経皮的血管形成術

出典: meddic

経皮経管血管形成術

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 両側腕頭静脈狭窄症に対し経皮的血管形成術が奏功した1例
  • 樋口 輝美,水野 真理,高崎 智也,上田 寛朗,石田 恵美子,中島 葉子,北村 卓也,志志 暁人,瀬戸口 晴美,榎本 伸一,北井 真希,大川 恵里奈,山崎 俊男,知久 正明,斎藤 穎,安藤 英之
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(6), 589-594, 2011-06-28
  • … 重感,鼻閉感などを訴えた.2010年4月右上肢の内シャントによる静脈高血圧症を疑い血管造影を施行したところ,右腕頭静脈に長さ約30mmの90〜99%狭窄を認め,バルーン拡張術とステント留置術による経皮的血管形成術(PTA)を施行した.その後,顔面の腫脹と側副血行路の原因の一つとして左中心静脈の閉塞および狭窄も考慮し,左上肢からの静脈造影を施行したところ,左腕頭静脈にも長さ50mmの99%狭窄を認めたた …
  • NAID 10029407210
  • 進行性の腹部大動脈狭窄を生じた Mid-Aortic Syndrome の1例
  • 谷口 貴実子,藤井 寛,大森 多恵,上田 博章,水谷 誠,古山 政幸,石塚 喜世伸,梶保 祐子,近本 裕子,秋岡 祐子,中西 敏雄,服部 元史
  • 日本小児科学会雑誌 115(6), 1073-1077, 2011-06-01
  • NAID 10029385819

関連リンク

経皮的血管形成術(PTA)とは 末梢動脈疾患(PAD)や透析用バスキュラーアクセス(透析シャント)に生じた狭窄部位や閉塞部位を、血管内に挿入した風船 (バルーンカテーテル)で拡張する治療法で、血管内手術の一種です。必要に応じて ...
PTA(経皮的血管形成術) 検査について 血液検査 超音波・エコー 脈波(ABI,TBI) 胃内視鏡 胸部レントゲン(CTR) 腎移植について 治験について お問い合せ リンク トップページ よくある質問 手術について PTA(経皮的血管拡張 術) ...

関連画像

PCI(経皮的冠動脈形成術)経皮的血管形成術経 皮 的 血管 形成 術 経皮的冠動脈形成術の経皮的血管形成術(PTA  血管形成術と頚動脈ステント


★リンクテーブル★
国試過去問108D028」「096D023
リンク元経皮経管血管形成術」「PTA」「経皮的血管形成」「percutaneous transluminal angioplasty」「経皮的血管内血管形成術
関連記事血管」「形成」「血管形成」「経皮的」「経皮

108D028」

  [★]

  • 33歳の女性。 2か月前の健康診断で高血圧を指摘され来院した。 1年前の健康診断時は正常血圧であった。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。脈拍 76/分、整。血圧 180/110 mmHg。尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、潜血 (-)。血液所見:赤血球 455万、 Hb 12.8 g/dl、Ht 38%、白血球 5,800。血液生化学所見:総蛋白 6.7 g/dl、アルブミン 4.3 g/dl、尿素窒素 14 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、総コレステロール 208 mg/dl、Na 143 mEq/l、K 3.6 mEq/l、Cl 102 mEq/l、ACTH 14.4 pg/ml(基準 60以下 )、コルチゾール 8.3μg/dl(基準 5.2~12.6)、アルドステロン 15 ng/dl(基準 5~10)、血漿レニン活性 51 ng/ml/時間 (基準 1.2~2.5)。 CRP 0.2 mg/dl。腹部大動脈造影像 (別冊 No.11A)と左腎動脈造影像 (別冊 No.11B)とを別に示す。
  • この病態について正しいのはどれか。
  • a 粥状硬化が原因となる。
  • b 好酸球増多症がみられる。
  • c 経皮的血管形成術の適応となる。
  • d 尿中カリウム排泄が低下している。
  • e アンジオテンシン変換酵素阻害薬投与〈ACE〉でレニンは低下する。



[正答]


※国試ナビ4※ 108D027]←[国試_108]→[108D029

096D023」

  [★]

  • 58歳の男性,歩行時の右下肢疼痛を訴えて来院した。
  • 2年前から300mの歩行で右殿部から下肢にかけて痛みを自覚するようになった。痛みのために次第に歩行可能距離は短くなり、最近では安静時にも疼痛が出現するようになった。
  • 右下肢は冷たく足背動脈の脈拍動は触知しない。脈拍74/分、整。血圧160/88mmHg。
  • 血液所見:赤血球450万、Hb13.2g/dl、Ht43%、白血球6,800。
  • 骨盤部の動脈造影写真とその6秒後の写真とを以下に示す。
  • この患者の適切な治療方針はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D022]←[国試_096]→[096D024

経皮経管血管形成術」

  [★]

percutaneous transluminal angioplasty PTA
経皮バルーン血管形成術 percutaneous transluminal balloon angioplasty PTBA、経カテーテル血管形成術 transcatheter angioplasty、経皮的血管拡張術経皮経管的血管形成術経皮的血管内血管形成術経皮的血管形成
経皮経管冠状動脈形成術経皮経管腎血管形成術
[show details]



PTA」

  [★]



経皮的血管形成」

  [★]

percutaneous transluminal angioplasty
経皮経管的血管形成術経皮的血管内血管形成術経皮的血管形成術


percutaneous transluminal angioplasty」

  [★] 経皮経管血管形成術 経皮的血管形成術 PTA


経皮的血管内血管形成術」

  [★] 経皮的血管形成術


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


血管形成」

  [★]

angiogenesisvasculogenesisangioplasty
血管形成術血管形成誘導血管原性血管新生血行性脈管形成


経皮的」

  [★]

percutaneoustransdermaltranscutaneouspercutaneouslytransdermallydermallytranscutaneously
経皮経皮性


経皮」

  [★]

percutaneousdermaltransdermaltransepidermal
経皮的真皮真皮性皮膚経皮性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡