肝臓疾患用剤

出典: meddic

商品

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • システイン含有肝臓疾患用剤の補体活性への影響〔含 議論〕 (第161回必須アミノ酸研究協議会)
  • 藤沢 由美子,坂本 元子
  • 必須アミノ酸研究 (155), 18-22, 1999-11-00
  • NAID 40004237647
  • マウス臓器中のメタロチオネイン濃度に対する化合物の影響(第4報)肝臓疾患用剤による肝臓メタロチオネイン濃度の増加
  • 小野坂 敏見,越智 洋子,閔 庚善,藤田 由紀,田中 慶一,田代 真一
  • 衛生化学 35(5), 328-332, 1989-10-31
  • The concentration of metallothionein in the liver of mice injected with drugs for hepatic diseases was determined, and the following results were obtained. 1. The concentration of metallothionein in t …
  • NAID 110003643588

関連リンク

後発医薬品(付加価値型)のニプロです。ヒシファーゲンC静注20mLシリンジ(横口タイプ)(包装単位=20mL×10シリンジ(横口))の詳細をご紹介。ヒシファーゲンC静注20mLシリンジ(横口タイプ)の薬効分類=391 肝臓疾患用剤;449 ...
全国の動物病院・獣医師さんに、11,300アイテム以上の医療材料・医療機器や医薬品を、最短当日、ひとつから迅速確実にお届け。 ... 【「夏謎!謎解きキャンペーン」正解発表!】夏得企画「夏謎!謎解きキャンペーン」の正解施設様 ...
プロルモン錠20mgプロトポルフィリン二ナトリウム 田辺三菱製薬株式会社 細胞膜安定化作用や肝臓の局所血流の改善などにより、肝機能を改善します。 通常、慢性肝疾患における肝機能の改善に用いられます。 リバオール散10% ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みアスファーゲン
リンク元医療用医薬品」「ヒシファーゲンC」「アミファーゲン」「グルコリンS」「強力ネオミノファーゲンシーP
関連記事肝臓」「疾患」「

アスファーゲン」

  [★]

リシンL-システイングリチルリチン酸


医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


ヒシファーゲンC」

  [★]

肝臓疾患用剤


アミファーゲン」

  [★] グリチルリチン酸モノアンモニウム(グリチルリチン酸)、グリシン、L-システイン塩酸塩水和物(L-システイン)

肝臓疾患用剤

グルコリンS」

  [★] グリチルリチン酸一アンモニウム(グリチルリチン酸)、L-システイン塩酸塩水和物(L-システイン)、グリシン

肝臓疾患用剤


強力ネオミノファーゲンシーP」

  [★] グリチルリチン酸一アンモニウム(グリチルリチン酸)、グリシン、L-システイン塩酸塩水和物(L-システイン)

肝臓疾患用剤


肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素

画像

CT


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡