肉眼的血尿

出典: meddic

macroscopic hematuria, macrohematuria
顕微鏡的血尿血尿尿検査
  • 肉眼的に判別できる程度に血液を混じた尿。
  • 尿1Lに1ml以上(0.1%以上)の血液が混在すれば肉眼的に認められる。




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 不全型Fanconi症候群を呈したDent-1の2歳男児および多発性腎結石による肉眼的血尿を呈したDent-2の6カ月男児例
  • 症例報告 肉眼的血尿を認めてから半年の経過で死亡した尿管原発未分化癌の1例
  • 日本泌尿器科学会雑誌 = The Japanese journal of urology 106(2), 103-108, 2015-04
  • NAID 40020435532
  • 腎盂に発生した破骨細胞型巨細胞を伴う尿路未分化癌(Osteoclast-rich undifferentiated carcinoma of the urinary tract)の1例

関連リンク

肉眼的血尿(目で確認できる血尿). ピンク色、鮮紅色の尿、ワイン色. 多くは膀胱から 尿道までに出血個所がある。 例外はまれに大量の腎、尿管出血がある。 出始めから出 終わりまで全部血尿の場合, 膀胱。腎尿管の多量出血。
肉眼的血尿患者は泌尿器科的疾患を想定した検査が進められるが 本委員会でも検討 を行いガ. イドラインとして提唱した。長い歴 を重ねてきた学童検診における血尿の 取り扱いも 再度検討の. 上 ガイドラインとしてまとめた。尿試験紙潜血反応の感度が 商品 ...

関連画像

ketsunyofl.gif配布 されて いた r25 に 血尿 顕微鏡的血尿では,それほど  の始りも「顕微鏡的血尿」からイメージ 1血尿」について


★リンクテーブル★
先読み尿検査」「顕微鏡的血尿
国試過去問106D021」「103C024」「107I063」「098H045」「104A037」「103A001」「103D018」「102I005」「105B015
リンク元着色尿
関連記事血尿」「尿」「肉眼」「肉眼的

尿検査」

  [★]

urinalysis, urine test, urine examination, urine dipstick test
検尿
尿


意義

腎臓および尿管、膀胱、尿道の機能の異常、感染をつかむことができる。

採尿

SURO.49
  • 採尿後1時間以内の新鮮尿を用いる。
  • 男性:中間尿
  • 女性:外陰部を消毒し中間尿。細菌培養検査にはカテーテル尿が望ましい
  • 乳幼児:自己採尿が難しい場合、外陰部を消毒し、プラスチックバックにて採尿。細菌培養検査にはカテーテル尿が望ましい。恥骨上から膀胱穿刺する方法もある。

方法

尿検査は尿試験紙法を用いる。採取した尿に試験紙を浸し、試験紙の色の変化を目視によりサンプルと照らし合わせて決定する。尿沈渣は染色し、顕微鏡にて観察する。また、フローサイトメトリーにて成分を分け数量を決定する。

注意

試験紙法は人が目視で行っているので、人がかわると結果も異なってくる可能性を考慮しておく。沈渣も個数はフローサイトメトリーによりだいたい正確に決定されているが、沈渣の円柱の分類などは人の目で決めているので、人による誤差があることを理解しておく。



顕微鏡的血尿」

  [★]

microscopic hematuria, microhematuria
潜血尿 occult hematuria
血尿


顕微鏡的血尿を来すもっとも一般的な糸球体の原因 (100Cases p.158)

フォローアップ

  • 持続的に顕微鏡的血尿がみられる場合、尿検査・超音波検査を施行後に、外来フォローアップの目安は3年毎。
  • 顕微鏡血尿では10-20年後も78%の例で血尿を認める。3年以上経過して泌尿器科悪性腫瘍日発展する例は稀(内科診断リファレンスp.349)


106D021」

  [★]

  • 66歳の男性。体重増加と著明な浮腫とを主訴に来院した。 4か月前に足部の浮腫を自覚した。次第に靴が履きにくくなり、体重が7kg増加した。息子と娘がいるが、生来健康である。身長165cm、体重70kg。脈拍76/分、整。血圧142/86mmHg。呼吸数16/分。両側の下腿と大腿とに浮腫を認める。尿所見:蛋白3+、糖(-)、潜血(±)、沈渣に赤血球1-4/1視野、白血球0-1/1視野。血液生化学所見:空腹時血糖80mg/dl、総蛋白4.0g/dl、アルブミン2.0g/dl、尿素窒素24mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、 LDLコレステロール200mg/dl(基準65-139)。胸部エックス線写真で両側に胸水を認める。腎生検のPAM染色標本(別冊No. 6A)と電子顕微鏡写真(別冊No. 6B)とを別に示す。
  • この患者に説明すべきこととして適切なのはどれか。
  • a 肉眼的血尿を生じる。
  • b 子どもに同じ病気が発症する。
  • c 悪性腫瘍が出現する可能性がある。
  • d 数年後に透析を導入する必要がある。
  • e くも膜下出血を発症する可能性がある。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D020]←[国試_106]→[106D022

103C024」

  [★]

  • 57歳の男性。今朝から始まった肉眼的血尿を主訴に来院した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は20本/日を37年間。意識は清明。身長163cm、体重60kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧 136/84mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直腸診で前立腺はくるみ大で、硬結と圧痛とを認めない。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血3+、沈渣に赤血球多数/1視野、白血球5~10/1視野。血液所見:赤血球486万、Hb 15.2g/dl、Ht 45%、白血球 6,300、血小板 28万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 4.5g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 7.1mg/dl、AST 26IU/l、ALT 18IU/l、LD<LDH> 258IU/l(基準176~353)、ALP 212IU/l(基準115~359)、Na 143mEq/l、K 4.6mEq/l、Cl 104mEq/l。免疫学所見:CRP 0.2mg/dl、PSA 1.2ng/dl(基準4.0以下)。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C023]←[国試_103]→[103C025

107I063」

  [★]

  • 54歳の男性。肉眼的血尿を主訴に来院した。2週前と3日前とに肉眼的血尿に気付いた。排尿痛はない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は20本/日を34年間。身長167cm、体重59kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧138/80mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直腸指診でクルミ大、弾性軟の前立腺を触知する。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1+、沈渣に赤血球5~10/1視野、白血球0~2/1視野。尿細胞診クラスⅡ(陰性)。膀胱内視鏡では可動性のある乳頭状の有茎性の腫瘤を認める。膀胱内視鏡像(別冊No.20)を別に示す。
  • 次に行う対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I062]←[国試_107]→[107I064

098H045」

  [★]

  • 50歳男性の腹部単純CTを以下に示す。
  • この患者に適合する来院理由と血清生化学所見の組合せはどれか。
   来院理由          尿素窒素(mg/dl)    クレアチニン(mg/dl)
  • a. 背部痛            : 12           0.8
  • b. 肉眼的血尿         : 16           0.9
  • c. 排尿障害           : 23           1.2
  • d. 貧血              : 66           8.2
  • e. 多発性嚢胞腎の追跡調査 : 80           9.1


[正答]
※国試ナビ4※ 098H044]←[国試_098]→[098H046

104A037」

  [★]

  • 67歳の男性。凝血塊を伴う肉眼的血尿を主訴に来院した。膀胱内視鏡写真(別冊No. 16)を別に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A036]←[国試_104]→[104A038

103A001」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I080]←[国試_103]→[103A002

103D018」

  [★]

  • IgA腎症で腎機能低下の予測因子となるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D017]←[国試_103]→[103D019

102I005」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I004]←[国試_102]→[102I006

105B015」

  [★]

  • 肉眼的血尿を認めないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105B014]←[国試_105]→[105B016

着色尿」

  [★]

chromaturia
肉眼的血尿
  • 尿中に内因性色素や外因性色素が増加して、正常尿と異なる色調を呈するようになった尿




血尿」

  [★]

hematuria
顕微鏡的血尿肉眼的血尿尿潜血尿沈渣

概念

  • 赤血球が混入している尿をいう

分類

  • 顕微鏡的血尿:≧5個/HPF 
  • 肉眼的血尿:尿1000mlに1-2mlの血液が混入している場合(0.1-0.2%)
  • 症候性血尿:膀胱刺激症状(膀胱炎、膀胱結石)、疼痛(尿路結石などによる尿路閉塞)、排尿困難(尿路狭窄)、発熱
  • 無症候性血尿:尿路悪性腫瘍、腎動静脈奇形

尿潜血尿沈渣の関連

内科診断リファレンス.346
  • 尿潜血(1+) ・・・ 尿沈渣 1桁
  • 尿潜血(2+) ・・・ 尿沈渣 2桁
  • 尿潜血(3+) ・・・ 尿沈渣 3桁

原因


資料

  • 血尿診断ガイドライン
[display]http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/guideline/hyo-ketsunyo.pdf
  • 血尿診断ガイドライン2013
[display]http://www.jsn.or.jp/guideline/pdf/hugl2013.pdf
  • 尿沈渣の見方 血尿と腎疾患
[display]http://www.city.fukuoka.med.or.jp/kensa/ensinbunri/enshin_58_x.pdf




尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど


肉眼」

  [★]

grossmacroscopic
巨視的全体総量ひどい肉眼的

肉眼的」

  [★]

gross
全体総量ひどい肉眼




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡