肥満症

出典: meddic

obesity
肥満


肥満症の診断基準

日本肥満学会 肥満症診断基準検討委員会 肥満研究2000; 6:18-28
  • 肥満と診断されたもの(BMI25以上)のうち以下のいずれかの条件を満たしているもの
  • 1. 肥満に起因ないし関連し減量を必要とするもので健康に障害のあるもの
  • 2.健康に障害を伴いやすい肥満:身体計測のスクリーニングにより上半身に肥満の疑いがあり、腹部のCTで確定診断された内臓脂肪型肥満


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/21 18:05:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヘリコバクター・ピロリ菌と生活習慣病
  • 半田 修,間嶋 淳,内藤 裕二
  • 日本予防医学会雑誌 = Journal of preventive medicine 9(2), 55-59, 2014-09
  • NAID 40020260300
  • 肥満症治療薬・セチリスタット : 2型糖尿病治療に対する有用性 (特集 大きく変わる糖尿病の薬物治療)
  • 宮崎 滋
  • 内分泌・糖尿病・代謝内科 39(3), 214-219, 2014-09
  • NAID 40020213370
  • 症例報告 甲状腺手術に前頸部脂肪組織切除術が併用された高度肥満症
  • 岩井 大,小西 将矢,安藤 奈央美 [他]
  • 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 = Official journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery 31(3), 228-231, 2014-09
  • NAID 40020211127

関連リンク

BMIで肥満と判定されても、すぐに治療を始めるわけではありません。 医学的に減量を必要とする肥満を「肥満症」といいますが、肥満症は、次の二つの場合です。
肥満症の治療 肥満症の治療には、(1)食事療法、(2)運動療法、(3)行動療法、(4)薬物療法、(5)外科的治療法があります。 基本となるのは、食事療法と運動療法です。この両者を進めるにともなって、行動療法により具体的な ...

関連画像

日本人のBMIの分布___ウェルネス 僕のお仕事:体重注意!肥満症肥満症」の概念が変わる 肥満症外来における医療安全肥満症が引き起こす健康障害は あなたは肥満?それとも肥満症?


★リンクテーブル★
国試過去問101E027」「097G058」「105F014」「097E034」「105H013
リンク元BMI」「二次性高コレステロール血症」「ローレル指数」「肥満度」「adiposity
拡張検索筋緊張低下・知能低下・性腺発育不全・肥満症候群
関連記事肥満」「

101E027」

  [★]

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 42歳の男性。今回初めて会社の健康診断で異常を指摘され来院した。
  • 現病歴: 1年前に管理職に昇任し食事時問が不規則となり、体重が約8kg増加した。
  • 既往歴・家族歴: 特記すべきことはない。
  • 生活歴: 飲酒はビール2,000ml/日を10年間。
  • 現症: 身長172cm、体重80kg。体温36.2℃。脈拍76/分、整。血圧152/91mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1+、沈渣に赤血球5~10/1視野。
  • 血液所見:赤血球510万、Hb14.5g/dl、Ht46%、白血球7,800、血小板18万。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖118mg/dl、HbA1c5.2%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.5g/dl、アルブミン4.2g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、尿酸9.5mg/dl、総コレステロール240mg/dl、トリグリセライド170mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、AST38IU/I、ALT45IU/l、LDH280IU/l(基準176~353)、ALP120IU/l(基準260以下)、γ-GTP94IU/l(基準8~50)、アミラーゼ136IU/l(基準37~160)、Na 140mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 102mEq/l、Ca 10.0mg/dl、P3.2mg/dl。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101E026]←[国試_101]→[101E028

097G058」

  [★]

  • 生活習慣病とそのリスク要因の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G057]←[国試_097]→[097G059

105F014」

  [★]

  • 頻尿の原因で誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105F013]←[国試_105]→[105F015

097E034」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097E033]←[国試_097]→[097E035

105H013」

  [★]

  • 赤沈が亢進するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H012]←[国試_105]→[105H014

BMI」

  [★]

body mass index, BMI
体型指数カウプ指数 Kaup指数 Kaup's index Kaup index
カウプ・ダーヴェンポート指数 Kaup-Davenport index
肥満症、比体重、ローレル指数(学童の肥満の判定)

成人

  • 標準的な範囲 20< <24
  • 標準 22

乳幼児

  • 月齢3-12ヶ月:正常:15-18。肥満:>18。やせ:<15

カウプ指数

体重(g)/身長(cm)^2 = 正常範囲15-18

計算

数字を入力してenterを押す。

cm & kg ⇔ BMI:


肥満の判定

日本肥満学会による分類
  • 18.5≦ <25 :普通体重
  • 25 ≦ <30 :肥満(1度)
  • 30 ≦ <35 :肥満(2度)
  • 35 ≦ <40 :肥満(3度)
  • 40 ≦    :肥満(4度)



二次性高コレステロール血症」

  [★]

高コレステロール血症

LDL-C上昇

食事

薬物

疾患

内分泌疾患

TG上昇

食事

  • 体重増加
  • 超低脂肪食
  • 炭水化物の大量摂取
  • アルコール多飲

薬物

疾患

内分泌疾患

ローレル指数」

  [★]

Rohrer index, Rohrer's index RI
Rohrer指数
カウプ指数肥満症


  • 主に学童の肥満の判定に使用される。160を超えた場合を肥満とすることが多い(SPE.10)
  • 体重(g)/身長3(cm) x 104
正常範囲(110-160) (SPE.10)


cm & g ⇔ RI:



肥満度」

  [★]

degree of obesity, obesity index
肥満症肥満ブローカ指数


定義

  • ( 実測体重 - 標準体重 ) / 標準体重 × 100 (%)
標準体重に対する実測体重の過少を百分率で表した者。

判定

学校保健

  • 肥満度20%以上の割合は減少傾向である。

参考

  • 1. 学校保健統計調査 - 文科省
[display]http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/1268826.htm
  • 2. 体力・運動能力調査 - 文科省
[display]http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa04/tairyoku/1261241.htm


adiposity」

  [★]

  • n.
adiposisadipositasfatnessobeseobesitysteatosis

WordNet   license wordnet

「having the property of containing fat; "he recommended exercise to reduce my adiposity"」
adiposeness, fattiness


筋緊張低下・知能低下・性腺発育不全・肥満症候群」

  [★] プラダー・ウィリー症候群


肥満」

  [★]

obesity
肥満症
overweight

定義

  • 体脂肪が異常に蓄積した状態
  • 日本肥満学会による定義ではBMI 25以上を肥満としている。
  • その他に、標準体重の20%以上増加(肥満度が20%以上ということ)、体脂肪率で男性25%、女性30%以上を肥満とする定義がある。

分類

病態

  • 2. 続発性肥満:何らかの先行素因に続発する肥満
シプロヘプタジンクロルプロマジンフェノチアジン

重症度

日本肥満学会によるBMIの肥満分類
  • 低体重   18.5>
  • 普通体重 18.5≦ <25
  • 肥満(1度) 25≦ <30
  • 肥満(2度) 30≦ <35
  • 肥満(3度) 35≦ <40
  • 肥満(4度) 40≦

肥満に合併する疾患

  • 脳血管障害、心疾患(心肥大等)、動脈硬化、呼吸器疾患(睡眠時無呼吸症候群)、脂肪肝、胆石症、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎疾患、月経異常、関節痛




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡