背屈

出典: meddic

dorsiflexion (K), extension
関節


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日常的に歩行可能な透析患者の足関節および足趾の関節可動域制限に影響を与える要因(平成25年度研究助成報告書)
  • 脳卒中片麻痺下肢への全身振動刺激(Whole body vibration)による痙縮抑制効果 : 誘発電位F波を用いた検討
  • 下腿三頭筋に対するストレッチ時間と効果の関連
  • 高知リハビリテーション学院紀要 16, 35-37, 2015-03-31
  • NAID 110009890952

関連リンク

2012年1月4日 ... 背屈は、本来、みなそれらの関節の「伸展」(「まっすぐに伸ばす」意味)の動きと定義され ているので、伸展と呼んでもよい。しかし、たとえば手首の場合、手首をずっとそらせる( 手首をかえす)動きの結果、手の甲は前腕にかえって近づくし、足首 ...
掌屈, 背屈, 手の外科, 整形外科, 名医, 母指CM関節症, 腱鞘炎, 専門医, 長崎県, 佐賀 県, 福岡県, 熊本県, 大分県, 宮崎県, 鹿児島県, 東京都, 八王子市, 大阪府.
2009年5月15日 ... 長座・底屈・背屈の写真. 半身動作研究会中島章夫先生のレポートです。 考えてみたら 、いま持っている携帯は8メガカメラが搭載されていたのだ。 ちっとも活用していなかった 。 というわけで昨日の恵比寿の稽古会の前に足指を握って背屈・底 ...
2010年5月7日 ... まだまだ手つきが怪しいけど、頼もしい未来の理学療法士達です。

関連画像

底背屈運動(ていはいくつうん 足関節の背屈 站立训练——踝关节背屈训练器図11 足首の背屈について踝关节背屈伸训练器(液压)本人が床上に座れ上半身


★リンクテーブル★
先読みextension」「関節
国試過去問108C019」「106A054」「106F022」「106I018
リンク元下肢の筋」「上肢の筋」「深腓骨神経」「足関節の運動に関与する筋」「指伸筋
拡張検索足背屈

extension」

  [★]

  • n.
  • 広げること、伸長、拡張。拡大。(外科)(骨折・打球・関節疾患の整復のための)牽引、牽引法。(医)(屈曲肢の)伸展
  • 伸び、伸張量、伸張力。(理)填充性
  • 増設、増築、建て増し。伸張部分、延長部分、拡張部分、付加部分、(線路の)延長戦。延長コード。(電話の)内線、切り替え電話
  • 延長時間、そう述べ時間。
allongement, dilatation, dilate, dilated, dilation, distend, elongation, enlarge, enlargement, expand, expansion, extend, lengthen, lengthening, magnify, prolong, prolongation, stretch

参考

  • 1. MediaWiki拡張機能一覧
[display]http://freewiki.myht.org/index.php/MediaWiki%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%B8%80%E8%A6%A7


WordNet   license wordnet

「a mutually agreed delay in the date set for the completion of a job or payment of a debt; "they applied for an extension of the loan"」

WordNet   license wordnet

「an educational opportunity provided by colleges and universities to people who are not enrolled as regular students」
extension service, university extension

WordNet   license wordnet

「amount or degree or range to which something extends; "the wire has an extension of 50 feet"」
lengthiness, prolongation

WordNet   license wordnet

「an additional telephone set that is connected to the same telephone line」
telephone extension, extension phone

WordNet   license wordnet

「act of expanding in scope; making more widely available; "extension of the program to all in need"」

WordNet   license wordnet

「act of stretching or straightening out a flexed limb」

WordNet   license wordnet

「a string of characters beginning with a period and followed by one or more letters; the optional second part of a PC computer filename; "most applications provide extensions for the files they create"; "most BASIC files use the filename extension .BAS"」
filename extension, file name extension

WordNet   license wordnet

「the ability to raise the working leg high in the air; "the dancer was praised for her uncanny extension"; "good extension comes from a combination of training and native ability"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》 / 〈C〉拡大(延長)された部分(物) / 〈C〉(電話の)内線」


関節」

  [★]

joint joints, synovial joints
juncturasynovialis, articulationes synoviales
滑膜性の連結 synovial joint junctura synovialis

種類



108C019」

  [★]

  • 50歳の男性。右足先が上がらないことを主訴に来院した。昨夜、泥酔して右脚を上にして脚を組んだ状態で寝込んでしまったところ、今朝、目覚めたときに右の足関節を背屈できなくなっていた。徒手筋力テストでは、左下肢はすべて正常、右下肢では膝関節の屈曲伸展と足関節の底屈とは正常、足関節の背屈は 2と低下している。右下腿外側と足背とに感覚低下を認める。下肢の腱反射は左右とも正常である。
  • 障害されているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108C018]←[国試_108]→[108C020

106A054」

  [★]

  • 20歳の男性。 3年前からつまずきやすくなったことを主訴に来院した。両足関節の背屈が困難で、足尖が下垂している。凹足下腿筋萎縮とを認める。同伴した父親にも軽度の下腿筋萎縮を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A053]←[国試_106]→[106A055

106F022」

  [★]

  • 32歳の男性。頚髄損傷患者。手関節背屈はできないが、肘関節の屈曲は可能である。頚椎MRIでは脊髄の連続性が絶たれている。
  • この患者で可能と考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F021]←[国試_106]→[106F023

106I018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I017]←[国試_106]→[106I019

下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


深腓骨神経」

  [★]

deep peroneal nerve (KH,M), deep fibular nerve (N,M), deep peroneous nerve (N)
nervus fibularis profundus, nervus peroneus profundus



由来

坐骨神経→'総腓骨神経'+脛骨神経
       '総腓骨神経'浅腓骨神経深腓骨神経
  • L4-S2

支配

  • 下腿の前区画

深腓骨筋神経の前区画の支配筋(下肢の筋より一部抜粋)

肉単P 筋名 起始 停止 支配神経 機能
V-1 前脛骨筋 脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-4 第三腓骨筋 腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈
V-5 長趾伸筋 脛骨(外側顆)、腓骨(前縁上方) 第2-5指(基、中、末節骨底の背面) 深腓骨神経 第2-5趾の伸展
V-6 長母趾伸筋 腓骨(及び骨間膜の前面) 母趾(末節骨底の背面) 深腓骨神経 母趾の伸展(IP関節)

走行



足関節の運動に関与する筋」

  [★]

下肢の筋
肉単 名称 背屈 底屈 内反 外反 区画 神経
U-2 腓腹筋       後区画(浅) 脛骨神経
U-3 ヒラメ筋       後区画(浅) 脛骨神経
U-5 足底筋       後区画(浅) 脛骨神経
V-7 後脛骨筋     後区画(深) 脛骨神経
V-1 前脛骨筋     前区画 深腓骨神経
V-2 長腓骨筋     外側区画 浅腓骨神経
V-3 短腓骨筋     外側区画 浅腓骨神経
V-4 第三腓骨筋     前区画 深腓骨神経


指伸筋」

  [★]

extensor digitorum (K,KL) ED, extensor digitorum communis muscle, digits ext.
musculus extensor digitorum communis
総指伸筋
筋の付着部

起始

停止

神経

機能

カテゴリー

前腕の伸筋>:前腕の伸筋

臨床関連

  • 槌指



足背屈」

  [★]

dorsiflexion of foot, foot dorsiflexion
背屈足関節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡