聴診

出典: meddic

auscultation


  • 頚部:総頚動脈、甲状腺
  • 胸部:肺、心臓
  • 腹部:腸蠕動音、大動脈雑音
  • 下肢:大腿動脈雑音


肺音の聴診

連続性 吸気時 strider       気道狭窄音 気道狭窄音
連続性 低調整 呼気時 rhonchi   ≦200Hz >250ms   COPD気管支喘息気管支拡張症びまん性汎細気管支炎
連続性 高調性 呼気時 wheeze   ≧400Hz >250ms 気管壁がフラッタリングすることで発生 COPD気管支喘息気管支拡張症びまん性汎細気管支炎気管支喘息では複数の様々な音声が発生し、random polyphonic wheezes
連続性/断続性 高調性 吸気時 squawk     ≦100ms 吸気により細い気管支が再開放する時に、気管支壁が短時間共振し発生 間質性肺炎肺線維症びまん性汎細気管支炎過敏性肺臓炎ウェゲナー肉芽腫症気管支拡張症石綿肺
断続性 低調整 吸気時 coarse crackle early inspiratory crackle 250-500Hz 10~25ms 太い気道内の分泌液の膜の前後に、吸気時の圧較差が生じ、それが破れるときに発生。個々の音はfine crackleより長め 気管支拡張症COPDびまん性汎細気管支炎、進行した肺水腫
断続性 高調性 吸気時 fine crackle late inspiratory crackle 500~1000Hz ≦5ms 呼気時に閉塞した末梢気道が吸気時に再開放されるときに発生 特発性間質性肺炎特発性肺線維症石綿肺過敏性肺炎、肺水腫初期



  • 腹部




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/04/03 13:54:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 呼吸音信号による無気肺症状検出
  • 薗田 光太郎,小森田 健,滝川 雄,喜安 千弥,宮原 末治
  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 111(89), 13-18, 2011-06-16
  • … 気道や気管の閉塞によって肺換気機能が低下する無気肺の症状を,電子聴診器によって収録される呼吸音信号から観察することを検討した.通常の聴診において無気肺は,正常時に比べて呼吸音の音の大きさの低下や,左右の同一部位での音の大きさの不均衡などから発見されるが,医師の主観的な判断に基づくものであるため,呼吸流速計や血中酸素濃度計など客観的指標が用いられてきた.本報告では,収 …
  • NAID 110008746308
  • 肺音聴診シミュレータを用いた肺音聴診実習の教育効果
  • 有村 保次,小松 弘幸,柳 重久,松元 信弘,岡山 昭彦,林 克裕,中里 雅光
  • 日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 49(6), 413-418, 2011-06-10
  • NAID 10029088312
  • スパース表現による異常肺音の抽出(一般,音声・音響信号処理,音声及び一般)
  • 酒井 智弥,里元 はるか,喜安 千弥,宮原 末治
  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 111(28), 131-136, 2011-05-05
  • … 電子聴診器で聴取した肺音の信号解析による診断支援のため,肺音信号のスパース表現による異常肺音の抽出を試みる.呼吸音以外に聴取される異常な肺音はラ音と呼ばれ,連続音と断続音に分類される.それゆえ,肺音信号はいくつかの連続的な信号と断続的な信号の混合物としてスパース表現できる.この例として,正弦波とDaubechiesウェーブレットによる単純な過完備基底によって呼吸音と断続性ラ音を分離できることを示 …
  • NAID 110008726137

関連リンク

聴診(ちょうしん)とは診察の項目のうち音を聴き取って行うものである。聴診器を使う 間接聴診と、直接体壁に耳をつけて聴く直接聴診とがある。 胸部聴診では心音や心 雑音、頸動脈雑音、呼吸音などを聞き、腹部聴診では腹部血管雑音、グル音を聞く。
聴診器(ちょうしんき。英: stethoscope、英語発音: /ˈsteθəˌskoup/ ステソスコゥプ)は 、物体の表面に接触させ、内部から発生する可聴域の振動(伝導音)を増幅させて聴く 道具。医療における聴診の道具の1つとして発達し、心臓・肺・血管等が発生する音を 聴く ...
e-Learningによる「聴診」トレーニングのすすめ. 聴診は、ハイテク診療機器に依存する ことなく、また患者に過度の負担をかけることなく、正確な臨床診断を行うために欠かせ ない手技の一つです。 しかし短期間にあらゆる種類の心疾患患者に巡り会うことは困難 ...

関連画像

聴診 画像 id 643373 カンプ 医療 看護 心音 聴診 部位肺 音 の 聴診聴診のPOINT図2肺音聴診部位記載法1


★リンクテーブル★
国試過去問098F039」「107H034」「098F014」「104F022」「106I070」「105H029」「106G023」「103H009」「097E018」「104H007」「103B012」「097E036
リンク元100Cases 93」「心臓」「連続音」「副雑音」「auscultation
拡張検索心臓聴診部位」「核聴診器

098F039」

  [★]

  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 8か月の乳児。顔色不良を主訴として来院した。
  • 現病歴 : 15時間前に発熱と不機嫌とに母親が気付いた。その後患児は入眠したがすぐ覚醒した。1時間前に顔色不良と元気がないこととが認められた。
  • 既往歴 : BCGは接種済み。1か月前に突発性発疹に罹患している。
  • 現症 : 体重8,410g。体温38.2℃。呼吸数60/分。脈拍160/分、整。顔色は不良で、顔貌は無欲様である。周囲に対する関心が乏しい。背臥位で頭部を持ち上げ前屈させると抵抗があり、同時に股関節と膝関節とが屈曲する。検査所見2%、好中球56%、単球7%、リンパ球35%)、血小板10万。CRP11mg/dl(基準0.3以下)。血液所見:赤血球394万、Hb10.7g/dl、白血球14,500(後骨髄球2%、好中球56%、単球7%、リンパ球35%〕、血小板10万、CRP11mg/dl(基準0.3以下)。
  • この患児の診断に重要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F038]←[国試_098]→[098F040

107H034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。胸痛を主訴に来院した。
  • 現病歴:半年前に重い荷物を運んだ時に前胸部全体に締め付けられるような胸痛を自覚したが、数分で消失した。胸痛時には左肩にも痛みが広がった。その後も胸痛を感じるため受診した。受診時には胸痛はない。胸痛は体位を変換したり、自分で胸部を押さえても生じない。息切れや体重増加はない。
  • 既往歴:60歳時から高血圧症と脂質異常症とで治療中。糖尿病は指摘されていない。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を55年間。飲酒歴はない。
  • 家族歴:父親が肺癌のため75歳で死亡。母親が脳梗塞のため80歳で死亡。
  • この患者に合併しやすい疾患を念頭において身体診察を行うこととした。重要度が低いのはどれか。
  • a 両側の頸部の聴診
  • b 両側上肢の血圧測定
  • c 起立時の血圧測定
  • d 上腹部聴診
  • e 足背動脈の触診


[正答]


※国試ナビ4※ 107H033]←[国試_107]→[107H035

098F014」

  [★]

  • 28歳の女性。腹痛を訴えて来院した。
  • 2日前から心窩部に重苦しい痛みが出現し、嘔気があった。体温は37.4℃であった。
  • 今朝から痛みは右下腹部に移動し、我慢できないほど強くなった。階段を降りるときには、右下腹部に痛みが響く。下痢はなく、2日前に排便があった。月経は1週前に終わっている。24歳時に帝王切開で出産した。
  • 意識は清明。体温37.8℃。脈拍104/分、整。血圧136/86mmHg。血液所見:赤血球390万、Hb11.9g/dl、Ht35%、白血球18,000。
  • この患者で可能性が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F013]←[国試_098]→[098F015

104F022」

  [★]

  • 54歳の男性。昨日、鎖骨下穿刺によって中心静脈路を確保した。直後の胸部エックス線写真で異常を認めなかった。今朝から咳と胸部の違和感とを訴えている。血圧120/64mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)98%、胸部の聴診で呼吸音の左右差を認める。
  • まず行う検査はどれか。
  • a 心エコー検査
  • b 胸腔試験穿刺
  • c 血管内視鏡検査
  • d 鎖骨下静脈造影
  • e 胸部エックス線撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 104F021]←[国試_104]→[104F023

106I070」

  [★]

  • 7歳の男児。学校の健康診断心雑音を指摘されたため来院した。チアノーゼを認めない。胸部聴診上、吸気時と呼気時とでII音が分裂し、収縮期雑音を聴取する。
  • これらの所見の聴診に最も通した部位はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I069]←[国試_106]→[106I071

105H029」

  [★]

  • 28歳の女性。息切れ下腿浮腫とを主訴に一人で来院した。診察室は男性医師一人である。
  • 診察に際し、対応として適切なのはどれか。
  • a 身体診察は行わない。
  • b 血圧脈拍のみ測定する。
  • c 衣類の上から診察をする。
  • d 胸部の聴診は背部のみ行う。
  • e 女性の看護師を同席させて診察をする。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H028]←[国試_105]→[105H030

106G023」

  [★]

  • 疾患聴診所見の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G022]←[国試_106]→[106G024

103H009」

  [★]

  • 腹部診察で誤っているのはどれか
  • a. 視診で腹部の膨隆は腹水を疑う。
  • b. 聴診で金属性雑音は腸管通過障害を疑う。
  • c. 打診で鼓音部はガスが充満している。
  • d. 触診は疼痛部から始める。
  • e. 触診反跳痛は腹膜刺激症状である。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H008]←[国試_103]→[103H010

097E018」

  [★]

  • 診察法と所見の組合せで適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097E017]←[国試_097]→[097E019

104H007」

  [★]

  • 胸部診察について正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H006]←[国試_104]→[104H008

103B012」

  [★]

  • 組合せで診断に有用でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B011]←[国試_103]→[103B013

097E036」

  [★]

  • 肺水腫で認められないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097E035]←[国試_097]→[097E037

100Cases 93」

  [★]

79歳男性
主訴易疲労感
現病歴】娘につれられてGP来院。娘が言うにはとても疲れていて、人生興味を失っているそうだ。5、6週間まえから漠然とした不快感を訴えている。今回にかけ体重が数キロ減っているように感じると娘はいうが、定期的体重を測っているわけではない。1年やそこらの間に疲れで激しい活動に制限がある。時に無理をすると胸が締め付けられる感覚がある。
既往歴】特になし
【嗜好歴】タバコ20本/日、酒1?2パイントのギネスを毎土日
【薬剤歴】パラセタモール頓用
【システミックレビュー?】先月から食欲が低下している。夜尿により時に眠りが妨げられる。ここ数週間のうち2、3回夜寝汗で目覚めている。
家族歴】特になし
【社会歴】小売業店長を引退し、犬を飼っている?
診察
HR70/min、BP110/66mmHg、指は、ばち指なし、右手の指と爪にタールが染み付いている。頸静脈圧正常、心尖拍動鎖骨中線から2cmの位置にある。聴診で3/6の収縮期駆出性雑音頸部放散しており、弱い拡張早期雑音が下左の傍胸骨縁に聞かれる。腹部神経系に異常は見られない。尿はきれいに見えるが、検査潜血が見られた。尿沈渣赤血球が見られた。胸部X線で心臓がやや肥大していた。
検査
ヘモグロビン↓、白血球↑、好中球↑、赤沈
心電図は参照

心臓」

  [★]

heart
cor
循環器

性状

  • 約300g。

体表解剖

  • 心臓の上縁:左の第2肋軟骨の下縁と右の第3肋軟骨を結ぶ線上
  • 心臓の右縁:右の第3肋軟骨から右の第6軟骨に向かう線。この線は外側に向かって弓状をなす。
  • 心臓の下縁:右縁の下端から第5肋間隙で左鎖骨中線の近くに向かう線
  • 心臓の左縁:上縁と下縁を外側に凸となる曲線で結んだ線

機能血管

動脈

静脈

心臓の栄養動脈 (M.92)

  • 洞房結節枝
  • 右縁枝
  • 後下行枝 = 後室間枝
  • 房室結節枝
  • 左前下行枝
  • 対角枝
  • 回旋枝
  • 左縁枝


心臓の栄養静脈 (M.95)

心臓の静脈の特徴

心音の聴診

  • 聴診

心臓の生理

  • 酸素供給能 = 心臓の送血能 x 血液のHb量 x (動脈の酸素飽和度(肺) - 静脈の酸素飽和度(末梢))
  • 心臓の酸素消費量と仕事



連続音」

  [★]

continuous sound
聴診呼吸音ギーギー音ラ音


連続音

参考1 手技みえ.85
  • 高音性
  • 笛音  :weezes wheezing:   呼気:呼気の終末で。細気管支の狭窄。気管支喘息
  •     :stridor       :吸気・吸気:喉頭炎、外来異物
  •     :squawks       :   呼気:間質性肺炎
  • 低音性
  • いびき音:rhoncus rhonchi:吸気・呼気:上気道の狭窄。COPD、気管支拡張症

参考

  • 1. wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/Respiratory_sounds


副雑音」

  [★]

adventitious sound
聴診
  • 連続性異常肺音 continuous adventitous sounds
  • 高音性
  • 低音性
  • 断続性異常肺音 discontinuous adventitous sounds]


ラ音


auscultation」

  [★] 聴診

WordNet   license wordnet

「listening to sounds within the body (usually with a stethoscope)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「聴診」


心臓聴診部位」

  [★]

聴診


  RSB   LSB  
2 A弁, II音   P弁, II音  
3   Erb領域
4 T弁, I音
    心尖
5 M弁, I音


核聴診器」

  [★]

nuclear stethoscope
心放射図聴診器




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡