胎便

出典: meddic

meconium

概念

  • 胎児や出生後まもない新生児から排泄される便。
  • ほとんどの場合、出生12時間以内に見られる。

胎便に含まれるもの

NGY.283
  • 嚥下した羊水中のうぶ毛、胎脂、上皮細胞などの未消化物、消化管分泌物、胆汁

消化器の発生との関連

  • 妊娠3ヶ月末から羊水嚥下運動が見られ、妊娠8ヶ月頃には消化器機能はほぼ完成。(NGY.283)
  • 妊娠10週には消化管の蠕動が開始され、妊娠20週頃には胎便を生成する。(QB.P-190)

臨床関連




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4.極低出生体重児の手術:胎便病と壊死性腸炎の治療方針について(一般演題,第77回日本小児外科学会東北地方会)
  • 大澤 義弘,近藤 公男
  • 日本小児外科学会雑誌 47(7), 1064, 2011-12-20
  • NAID 110008896733
  • S3-7.当科における胎便関連性腸閉塞症(meconium related ileus:MRI)の検討(シンポジウム3「MRI(胎便関連性腸閉塞症)の治療戦略」,低出生体重児の外科,第27回日本小児外科学会秋季シンポジウム)
  • 吉井 大貴,匂坂 正孝,山本 裕俊
  • 日本小児外科学会雑誌 47(6), 924, 2011-10-20
  • NAID 110008790658

関連リンク

胎便の排泄が遅れたり、完全に排泄されない場合は新生児黄疸や胎便吸引症候群など の様々な危険があります。新生児は尿や便を排泄するだけで、かなりの体力を消耗し ますが、最初は回数と内容に注意してみましょう。
何らかの原因で仮死状態や呼吸困難な状態に陥ると、腸の働きが活発になって肛門の 筋肉が緩みます。その為、通常は出生後に排泄されるべき胎便が羊水内に排泄されて しまいます。

関連画像

胎便をしっかり出しましょう。生後2日目赤ちゃんの胎便超未熟児で生まれた明希チャン 赤ちゃんの初めてのうんこ胎便中心の胎便は生の豆のように


★リンクテーブル★
国試過去問106D055」「108A044」「107G044」「080A049」「104B029」「105E038」「099D062」「098G051」「090A047
リンク元新生児」「胎便吸引症候群」「胎便性イレウス」「meconium」「胎便栓症候群
拡張検索胎便吸引
関連記事便

106D055」

  [★]

  • 生後4日の新生児。在胎40週、 2,960gで出生した。生後24時間は胎便排泄がなかったため、グリセリン浣腸を行ったところ、暗緑色の胎便が排出された。その後、移行便排泄がなく、次第に腹部が膨隆してきた。昨日から胆汁性の嘔吐を認めるようになった。腹部エックス線写真(別冊No. 24)を別に示す。
  • 診断に有用なのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D054]←[国試_106]→[106D056

108A044」

  [★]

  • 出生直後の男児。在胎 39週、 2,850 gで出生した。 Apgarスコアは 8点 ( 1分 )、10点 ( 5分 )。出生前の胎児超音波検査で異常を指摘されたことはない。顔貌は正常。尿中に胎便が認められた。会陰部の写真 (別冊 No. 18)を別に示す。
  • まず行うべき治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A043]←[国試_108]→[108A045

107G044」

  [★]

  • 生後1日の新生児。在胎39週、3,010gで出生した。生後5分のApgarスコアは8点であった。糖水を与えた後で少量の嘔吐が2回認められた。生後20時間で排泄された便の写真(別冊No.5)を別に示す。
  • この便から考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107G043]←[国試_107]→[107G045

080A049」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

104B029」

  [★]

  • 胎便について正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a 暗緑色である。
  • b 大腸菌が含まれている。
  • c 羊水中に含まれている。
  • d 胎児の肺にとって有害である。
  • e 生後3日を過ぎてから排泄される。


[正答]


※国試ナビ4※ 104B028]←[国試_104]→[104B030

105E038」

  [★]

  • 成乳と比較した初乳の特徴はどれか。3つ選べ。


  • a 熱量が高い。
  • b 乳糖を多く含む。
  • c 胎便の排泄を促す。
  • d 蛋白質を多く含む。
  • e 免疫物質を多く含む。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E037]←[国試_105]→[105E039

099D062」

  [★]

  • 生後3日の正常新生児でみられるのはどれか,
[正答]


※国試ナビ4※ 099D061]←[国試_099]→[099D063

098G051」

  [★]

  • 正常新生児で最も遅く認められるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G050]←[国試_098]→[098G052

090A047」

  [★]

  • 妊娠20週の胎児にみられるものは
  • (1) 肺胞の痙性
  • (2) 肝内造血
  • (3) 尿の生成
  • (4) 胎便の形成
  • (5) 音刺激による心拍数の増加
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

新生児」

  [★]

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051
  • 吸啜反射:出生時より
  • 胎便:出生直後-3日頃
  • 生理的黄疸:出生後2-3日に出現。出生後4-6日にピーク   ←  出生時~出生後24時間内の黄疸は病的
  • 生理的体重減少:出生後3-4日で最大。
  • 臍帯の脱落:出生後5-7日

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児
参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date
参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試




胎便吸引症候群」

  [★]

meconium aspiration syndrome MAS
胎便吸引胎便

概念

  • 胎便の肺内への吸引による生じる呼吸障害である。胎児が子宮内で低酸素状態に暴露されることで胎便が排泄され、またあえぎ呼吸が引き起こされ胎便を吸引して生じる。低酸素状態に対する反応性は早産児では発達していないため、正期産児、特に過期産児に多く見られる。 (SPE.102)

病因

  • 胎児の低酸素状態、血流低下(胎児切迫仮死)

病型

  • air traping
  • 気道を不完全に閉鎖し、吸気時のみ気道を閉鎖する
  • 気道を完全に閉鎖する

疫学

  • 仮死、満期産児に多い。

病態

  • 胎児の低酸素状態(胎児機能不全)
→ 腸蠕動の亢進、肛門括約筋の弛緩 → 羊水内排便
→ あえぎ呼吸 → 胎便の気管内への吸引 → 胎便による肺サーファクタントの不活性化・気道の閉塞と炎症 → 無気肺・肺気腫

症状

  • チアノーゼ、多呼吸、陥没呼吸、呻吟、樽状胸郭

合併症

  • air leak(気胸、気縦隔など), 新生児遷延性高血圧症 PPHN

検査

胸部X線写真

呼吸窮迫症候群 肺胞の拡張不全、網状顆粒状陰影、気管支透亮像、すりガラス状陰影
一過性多呼吸 肺野全体の透亮像低下(呼吸窮迫症候群より軽度)、肺尖部の高透過性
胎便吸引症候群 胎便による全肺野の炎症像(斑状、まだら状の不透亮像)

診断

治療

予後

予防

胎便性イレウス」

  [★]

meconium ileus
胎便イレウス胎便性腸閉塞症メコニウムイレウス
嚢胞性線維症先天性嚢胞胎便
[show details]


概念

参考

  • 1. mymed
[display]http://mymed.jp/di/vva.html
  • 2. CYSTIC FIBROSIS; CF; CF
原疾患として嚢胞性線維症が存在
[display]http://omim.org/entry/219700


meconium」

  [★]

  • n.
  • 胎便

WordNet   license wordnet

「thick dark green mucoid material that is the first feces of a newborn child」

胎便栓症候群」

  [★]

meconium plug syndrome
浣腸胎便


胎便吸引」

  [★]

meconium aspiration
胎便吸引症候群


便」

  [★]

stool
大便糞便
  • 胎便:新生児が生後12時間に排泄するもの

便→疾患

  • 緑色ミートソース様便:サルモネラ腸炎
  • クリーム色がかった緑色水様便:MRSA腸炎

疾患→便




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡