胸心膜ヒダ

出典: meddic

  • 心膜腔の両側に位置する (L.196)
  • 胚芽はさらに発達して背側、側方、腹側に拡張にともない、胸膜腔が背側から腹側に拡張する。また、両側の総主静脈が癒合することで胸心膜ヒダ同士が癒合、さらに肺根部とも癒合することで胸膜腔と心膜腔とが分離される。


関連リンク

心膜腔の両側に位置する (L.196); 胚芽はさらに発達して背側、側方、腹側に拡張に ともない、胸膜腔が背側から腹側に拡張する。また、両側の総主静脈が癒合することで 胸心膜ヒダ同士が癒合、さらに肺根部とも癒合することで胸膜腔と心膜腔とが分離され る。
胸内筋膜が肥厚したものと考えられる。 ... 急性心膜炎のちに、心膜に線維性肥厚と 癒着、あるいは石灰化を来し、心臓拡張期の血流充満が障害され、拍出量低下と右心 系にのうっ滞 .... 図:N.190(横隔神経) KA.186; 胸心膜ヒダを通って横中隔に分泌して いる。

関連画像

週 して 胸 心膜 に なる と ☆羊水過小症(胎盤機能不全)_肺


★リンクテーブル★
先読み胸膜腔」「心膜腔」「総主静脈
リンク元横隔神経
関連記事心膜」「胸心膜」「」「ヒダ

胸膜腔」

  [★]

pleural cavity (Z), pleural space
cavum pleurae


  • 2枚の胸膜の間の隙間で、漿液である胸膜液の薄い層を含み、胸膜の表面を覆い、呼吸の際に二葉の胸膜が滑らかに動くのを助ける(M.68)。



心膜腔」

  [★]

pericardial cavity (Z), pericardial space
cavitas pericardialis
心膜横洞心膜斜洞



総主静脈」

  [★]

common cardinal vein
キュヴィエ管 Cuvier duct


横隔神経」

  [★]

phrenic nerve (KH)
nervus phrenicus
[[]]


由来

支配

走行



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



心膜」

  [★]

heart sac
心嚢
pericardium (N)
心臓

心膜の構造 (Z)


臨床関連



胸心膜」

  [★]

pleuropericardial membrane
membrana pleuropericardialis
[[]]
  • 図:L.197
  • 中胚葉由来
  • 横隔神経が通っている


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


ヒダ」

  [★]

crease
縦溝




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡