肝静脈

出典: meddic

hepatic vein (Z)
venae hepaticae
下大静脈門脈


  • 右肝静脈:左葉の前後区域間を走行。S5+S8 と S6+S7 の間を走行。
  • 中肝静脈:前区域と左内側区域間に沿って走行。走行は右葉と左葉間のRex-Cantile線と一致。S1-4とS5-8を分ける
  • 左肝静脈:左外側区域の上下亜区域肝を走行。中肝静脈と合流して下大静脈に注ぐ。




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 手術症例報告 肝移植後の下大静脈ステント留置による右肝静脈閉塞症に対して, 内頸静脈グラフトを用いた脾腎シャント形成術が有効だった1例
  • 山田 貴子,田中 紘一,瓜生原 健嗣 [他]
  • 手術 65(12), 1827-1831, 2011-11
  • NAID 40019056717
  • 肝静脈再建を伴う肝切除 (特集 肝胆膵高難度手術のすべて) -- (血管合併切除再建)
  • 青木 琢,三瀬 祥弘,長谷川 潔 [他]
  • 手術 65(10), 1523-1530, 2011-09
  • NAID 40018975628
  • 肝内側区域切除 (特集 肝胆膵高難度手術のすべて) -- (肝臓手術)

関連リンク

右肝静脈:左葉の前後区域間を走行。 ... 手術症例報告 肝移植後の下大静脈ステント 留置による右肝静脈閉塞症に対して, 内頸静脈グラフトを用いた脾腎シャント形成術が ... 肝静脈再建を伴う肝切除 (特集 肝胆膵高難度手術のすべて) -- (血管合併切除再建) ...
肝は肝動脈と門脈の2つの血管により栄養を受け、血流は肝静脈から肝外へと流れる。 肝動脈は、大動脈から分岐した腹腔 ... 肝臓を胆嚢と下大静脈を結ぶ主分割面(Cantlie line、カントリー線)によって左葉と右葉に分割する。左葉はさらに肝鎌状間膜により ...

関連画像

下大静脈 ・・・・・ IVC inferior 肝静脈 本(肝静脈)を有している肝静脈系liver図は1)より,引用.脳死全肝移植肝臓の構造


★リンクテーブル★
先読み門脈」「下大静脈
国試過去問105B004」「108E031」「087B042」「096G039」「099D109
リンク元解剖学」「肝臓」「中肝静脈」「右肝静脈
拡張検索閉塞肝静脈圧」「左肝静脈」「開放肝静脈圧
関連記事静脈

門脈」

  [★]

portal vein PV
vena portae hepatis, vena portae


  • KH. 149,153,164

門脈の側副路

-門脈&側副路
KH. 154
-門脈系の側副循環路
KH. 249
-門脈の側副路(門脈大静脈吻合)
N.302
  • 側副路
    1. 食道 :left gastric vein - esophageal venous plexus - azygos vein, hemiazygos vein
    2. 臍傍 :paraumbilical vein - superior epigastric vein, inferior epigastric vein
    3. 直腸 :superior rectal vein - middle rectal vein, inferior rectal vein
    4. 腹膜後:colic vein, splenic vein - renal vein, veins of the posterior body wall



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連


下大静脈」

  [★]

inferior vena cava (Z), IVC
vena cava inferior


走行

枝 (KL.409)

  1. 腰静脈
  2. 精巣静脈・卵巣静脈
  3. 腎静脈
  4. 肝静脈
  5. 下横隔静脈

臨床関連

  • エコーによる下大静脈の拡大 → 静脈血のうっ滞
参考1
右房圧 下大静脈径 呼吸性変動
5mmHg ≦18mm あり
10mmHg ≧18mm あり
15mmHg なし

参考

  • 1.
[display]http://www.us-kensahou-seminar.net/muse4/ch2/sub5/index.html



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


105B004」

  [★]

  • 肝臓の解剖で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105B003]←[国試_105]→[105B005

108E031」

  [★]

  • 門脈に流入するのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E030]←[国試_108]→[108E032

087B042」

  [★]

  • 肝細胞癌について正しいのはどれ。2つ。

096G039」

  [★]

  • Glisson鞘内に存在しないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G038]←[国試_096]→[096G040

099D109」

  [★]

  • 生体肝移植で再建しないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D108]←[国試_099]→[099D110

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

  • 肝動脈:約30%の血流を供給
  • 門脈:約70%の血流を供給
  • 肝静脈

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




中肝静脈」

  [★]

middle hepatic vein middle hepatic veins venae hepaticae mediae
肝静脈肝区域
  • 前区域と左内側区域間に沿って走行
  • 走行は右葉と左葉間のRex-Cantile線と一致
  • S1-4とS5-8を分ける

右肝静脈」

  [★]

肝静脈肝区域
  • 左葉の前後区域間を走行 (SSUR.582)
  • S5+S8 と S6+S7 の間を走行するということか


閉塞肝静脈圧」

  [★]

wedged hepatic venous pressure WHVP, hepatic venous wedge pressure
閉塞性肝静脈圧
特発性門脈圧亢進症門脈圧亢進症
[show details]


概念

  • 肝静脈が下大静脈に流入する部位で閉塞させたときに測定される圧。
  • カテーテルを下大静脈から肝静脈に嵌入させて末端圧を測定する。
  • 類洞における血流が完全に停止するのに必要な圧にほぼ比例する。(参考3)
  • 肝静脈末端圧。
  • 正常では門脈圧 PVP ≒ 類洞内圧 ≒ 閉塞肝静脈圧 WHVP

病態との関連

正常値

  • 70-80mm/H2O

参考

  • (1)
[display]http://blog.livedoor.jp/idiacorp/archives/1605441.html
  • 2. suuchan.net
[display]http://suuchan.net/note/Chapter-040803.html
  • 3.
[display]http://blog.livedoor.jp/idiacorp/archives/1605441.html


左肝静脈」

  [★]

left hepatic vein
肝静脈肝区域
  • 左外側区域の上下亜区域肝を走行。中肝静脈と合流して下大静脈に注ぐ。(SSUR.582)

開放肝静脈圧」

  [★]

free hepatic venous pressure FHVP
肝静脈



静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡