細胞間クロマチン橋を有する赤芽球

出典: meddic

関連リンク

骨髄幼若細胞(顆粒球、赤芽球)の判定基準標準化・最終案 日本検査血液学会 現在までに実施した、末梢血好中球、桿状核球、分葉核級の鑑別、赤血球形態表現・判定基準の標準化とは異なり、分化・成熟を示す血液細胞系列をある ...
血球の成熟に伴う一般的原則 1. 細胞の大きさは成熟するにつれ小さくなる。(顆粒球系は前骨髄球が最大) 2. 核形は類円形から固有の形になる。脱核するものもある(赤芽球)。 3. 核クロマチン構造は繊細から粗になる。


★リンクテーブル★
関連記事赤芽球」「」「」「」「芽球

赤芽球」

  [★]

erythroblast
赤芽細胞有核赤血球 nucleated red cell nucleated erythrocyte
赤血球鉄芽球
  • 核を有する赤血球の総称。
前赤芽球好塩基性赤芽球多染性赤芽球正染性赤芽球網状赤血球赤血球


臨床関連





橋」

  [★]

pons
橋脳脳橋ヴァロリオ橋 Varolian pons

脳神経

臨床関連

  • 脳出血-橋出血:意識障害、四肢麻痺、呼吸不全、眼球異常(pinpoint pupil)

神経内科


間」

  [★]

一方インター~の中で

球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる

芽球」

  [★]

blast cell, blast
イモチ病芽細胞芽球細胞

骨髄芽球性白血病



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡