尾障害にはこれがないため治療方針が異なる。つまり前者では保存的治療が第一選択となるが後者では保存的治療が有効であることは少ない。
手術は保存的治療の無効であったり、神経学的症状が悪化傾向にあり、また日常生活に支障を来す場合に適応となる。
  • 治療のmodality:
  • 日常生活指導
  • 保存的治療:
  • 薬物療法:(疼痛除去)消炎鎮痛剤、(神経損傷治癒促進?)ビタミンB12
  • ブロック療法:神経ブロック(硬膜外神経ブロック、神経根ブロック)。
  • 装具療法:コルセットによる腰部の伸展制限
  • 手術療法:椎弓切除術、腰椎椎管拡大術、脊椎固定


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/02 08:15:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 椎間関節嚢腫を合併した腰部脊柱管狭窄症についての検討
  • 藤城 高志,大植 睦,北野 直,篠原 和幸,森本 法生
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 539-540, 2011-05-01
  • NAID 10029072391
  • 腰部脊柱管狭窄症に伴う冷えと煩熱に清熱補血湯が有効であった一例
  • 堀川 朋恵,森 裕紀子,花輪 壽彦
  • 漢方の臨床 58(4), 673-678, 2011-04-25
  • NAID 10027990049
  • 下垂足を呈した腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の検討
  • 奥間 英一郎,當眞 嗣一,浦崎 康達,金城 忠克,金城 聡,野原 博和,金谷 文則
  • 整形外科と災害外科 60(2), 269-272, 2011-03-25
  • NAID 10027974255

関連リンク

腰部脊柱管狭窄症の症状や原因、手術、治療方法などについての説明です。
ウィキペディアは医学的助言を提供しません。免責事項もお読みください。 腰部脊柱管 狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん) という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 目次. 1 症状; 2 診断・検査; 3 治療 ...

関連画像

腰部脊柱管狭窄症腰部脊柱管狭窄症の病態腰部脊柱管狭窄症腰部脊柱管狭窄症 図1kyousakusyou.jpg症状lcs.jpg腰部脊柱管狭窄症の症状


★リンクテーブル★
先読みlumbar spinal stenosis
国試過去問097A047」「099E054」「106A005
リンク元間欠性跛行」「LSS」「頚椎脊柱管狭窄症」「L-SCS」「lumbar spinal canal stenosis
関連記事脊柱管」「脊柱」「腰部」「」「脊柱管狭窄

lumbar spinal stenosis」

  [★]

腰部脊椎管狭窄腰部脊椎管狭窄症


097A047」

  [★]

  • 72歳の男性。歩行時に増強する殿部痛と両側下肢痛とを主訴に来院した。3か月前から会陰部の異常感覚を自覚している。殿部痛と両側下肢痛とは立ち止まることで消退する。下肢の深部腱反射亢進や感覚障害は認めない。両側足背動脈の拍動は良好である。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A046]←[国試_097]→[097A048

099E054」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099E053]←[国試_099]→[099E055

106A005」

  [★]

  • 歩行時に増強し、立ち止まることでは軽快せず、座ることで消退する両下肢痛を認める。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A004]←[国試_106]→[106A006

間欠性跛行」

  [★]

intermittent claudication
intermittent claudication
間欠跛行, 間欠性跛行症
血管硬化性間欠性歩行困難症 arteriosclerotic intermittent claudication
歩行
[show details]


定義

  • ある一定の距離を歩くと歩行困難となり、休息により回復するが、再び歩き続けると同様の現象が生じ歩行持続困難となるというエピソードを繰り返すもの。
  • ある距離を歩くと下肢の筋組織に生じる痛みのために、歩行をつづけることができなくなり、しばらく休息すると疼痛が消失して歩行可能となるが、また歩行すると同様の症状が出現する病態を間欠性跛行という。

分類

  • 動脈性
  • 原因:下肢の虚血性筋痛と筋力低下
閉塞性動脈硬化症 arteriosclerosis obliterans ASO
バージャー病 thromboangitis oblitrans TAO
Leriche症候群
  • 馬尾性
腰部脊柱管狭窄症:下肢の異常感覚や疼痛の拡大・増悪と筋力低下。増悪:立位、腰椎伸展位。軽快:坐位、腰椎屈曲位
  • 脊髄性
  • 原因:脊髄虚血
脊髄動静脈奇形

症状

  • ある一定時間歩くと両下肢の傷み、重苦しさ、しびれなどが増強する。
  • 休憩することで軽快するが、歩行によりこれらの症状が再発する。

鑑別

  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度
  • 足背動脈の拍動、腰痛合併の有無、姿勢の症状に与える影響
SSUR.424


LSS」

  [★] 腰部脊柱管狭窄症 lumbar spinal stenosis

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「life support system 生命保持装置」


頚椎脊柱管狭窄症」

  [★]

cervical spinal stenosis
腰椎脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症


L-SCS」

  [★] 腰部脊柱管狭窄症 lumbar spinal canal stenosis


lumbar spinal canal stenosis」

  [★] 腰部脊柱管狭窄症


脊柱管」

  [★]

vertebral canal (M)
canalis vertebralis


  • 椎弓と椎体の後面には椎孔があるが、椎骨が関節した脊柱ではこの椎孔がつながって脊柱管となる


脊柱」

  [★]

vertebral column, spinal column, spine(これだけでも脊柱の意味をなす)
columna vertebralis
脊椎





腰部」

  [★]

lumbar regionpars lumbalislumbar
腰髄腰仙部腰椎腰椎部


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


脊柱管狭窄」

  [★]

spinal stenosisspinal canal stenosis
脊柱管狭窄症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡