総蛋白

出典: meddic

total protein, TP
血清総蛋白



基準値

  • 6.5-8.0 g/dl(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.12)

QB

TP 6.5~8.0
Alb 4.5~5.5

臨床関連



-TP


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糖尿病性腎症を基礎疾患とした血液透析患者の機能性ディスペプシアに対する六君子湯の有用性
  • 萩原 誠也,名和 伴恭,佐川 保,種田 紳二,三澤 和史,土田 健一,秋元 祐子,坂東 秀訓,中山 秀隆,園田 智子,萬田 直紀
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(7), 543-550, 2010-07-28
  • … く腹痛,酸逆流,消化不良,下痢,便秘全ての症状で有意な改善効果が認められた.WHOQOL26による評価では,心理学的領域および生活全般領域で有意なQOLの改善が認められた.また,血液検査による評価での総蛋白の有意な上昇と,心胸郭比の低下が認められ,栄養状態が改善された可能性があることが示唆された.六君子湯は,糖尿病性腎症を基礎疾患とした血液透析患者の,FDをはじめとする機能性消化管障害に対 …
  • NAID 10026547326
  • 人間ドック受診者における慢性腎臓病と関係する因子の検討
  • 大野 絵里,石光 俊彦,本多 勇晴,大類 方巳
  • Dokkyo journal of medical sciences 37(2), 89-95, 2010-07-25
  • … 68.3%),年齢(61.7±4.6 vs 60.7±4.7歳)や肥満度(23.9± 3.0 vs 23.2± 2.5 kg/m2)に有意差はなかったが収縮期血圧が高値であった(121.3±8.9 vs.116.8±10.1 mmHg, p=0.012).また,CKD 群では白血球数(6.44±1.62 vs. 5.60±1.51×103/mm3, p=0.008),血清総蛋白(6.78±0.61 vs. 6.52±0.38 g/dL, p=0.026),空腹時血糖(97.4±10.6 vs. 93.0±9.2 mg/dL, p=0.034)などが有意に高値であり,HDL コレステロール(51.6±14.2 vs. 57.7±13.8 mg/dL, p=0.028)が低値であった.正常血圧中高齢者におけるCKD 発症の危険 …
  • NAID 110007616513
  • 透析患者の生命予後に影響する因子の解析 : 血清アルブミン値などの栄養指標に基づいて
  • 藤田 寿実子,山岡 慶之,永井 万智子,中谷 剛,半羽 慶行,重松 隆
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(5), 453-460, 2010-05-28
  • … 1.1 g/kg/day,p=0.0011)も死亡例では有意に低かった.また,死亡例では年齢が有意に高く(71.5歳 vs. 60.8歳,p=0.0008),透析歴は長く,糖尿病例が多い傾向がみられたが,性別では差はなかった.その他m血清総蛋白(TP)値,m標準化透析量(Kt/V)では有意差はなく,m血清総コレステロール(TC)値は死亡例の方が低く,mC反応性蛋白(CRP)値は死亡例の方が高い傾向がみられた.さらにmAlb値はmBUN値,mP値,mK値,mTP値,m …
  • NAID 10026420804

関連リンク

TP:総蛋白. 血清中の総蛋白の値から肝臓・腎臓の機能を診ます。 TP:総蛋白 単位 :g/dl 基準外(低値) 重度・中等度 ~ 6.0 軽 度 6.0 ~ 6.5 基準値 6 .5 ~ 8.0 基準外(高値) 軽 度 8.0 ~ 8.5 重度・中程度 8.5 ~ ...
血液検査でTP(総蛋白)を調べよう。TPは日常初期診療における基本的検査として、また 高蛋白血症あるいは低蛋白血症をきたす疾患の存在を疑うときに検査します。

関連画像

総蛋白(TP) - 肝機能が低下 総蛋白とその分画 [血清 血液検査の数値について!血液 総蛋白手持血清蛋白屈折計 - 最短当日 総蛋白|代謝系の検査|【よく 血清総蛋白」の検査法や基準


★リンクテーブル★
国試過去問099I027」「101G025」「106E062」「104I080」「095G034」「108G016」「107E019」「102G013」「103G037
リンク元検査値」「基準値」「立位」「血漿タンパク質」「TP
関連記事

099I027」

  [★]

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。急にぼんやりしたり、うとうとするようになり妻と一緒に来院した。
  • 現病歴 :これまで比較的元気で身のまわりのことは、ほとんど自分で行っていた。2日前から急にぼんやりしたり、うとうとすることが多くなった。日常の行動や着衣の状態がだらしなくなり、呼びかけには応じるが反応が鈍くなった。今朝、下着に黒色の便が付着しているのに妻が気付いた。2、3日前から胃の調子が悪いと言っていた。食欲はなく、2日前までは焼酎を毎日1合飲んでいた。排便の状態は不明である。数年前から外出時にころぶことがあった。
  • 既往歴 : 40歳代からアルコール性肝障害を指摘されている。約5年前に十二指腸潰瘍に罹患した。
  • 現症 : 意識は傾眠傾向で、表情に乏しく動作は緩慢である。起立・歩行はできる。身長164cm、体重62kg。体温36.4℃。呼吸数14/分。脈拍84/分、整。血圧122/74mmHg。瞳孔は左右同大、対光反射は正常。前頭部に打撲痕がある。項部硬直はない。胸部に心雑音なく、ラ音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。圧痛と抵抗とを認めない。肝を心窩部に2cm触知する。下肢に浮腫を認めない。両手指に振戦がある。上下肢の腱反射はやや減弱しているが病的反射はない。直腸指診で指先に黒色便の付着を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球379万、Hb9.8g/dl、Ht31%、白血球4,200、血小板9万、プロトロンビン時間54%(基準80~120)。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.2g/dl、γ-グロブリン24.7%、尿素窒素35mg/dl、クレアチニン1。2mg/dl、総コレステロール166mg/dl、トリグリセライド80mg/dl、総ビリルビン2.3mg/dl、AST74単位、ALT62単位、γ-GTP96単位(基準8~50)、Na141mEq/l、K4.5mEq/l。免疫学所見:HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。
  • この患者にICG試験を行う予定である。ICG(15分値)の結果に影響を及ぼすのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099I026]←[国試_099]→[099I028

101G025」

  [★]

  • 32歳の女性。急激な体重減少を主訴に来院した。6か目前から心窩部痛を自覚している。腹部は膨隆し、波動を認める。肝・脾を触知しない。穿刺腹水所見:淡黄褐色、総蛋白4.0g/dl。血液所見:赤沈4mm/1時間、赤血球344万、Hb9.8g/dl、Ht28%、血小板6万、プロトロンビン時間70%(基準80~120)、フィブリノゲン100mg/dl(基準200~400)、FDP28μg/ml(基準5以下)。血清生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.5g/dl、AST30IU/l、ALT22IU/l、LDH719IU/l(基準176~353)、ALP230IU/l(基準260以下)。CEA5.5ng/ml(基準5以下)。上部消化管造影写真を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 101G024]←[国試_101]→[101G026

106E062」

  [★]

  • 次の文を読み、 61-63の問いに答えよ。
  • 45歳の男性。爆発事故現場で受傷したため搬入された。
  • 現病歴:爆発によって崩落した建物の下敷きになり、 4時間後に救出された。
  • 現 症:意識は清明。体温37.6℃。脈拍108/分、整。血圧98/62mmHg。呼吸数24/分。 SpO2 100%(4L/分酸素投与下)。両下肢と殿部とを中心に広範囲に点状出血を認める。右下肢に運動麻痺と知覚障害とを認める。救急室の看護師から、尿が赤いとの報告を受けた。
  • 引き続き行われた検査の結果を示す。
  • 血液所見:赤血球402万、 Hb12.0g/dL、 Ht35%、白血球18,000、血小板18万。血液生化学所見:総蛋白5.6g/dL、アルブミン3.0g/dL、尿素窒素12mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、 AST335IU/L、 ALT102IU/L、 LD 1,099IU/L(基準176-353)、 CK36,000IU/L(基準30-140)、 Na130mEq/L、 K 7.5 mEq/L、 Cl94mEq/L、Ca7.2mg/dL。動脈血ガス分析(自発呼吸、 4L/分酸素投与下) : pH7.30、 PaCO2 25Torr、 PaO2 120Torr、 HCO3- 12mEq/L。
  • 緊急に対応する必要がある項目はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E061]←[国試_106]→[106E063

104I080」

  [★]

  • 2歳の女児。4日前から続く発熱下痢および血便を主訴に来院した。前日から尿回数が減少しており、今朝から排尿を認めない。意識は清明。顔色は不良で活気がない。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に軽度の黄染を認める。眼瞼と下腿前面とに浮腫を認める。顔面と前胸部とに出血斑を認める。呼吸音に異常を認めない。腹部はやや膨隆し全体に圧痛を認める。腸雑音は減弱している。右肋骨弓下に肝を1cm触知する。脾を触知しない。
  • この患児の血液検査所見として考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104I079]←[国試_104]→[104A001

095G034」

  [★]

  • 21歳の女性。2週前から発熱をきたし、近医で解熱薬と抗菌薬との投与を受けたが軽快せず、昨日から紫斑が出現したため入院した。左肋骨弓下に脾を3cm触知する。血液所見:赤血球210万、Hb 6.8 g/dl、Ht23%、網赤血球25‰、白血球2,300(好中球23%、好酸球2%、単球5%、リンパ球67%、異型リンパ球3%)、血小板2.3万。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 095G033]←[国試_095]→[095G035

108G016」

  [★]

  • 血液検査項目とその検査結果が高値となる病態の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G015]←[国試_108]→[108G017

107E019」

  [★]

  • 血液検査項目とその検査結果が低値となる状態の組合せで正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E018]←[国試_107]→[107E020

102G013」

  [★]

  • 検体が溶血を起こしたとき、検査値が大きく変化するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G012]←[国試_102]→[102G014

103G037」

  [★]

  • 採血時の溶血によって検査値が最も影響を受けるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G036]←[国試_103]→[103G038

検査値」

  [★]

laboratory data
臨床検査

変動要因

食事

  • 影響ほとんどなし:総コレステロール( 肝臓で産生されるコレステロール >> 腸管から吸収されるコレステロール
  • 影響有り

運動

体位

個体間の変動

LAB.464
男性>女性 尿酸クレアチニンヘモグロビン
女性>男性 HDL-CクレアチンLHFSH
個体差 コリンエステラーゼアルカリホスファターゼコレステロールγGTPアミラーゼ
年齢 幼小児 アルカリホスファターゼリン
女性(閉経後) アルカリホスファターゼHDL-C

生活リズムによる変動

LAB.464
時間帯 日中 夜間
午前 午後
早朝   夕刻  
血清鉄 高値 低値    
カルシウム       低値
ACTH 高値   低値  
コルチゾール 高値   低値  
TSH 低値     高値
GH 低値     高値
プロラクチン 低値     高値
カテコラミン 高値     低値
レニン 高値   低値  
cAMP   高値    
尿アミラーゼ 低値   高値  

基準値」

  [★]

reference value
正常値 normal value

QBの基準値

■電解質
ナトリウム Na 135-147 140 mEq/l
カリウム K 3.7-4.8 4 mEq/l
塩素 Cl 99-106 103 mEq/l
カルシウム Ca 8.6-10.2 9.5 mg/dl
リン P 2.5-4.5 3.5 mg/dl

新生児・乳児・小児の検査値

  • 年齢と共に増加。幼小児 < 成人
  • 1. 乳児期以降に成人値
  • 2. 小児期以降に成人値
  • クレアチニン
  • 尿酸
  • IgA : 粘膜免疫の完成は遅いのですかね。上気道感染症がこのころに少なくなるのかも?
  • 年齢とと共に減少。幼小児 > 成人
  • 1. 乳児期以降に成人値
  • 2. 小児期以降に成人値
  • 特異な変化
  • 1. 乳児期と思春期にピーク
  • ALP : 骨形成と関連
  • 2. 思春期にピーク
  • 3. 出生児に高く、乳児期に低下し、その後漸増
  •  :母胎からの移行鉄を使い果たし、その後自ら貯蔵する
  • IgG :母体からの移行抗体による



立位」

  [★]

standing position, erect position


立位と臨床検査

  • 立位になると、下肢の毛細血管圧が上昇し、血管外に移動できる物質が移動し、血管外に移動できない物質の見かけの濃度が上昇する。直径4nm以上の物質は血管から細胞内に移行できない(参考2)とされている。
  • 立位で濃度が上昇する検査項目にはLDHALP総蛋白総コレステロール中性脂肪ヘモグロビン好中球血小板がある。(参考1)

参考

  • 1.
[display]http://www.kitano-hp.or.jp/section/kensa/cl_comedfaq.html
  • 2.
[display]http://shinryomatrix.net/ReferenceData/yuragi.aspx

血漿タンパク質」

  [★]

plasma protein
血漿蛋白質血漿蛋白
総蛋白
[show details]
大部分を占める



TP」

  [★]

白」

  [★]

whiteleukoleuco
白色白人ロイコ白い



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡