脱水症

出典: meddic

dehydration, anhydration
(国試)脱水

病態

  • 水喪失とNa喪失による循環血液量の低下 
(病態によって体液の浸透圧と量に変化が生じる)→循環血液量の低下

身体所見

  • 体重減少、血圧・脈拍の変化、起立性低血圧、皮膚乾燥感と緊張度の低下、口腔粘膜の乾燥、静脈虚脱。 

検査所見

  • 脱水状態では近位尿細管Na・水と共に尿素の再吸収が亢進するため(NEL.313)
  • 尿:尿比重1.020↑、尿の浸透圧↑、尿中Na排泄↓(10 mEq/l以下)
  • ホルモン:ADHの上昇
  • 神経系:RA系と交感神経の亢進。

脱水の分類

  • 高張性脱水:喪失が Na < 水 → 血清浸透圧↑
→細胞内から細胞外に水が移動→循環血液量わずか↓。細胞内液は著名↓
  • 等張性脱水:細胞外液から等張の体液喪失
血清浸透圧は不変→水の移動は起こらない。
  • 低張性脱水:喪失が Na > 水 → 血清浸透圧↓
→細胞外から細胞内に水が移動→循環血液量著名↓減。細胞内液↑


  低張性脱水 等張性脱水 高張性脱水
細胞外液浸透圧 ↓↓   ↑↑
病態 Na喪失   水喪失
水の動き 細胞外→細胞内   細胞内→細胞外
血管内のvolume 減少する   比較的保たれる
疾患 熱傷、
利尿薬、
アジソン病
  発熱、
発汗過多、
下痢、
急性腎不全回復期
皮膚ツルゴール ↓↓
脈拍 ↑↑
ショック ++ ±
ヘマトクリット
尿量 →↓ →↓ ↓↓↓
一次的な血漿浸透圧低下
のためにADHが分泌され
尿濃縮を来す
意識障害 +(傾眠→昏睡) 様々 +(興奮→昏睡)
口渇感 ± ++
粘膜乾燥 ++ ++
深部腱反射 ↓↓ 様々 ↑↑
嘔気・嘔吐 +(脳浮腫) ±
頭痛 +(脳浮腫)
体温 ↓(循環不全) ↓(循環不全) ↑(筋痙攣、
 熱中枢異常)

体重あたりの必要水分量

乳児の脱水

  軽症 中等症 重症
脱水徴候 体準減少 3-5% 6-9% 10%以上
皮膚ツルゴール低下 ++
更新粘膜乾燥 ± ++
大泉門陥凹 ++
眼球陥凹 ++
尿量 やや乏尿 乏尿 著明乏尿
末梢循環不全 皮膚色 やや蒼白 蒼白 チアノーゼ
脈拍減弱 ++
血圧低下 ±
中枢神経症状 意識障害 ++
痙攣 ±
体温 :脱水が重症になるにつれて四肢の体温が低下 → 循環血液量減少 → 交感神経緊張 → 末梢血管収縮
呼吸数:軽度~中程度の脱水では変化しない。高度の脱水では代謝性アシドーシス → 代償的な頻呼吸

乳児・年長児の脱水症状

SPE.195改変
等級 体重減少 皮膚 粘膜 循環   尿量 口渇感 啼泣時の涙 大泉門 症状のまとめ
乳児 年長児 緊張度 色調 末梢体温 脈拍 血圧
軽度 <5% <3% 良好 青白い 少しひんやり 乾燥 正常 正常 軽度低下 軽度 出る 平坦 濃縮尿
中等度 <10% <6% 速脈を触れる 正常か低下 末梢循環不全
重度 <15% <9% かなり低下 斑点状 冷たい カラカラに乾燥 速脈、わずかに触れる 低下 無尿 強度 出ない 明らかに陥没 血圧低下・ショック・意識障害

脱水の種類と症候・検査値

QB.O-50
  • 高張性脱水:Na ≧150 mEq/L
  • 等張性脱水:Na 130~150 mEq/L
  • 低張性脱水:Na ≦130 mEq/L

国試



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/17 17:36:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下痢 (乳幼児診療AtoZ) -- (乳幼児における症状・症候--診察所見を中心とした診断へのアプローチ)
  • 経口補液療法 (特集 エキスパートが教える研修医のための薬の使いかた)
  • 頸部下ドーム型サウナ使用時の生理.心理反応
  • 宮園 真美,前野 有佳里,橋口 暢子,川本 利恵子,中尾 久子,中尾 富士子,木下 由美子,金岡 麻希,樗木 晶子,栃原 裕
  • 人間と生活環境 17(1), 31-37, 2010-05
  • … 今回の若者を対象にした実験においては、起立性低血圧などの脱水症状はなく安全に施行でき、今後高齢者や心疾患患者での検討へと繋げる事が出来ると考えられた。 …
  • NAID 110008441778
  • ロタウィルス腸炎後に両側尿管結石による急性腎不全を呈した2幼児例
  • 座光寺 秀典,宮本 達也,神家満 学,犬塚 秀康,土田 孝之,荒木 勇雄,武田 正之
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(1), 29-33, 2010-01-20
  • … した.尿アルカリ化を行い腎瘻カテーテルから砂状の結石の排出を認めた,結石分析の結果酸性尿酸アンモニウムであった.酸性尿酸アンモニウム結石は先進国ではまれであるが,近年ロタウィルス胃腸炎後の両側尿路結石による急性腎不全の報告が散見される.これまでロタウィルス感染後の急性腎不全の主因は持続する脱水症と考えられていたが,本例のような尿管結石による腎後性の要因も考慮すべきであると思われた. …
  • NAID 110007530512

関連リンク

種類, 高張性脱水症 (hypertonic dehydration), 低張性脱水症 ...
下痢・嘔吐のいずれも電解質を喪失する症状(胃液にも電解質が含まれるため)である ため、水分だけでなく電解質も減少する。 高温の環境、重作業、激しい運動: 発汗が 亢進するため、十分な水分および電解質の摂取がなければ脱水の原因となる。これらの ...
脱水症状の原因や予防と治療について。熱中症や便秘下痢やアルコール等との関係や 、子供や高齢者の脱水症状について詳しく説明しています。

関連画像

経口 補 水 療法 経口 補 水 防ごう 守ろう 高齢者 の 脱水 脱水症 は なぜ カラダ に 悪い Q16 脱水症や低温やけど 脱水症が体に及ぼす悪影響脱水の兆候イメージ脱水症状と脳梗塞―気を


★リンクテーブル★
国試過去問106F028」「083B060」「097G079」「100E032」「105I006
リンク元発熱」「ナトリウム排泄率」「BUN/Cr比」「dehydration」「ハンカチ徴候
拡張検索塩欠乏性脱水症
関連記事水症」「

106F028」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 67歳の男性。全身の衰弱を心配した家族に伴われて来院した。
  • 現病歴: 3か月前から徐々に体重が減少し、 2か月前から外出できなくなり、 1週前からは家族の介助がないと立ち上がれなくなった。患者本人は受診を嫌がっていたが、 2日前からはほとんど食事が摂れず、トイレまで歩くこともできなくなったため受診に同意した。
  • 既往歴:健康診断は受けていない。
  • 生活歴:喫煙は60本/日を47年間。飲酒は日本酒1-2合/日を47年間。
  • 家族歴 :父親が高血圧症で、脳梗塞のため82歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長165cm、体重42kg。体温37.6℃。脈拍120/分、整。血圧96/62mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 95%(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。頸静脈の怒張を認めない。右の前胸部、背部および側胸部で呼吸音が減弱している。 coarse cracklesを聴取しない。皮膚のツルゴールが低下している。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球394万、 Hb13.1g/dL、 Ht40%、白血球11,700(好中球85%、好酸球1%、単球6%、リンパ球8%)、血小板50万。血液生化学所見:随時血糖181mg/dL、 HbA1c6.5%(基準4.3-5.8)、総蛋白7.3g/dL、アルブミン2.3g/dL、尿素窒素28mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、尿酸3.8mg/dL、総ビリルビン0.3mg/dL、 AST47IU/L、 ALT28IU/L、LD391IU/L(基準176-353)、ALP435IU/L(基準115-359)、 γ-GTP44IU/L(基準8-50)、 Na133mEq/L、 K5.0mEq/L、 Cl93mEq/L、 Ca9.6mg/dL。 CRP24mg/dL。胸部エックス線写真(別冊No. 4)を別に示す。
  • この患者の病態として考えにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F027]←[国試_106]→[106F029

083B060」

  [★]

  • 正しいのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

097G079」

  [★]

  • 脈拍に関する組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G078]←[国試_097]→[097G080

100E032」

  [★]

  • 脳梗塞の発症に関連しないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100E031]←[国試_100]→[100E033

105I006」

  [★]

  • 血清ADHが低値を示すのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I005]←[国試_105]→[105I007

発熱」

  [★]

pyrexia
fever, thermogenesis
熱型、≠高体温(体温調節機構の破綻による)、不明熱
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9

概念

  • 体温中枢のセットポイント上昇による

分類

  • 微熱:37.5℃以上 37.0~37.9℃(YN.)
  • 発熱:38.0℃以上
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9


小児

  • 37.5℃以上

病態生理

  • 発熱サイトカイン(IL-1, TNF)が視床下部に作用してPGE2の産生を亢進し、PGE2により体温調節中枢を司る細胞内のcAMP濃度が上昇することでの体温セットポイントがあがる。

熱源の精査

  • 咽頭、肺、胆道系、泌尿器系、皮膚・軟部組織(蜂窩織炎、褥瘡)

疾患と発熱

膠原病と発熱

発熱40℃(PMID 8107744)

発熱の後に関節炎(PMID 8107744)

原因不明の熱の鑑別

  • 感染症
  • 腫瘍
  • 膠原病
  • 薬剤熱 → 比較的元気、比較的徐脈、比較的CRP

発熱と心拍数の関係

  • 体温1℃上昇に付き心拍数20上がる。これ以上の上昇が見られる場合、敗血症を疑う。  ←  1℃に付き10上がるという資料もあり(比較的徐脈)

発熱を伴う内科的緊急疾患

内科レジデントの鉄則 第2版 p.6

院内における発熱の鑑別疾患

  • 感染性 :肺、泌尿器、褥瘡、クロストリジウム・ディフィシル感染症、カテーテル関連感染症
  • 非感染性:薬剤熱、偽痛風、深部静脈血栓症

小児科における発熱の原因

年齢 原因
乳児(生後3ヶ月未満) 敗血症、細菌性髄膜炎、尿路感染症、肺炎、B群溶連菌感染、グラム陰性桿菌
乳児(生後3ヶ月以降) ウィルス感染(突発性発疹などの発疹性疾患)、中耳炎尿路感染症、消化器・呼吸器疾患、川崎病
幼児、学童期 溶連菌感染症、伝染性単核球症、膠原病、factitious fever(詐病)、学校での感染症の流行
  • 乳児における中耳炎、尿路感染症は症状が発熱であることが多く原因が追及しづらい。鼓膜を観察したり、尿の培養をすることが重要かもしれない。

小児における発熱

SPE.63
  • 脱水症
  • そのた

新生児・乳児における発熱

see also step beyond resident 2 救急で必ず出会う疾患編 p.20
3ヶ月未満は免疫力が弱く重症細菌感染症にかかりやすい。
生後   :対処
0-1ヶ月 :入院。血液検査・各種培養検査を。
2-3ヶ月 :外来で小児科医が診察し、血液検査で細菌感染が疑われれば入院
4-6ヶ月 :外来で小児科医が診察し、発熱以外に所見がなければ、十分な水分摂取を指示し、翌日再診を。
6ヶ月以降:食欲・機嫌がよければ、翌日再診を。

漢方医学

[show details]




ナトリウム排泄率」

  [★]

fractional excretion rate of sodium FENa
ナトリウム分画排泄率Na分画排泄率Na排泄率尿中ナトリウム排泄率 urinary sodium excretion rate
[show details]

概念

  • 糸球体で濾過されたNaのうち実際に尿中に排泄されるNaの割合

定義

尿量(ml/hr)をVとすると
  • FENa = CNa / CCr x 100 = (UNa x V ) / SNa / ( (UCr x V ) / SCr )
= UNa / SNa / ( UCr / SCr )

計算フォーム


  [Na+](mEq/l) Cre(mg/dl)
血液
尿

FENA =


判断



BUN/Cr比」

  [★]

血液尿素窒素クレアチニン

解釈

1

  • BUN/Cr比<10:
  • 低蛋白食、血液透析直後
  • BUN/Cr比>10:
  • 1. 過剰蛋白摂取
  • 2. 消化管への出血
  • 3. 熱傷、高熱、大量ステロイド投与、手術、消耗性疾患(癌)などの蛋白異化亢進
  • 4. 尿路不完全閉塞
  • 5. 尿管直腸吻合
  • 6. 脱水症(長時間の激しい運動、発汗、下痢、嘔吐、熱傷、アジソン病、腸閉塞、腹膜炎、出血(胃腸、内臓)、肺炎、重症心不全、大量出血で急に腎血流が低下したとき

2 診療の基本 p.126

  • BUN/Cr比≦25:下部消化管出血??????????????
  • BUN/Cr比≧25:上部消化管出血??????????????

3 めざせ外来診療の達人 第3版 p.31

  • BUN/Cr比≧20:脱水、消化管出血

注意

  • 消化管出血といっても、大腸出血の場合はBUNは上昇しない。 (消化器疾患ビジュアルブック p.12)



dehydration」

  [★] 脱水症

WordNet   license wordnet

「dryness resulting from the removal of water」
desiccation

WordNet   license wordnet

「the process of extracting moisture」
desiccation, drying up, evaporation

WordNet   license wordnet

「depletion of bodily fluids」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「脱水,乾燥;〈体の〉脱水状態」

ハンカチ徴候」

  [★]

handkerchief sign
脱水症
  • 5本の指で皮膚をつまんで離すと、皮膚のしわがしばらく戻らずにハンカチのように見える。
  • 5:10:15の法則では、5%脱水はハンカチ徴候をきたす
  • 5%:ハンカチ徴候 ← こんな単語は初耳ですな。言い出しっぺは誰?
  • 10%:明らかな脱水 ← 身体所見でか?
  • 15%:循環不全を伴う脱水
  • 20%:致命的

塩欠乏性脱水症」

  [★]

salt deficit dehydration
塩欠乏性脱水ナトリウム欠乏性脱水 ナトリウム欠乏性脱水症 sodium deficit dehydration、低張性脱水 hypotonic dehydration


水症」

  [★]

hydropsdropsyhydropichydropical
水腫浮腫

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡