肝右葉切除術

出典: meddic

right hepatectomy



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-10-30 妊娠16週で肝右葉切除術を行った肝血管腫合併妊娠の1例(Group14 良性卵巣腫瘍・症例3,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 西本 昌司,陌間 亮一,武居 智信,牧原 夏子,鈴木 嘉穂,出口 雅士,中林 幸士,宮原 義也,蝦名 康彦,吉田 茂樹,山田 秀人
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 504, 2011-02-01
  • NAID 110008508939

関連リンク

肝臓には外から見てよく分かるくびれ(水色の矢印の実線)がありますが、これが右葉と 左葉の境目ではありません。 ... 葉切除、1、4、5、6、7、8区域を切除するのが右3区域 切除と呼ばれ、この4つの手術術式が肝臓手術の基本に ...
肝臓は大きく右葉、左葉の二つの葉からなり、さらに8つの部分(亜区域)に分けられます (図)。肝切除術は、切り方によって部分切除、亜区域切除、区域切除、葉切除、拡大葉 切除、3区域切除などの種類があります。これらの部分は肝臓に印が付いているわけ ...

関連画像

肝葉切除術(図5:右葉切除 肝臓の右葉を切除した直後  切除再建先行拡大肝右葉切除術肝細胞癌(右葉切除術)肝 葉 切除 右 葉 切除 や 左 葉 肝葉切除術(図5:右葉切除


★リンクテーブル★
国試過去問107A036」「098A032」「095G027
拡張検索拡大肝右葉切除術
関連記事切除」「切除術」「」「右葉切除

107A036」

  [★]

  • 68歳の女性。心窩部痛を主訴に来院した。昨日から心窩部痛が出現し、次第に増悪してきたため受診した。意識は清明。体温37.8℃。脈拍92/分、整。血圧186/78mmHg。呼吸数16/分。眼球結膜に黄染を認めない。心窩部に圧痛を認める。肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球419万、Hb 12.7g/dl、Ht 38%、白血球17,200(桿状核好中球7%、分葉核好中球76%、単球3%、リンパ球14%)、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.0g/dl、尿素窒素11mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、AST 51IU/l、ALT 120IU/l、ALP 390IU/l(基準115~359)、γ-GTP 70IU/l(基準8~50)、アミラーゼ40IU/l(基準37~160)。CRP 20mg/dl。腹部単純CT(別冊No.13)を別に示す。抗菌薬の投与と経皮経肝胆嚢ドレナージとを行った。
  • 次に行う治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A035]←[国試_107]→[107A037

098A032」

  [★]

  • 18歳の男子。自家用車でスピードの出し過ぎのため、カーブを曲がりきれずに塀に激突し、救急車で来院した。
  • 右上腹部に軽度の鈍痛を訴える。意識は清明。呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧120/84mmHg。右前胸部と上腹部とに擦過傷と皮下出血とを認める。
  • 血液所見:赤血球345万、Hb10.5g/dl、Ht32%、白血球8,500、血小板26万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.0g/dl、尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST135単位(基準40以下)、ALT222単位(基準35以下)、LDH440単位(基準176~353)。
  • 胸部エックス線写真で右第9肋骨に骨折を認める。腹部造影CTを以下に示す。
  • この患者の治療方針として適切なのはどれか。
  • a. 輸液で注意深く観察する。
  • b. 直ちに濃厚赤血球輸血を行う。
  • c. 腹腔穿刺ドレナージを行う。
  • d. 開腹ドレナージを行う。
  • e. 肝右葉切除術を行う。


[正答]
※国試ナビ4※ 098A031]←[国試_098]→[098A033

095G027」

  [★]

  • 63歳の女性。全身倦怠態と上腹部不快感とを訴えて来院した。右肋骨弓下に肝を3cm触知する。血液所見:赤血球352万、白血球2,500、血小板12万。血清生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン2.8 g/dl、総ビリルビン2.4 mg/dl、GOT84単位(基準40以下)、GPT48単位(基準35以下)。AFP 169 ng/ml(基準20以下)、CEA 3.7 ng/ml(基準5以下)。ICG試験(15分値)24%(基準10以下)。 HBs抗原陰性、HCV抗体陽性。腹部単純CTを以下に示す。また、経動脈性門脈造影で門脈本幹の閉塞がみられた。
  • 最も適切な治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095G026]←[国試_095]→[095G028

拡大肝右葉切除術」

  [★]

extended right hepatectomy


切除」

  [★]

横切横切開横断横断面消失切除術切除法切断摘出摘出術摘除摘除術離断アブレーション切り取る焼灼焼灼術


切除術」

  [★]

excision, resection
捻除術 exeresis
切除切除法摘出摘出術摘除摘除術



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


右葉切除」

  [★]

right hepatectomy




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3