脊柱管狭窄症

出典: meddic

spinal stenosis, spinal canal stenosis
脊柱管狭窄
椎管狭小 narrow spinal canal narrowing of spinal canal



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/12 13:13:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腰部脊柱管狭窄症による難治性のしびれ、疼痛に対しプレガバリンが有効であった血液透析患者の1例
  • 大坪 茂/矢吹 恭子/石原 美和/秋葉 隆/新田 孝作
  • 東京女子医科大学雑誌 81(6), 416-418, 2011-12-25
  • 【症例】84歳女性。糖尿病性腎症により82歳時に血液透析導入。83歳時腰部下肢痛あり、レントゲンにて腰椎すべり症と診断。手術は高齢で本人希望もなく、リマポロストアルファデクス使用開始し経過観察とした。ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液や抗うつ薬も使用し、仙骨部硬膜外ブロックも施行。しかし、症状増悪し入院となる。MRIにて、L3/4に高度狭窄と右側に椎間板ヘルニアを、L4/5に狭窄と右椎間孔型 …
  • NAID 110008754020
  • 椎間関節嚢腫を合併した腰部脊柱管狭窄症についての検討
  • 藤城 高志,大植 睦,北野 直,篠原 和幸,森本 法生
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 539-540, 2011-05-01
  • NAID 10029072391

関連リンク

先にあげた「間欠跛行」が、脊柱管狭窄症における共通した症状ですが、どこ圧迫されるかによって、出てくる症状も様々です。 「神経根」が、圧迫されるタイプ 図2は、左右の両方の神経根が圧迫されている例ですが、左右どちらか ...
脊柱管狭窄症を完治させたければこの治療法を実践してみてください。脊柱管狭窄症は正しい治療をおこなえば完治させることが可能です。
手術をしない、脊柱管狭窄症の自宅治療法・改善方法をお伝えしている「なおろう脊柱管狭窄症ドットコム」のトップページです。当サイトは一般財団法人:日本東洋医学財団の中村司(理事長)監修により、運営・制作されています。

関連画像

腰部脊柱管狭窄症腰部脊柱管狭窄症の病態腰部脊柱管狭窄症イメージ 3症状イメージ 1


★リンクテーブル★
国試過去問098D047」「102E064」「107E068」「107I032
リンク元介護保険制度」「跛行」「spinal canal stenosis」「narrow spinal canal
拡張検索腰部脊柱管狭窄症」「発達性脊柱管狭窄症」「頚椎脊柱管狭窄症
関連記事脊柱管」「脊柱」「」「脊柱管狭窄」「狭窄

098D047」

  [★]

  • 44歳の男性。両手が不自由になったことを主訴に来院した。
  • 10年前から徐々に両手に力が入らなくなり、2、3年前から両手の筋肉がやせてきた。熱い風呂の湯加減を手でみようとするときや、誤って火のついた煙草を手に落としたときなど、手に火傷を負ったことがこれまで何回かあった。
  • 意識は清明、痴呆はない。両上肢遠位部の筋萎縮と筋力低下、両上肢の深部反射消失、両下肢の深部反射亢進および両側のBabinski徴候陽性を認める。
  • 痛覚と温度覚とが著しく鈍麻している部位を以下に示す。
  • 視力・聴力障害、構音・嚥下障害、排尿障害および触覚・深部感覚の鈍麻を認めない。頭部MRIのT2強調正中矢状断像(別冊No.32B)と横断像とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D046]←[国試_098]→[098D048

102E064」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。歩行時に右足が痛くなるため来院した。
  • 現病歴:1か月前から、200m歩くと右下肢の大腿部と腓腹部とが重い感じに痛くなった。少し休むと痛みは軽快した。
  • 既往歴:高血圧で内服薬を服用中。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を50年間。
  • 現症:身長170cm、体重78kg。脈拍72/分、整。血圧160/86mmHg。胸腹部に異常を認めない。右足背動脈拍動が減弱している。膝蓋腱反射とアキレス腱反射とは正常。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液生化学所見: 空腹時血糖108mg/dl、HbA1C5.0%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、総コレステロール280mg/dl。
  • 鑑別診断として考慮するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E063]←[国試_102]→[102E065

107E068」

  [★]

  • 82歳の女性。要介護認定の申請にあたって、主治医意見書作成のため来院した。12年前から高血圧症変形性膝関節症および脊柱管狭窄症の治療中であり、2か月に1回、家族に付き添われて車椅子で受診している。長男夫婦との3人暮らしで、日中はほとんどの時間を自宅で1人で過ごす。自宅では手すりにつかまりながら歩行することができるが、寝ていることが多い。夜間の排泄はベッド横のポータブルトイレを使用している。障害高齢者の日常生活自立度判定基準(寝たきり度判定基準)を示す。


  • 正しい評価はどれか。
  • a J-1
  • b J-2
  • c A-1
  • d A-2
  • e B-1
  • f B-2
  • g C-1
  • h C-2


[正答]


※国試ナビ4※ 107E067]←[国試_107]→[107E069

107I032」

  [★]

  • 四肢の脱力感覚障害とを訴える患者の頸椎MRIのT2強調矢状断像(別冊No.6)を別に示す。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I031]←[国試_107]→[107I033

介護保険制度」

  [★]

long-term care insurance system
介護保険介護保険法

根拠法

保険者

  • 市町村

被保険者

  • 第1号被保険者
  • 第2号被保険者
  • 年齢:40-64歳の医療保険加入者
  • 要件:要介護要支援 かつ 加齢に伴う疾患(特定疾患)

特定疾患

財源

  • 市町村:12.5%
  • 都道府県:12.5%
  • 国:25%(うち5%は調整交付金)

国試


跛行」

  [★]

claudication
claudicatio
limp, limping、ひきずり足歩行
歩行

概念

  • 歩容の異常で足を引きずって歩くこと。
  • 易疲労感息切れによる歩行の困難さとは異なる。このような患者では休めばまた歩けるようになると訴えることがある。随伴症状を聞くことが大切。

PHD.357

  • exertional limb fatigue and pain

分類

間欠性跛行

  • 動脈性跛行:動脈の狭窄や閉塞など
  • 馬尾性跛行:脊柱管狭窄症など
  • 脊髄性跛行:脊髄動静脈奇形など




spinal canal stenosis」

  [★]

脊柱管狭窄脊柱管狭窄症

spinal stenosis

narrow spinal canal」

  [★]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症」

  [★]

lumbar spinal canal stenosis, lumbar spinal stenosis, LSS
腰部脊柱管狭窄(←狭窄した状態)


概念

  • 神経組織を入れる腰部脊柱管あるいは椎間孔部がさまざまな原因によって狭窄を来し、馬尾あるいは脊髄神経根が圧迫されることにより生じる病態

原因

症状

  • 神経性間欠性跛行:最も頻度が高い症状。前屈により症状が寛解する(脊柱管は腰部で前弯している、すなわち、前屈により脊柱管広くなる?ことと関係しているのだと思われる。)。
  • 馬尾性間欠跛行
  • 神経根性間欠跛行:下肢

間欠性跛行の鑑別

  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度

治療

神経根障害は自然寛解傾向があるが馬尾障害にはこれがないため治療方針が異なる。つまり前者では保存的治療が第一選択となるが後者では保存的治療が有効であることは少ない。
手術は保存的治療の無効であったり、神経学的症状が悪化傾向にあり、また日常生活に支障を来す場合に適応となる。
  • 治療のmodality:
  • 日常生活指導
  • 保存的治療:
  • 薬物療法:(疼痛除去)消炎鎮痛剤、(神経損傷治癒促進?)ビタミンB12
  • ブロック療法:神経ブロック(硬膜外神経ブロック、神経根ブロック)。
  • 装具療法:コルセットによる腰部の伸展制限
  • 手術療法:椎弓切除術、腰椎椎管拡大術、脊椎固定


発達性脊柱管狭窄症」

  [★]

developmental canal stenosis
脊柱管狭窄症
  • 脊柱管が(おそらく先天的によりもむしろ)成長の過程で狭窄する病態。
英語
[display]http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2219646
[display]http://sciencelinks.jp/j-east/article/200510/000020051005A0157328.php
[display]http://jnnp.bmj.com/content/52/7/887.full.pdf
[display]http://www.mendeley.com/research/cervical-myelopathy-caused-developmental-stenosis-spinal-canal

芸能人

  • EXILE NAOKI、「発達性脊柱管狭窄症」でダンス“禁止令”

頚椎脊柱管狭窄症」

  [★]

cervical spinal stenosis
腰椎脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症

脊柱管」

  [★]

vertebral canal (M)
canalis vertebralis


  • 椎弓と椎体の後面には椎孔があるが、椎骨が関節した脊柱ではこの椎孔がつながって脊柱管となる


脊柱」

  [★]

vertebral column, spinal column, spine(これだけでも脊柱の意味をなす)
columna vertebralis
脊椎




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

脊柱管狭窄」

  [★]

spinal stenosisspinal canal stenosis
脊柱管狭窄症


狭窄」

  [★]

stenosis, stricture, constriction, narrowing





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡