硬膜外血腫

出典: meddic

extradural hematoma (M,KH), epidural hematoma (M), EDH
硬膜外出血 epidural hemorrhage硬膜上血腫 extradural hematoma
硬膜下血腫 subdural hematoma



硬膜外血腫 硬膜下血腫
・殆どが外傷性(80-90%)で、頭蓋冠骨折を伴う
・硬膜動脈の破綻による
・左右側頭部が好発部位
・意識清明期を伴うことが多い
・骨と硬膜の硬い結合を剥がしながら伸展するので出血速度は遅い
・硬膜下腔への出血である
・硬膜外出血より進展しやすいので、意識障害の出現が早い
・(1)橋静脈の破綻によるもの、(2)高度の脳挫傷を伴うもの



-extradural hematoma
extradural epidural hematoma

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/15 03:10:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 急性硬膜外血腫後の高次脳機能障害と診断された筋強直性ジストロフィーの1例
  • 庄 敦子,高野 真
  • The Japanese journal of rehabilitation medicine 49(10), 734-737, 2012-10
  • NAID 40019470595
  • 臨床経験 特発性脊髄硬膜外血腫(SSEH)に対する治療法選択 : 9 例の治療経験をもとに
  • 濱田 知,日置 暁,伏見 一成 [他]
  • 臨床整形外科 47(7), 659-663, 2012-07
  • NAID 40019373355
  • 頚椎に発症した特発性脊髄硬膜外血腫の8例 (東海脊椎脊髄病研究会 特集号)
  • 室 秀紀,安藤 喜一朗,相良 学爾 [他]
  • Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 3(4), 678-684, 2012-04
  • NAID 40019310803

関連リンク

急性硬膜外血腫(きゅうせいこうまくがいけっしゅ、acute epidural hematoma)とは、 硬膜と頭蓋骨との間に血腫が形成された状態のことである。 通常、頭部外傷に伴う 頭蓋骨骨折に合併し、頭部外傷としては極めて重症に分類される。 ...
gooヘルスケア 家庭の医学。急性硬膜外血腫。どんな外傷か 頭蓋骨と、頭蓋骨の内側で 脳を包んでいる硬膜の間に出血がたまって血腫になったものです。原因は何か 多くの 場合は、硬膜の表面に浮き出たように走っている硬膜動脈(こうまくどうみゃく)が、 ...

関連画像

硬膜外血腫硬膜下図1 硬膜外血腫急性硬膜外血腫1CT像図1 硬膜下血腫図2急性硬膜外血腫


★リンクテーブル★
リンク元慢性硬膜下血腫」「硬膜下血腫」「中硬膜動脈
関連記事血腫」「硬膜

慢性硬膜下血腫」

  [★]

chronic subdural hematoma
急性硬膜下血腫硬膜下血腫 凹、硬膜外血腫

定義

  • 何らかのきっかけにより出血し(頭部外傷が多い。20%の症例では外傷の既往がない)、その出血から3週間以降に症状が出現した場合
1週間以内に発症したものは急性硬膜下血腫

概念

  • 硬膜内面の外側皮膜(外膜)とくも膜表面の内側皮膜(内膜)に包まれた暗赤色流動性の血腫(SCN.266)

疫学

  • 中高年以上の男性に多い
  • 片側性(90%)、両側性(10%)

病理

  • 慢性硬膜下血腫の外膜は組織的には肉芽組織で血管に富む。内膜はコラーゲン束からなり血管は見られない(SCN.266 図:SCN.267(病理組織))
  • 血腫は凝固因子を欠如しているため、凝固しない(SCN.266)

症状

  • 初発症状は頭痛が多い。
  • 頭痛→片麻痺→意識障害
YN.
  • 片麻痺、記憶力低下、意識障害
  • 若年者・・・頭痛、高齢者・・・認知症が多い。
  • 頭蓋内圧亢進症状 >> 脳圧迫症

検査

CT

  • 三日月型の血腫が典型的  ⇔  急性硬膜外血腫
  • 血腫は新鮮なものはhighしだいにisoからlowに変化する。
  • 出血後2-4修吾の血腫は、血腫被膜部の増強効果がみられる。

MRI

治療

  • 穿頭術により流動性血腫を除去後、血腫腔を生理食塩水で洗浄した後、血腫腔にドレーンを1日留置することで症状が劇的に改善する(SCN.267)

国試


硬膜下血腫」

  [★]

subdural hematoma
急性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫


硬膜外血腫 硬膜下血腫
・殆どが外傷性(80-90%)で、頭蓋冠骨折を伴う
・硬膜動脈の破綻による
・左右側頭部が好発部位
・意識清明期を伴うことが多い
・骨と硬膜の硬い結合を剥がしながら伸展するので出血速度は遅い
・硬膜下腔への出血である
・硬膜外出血より進展しやすいので、意識障害の出現が早い
・(1)橋静脈の破綻によるもの、(2)高度の脳挫傷を伴うもの



-subdural hematoma


中硬膜動脈」

  [★]

middle meningeal artery (M)
arteria meningea media
硬膜動脈前硬膜動脈後硬膜動脈


  • 図:N.98(内頭蓋底)、M.476(頭頂部の分布)、N.94(硬膜中に存在) KA.82,83
  • 硬膜動脈の中で最大である。
  • 硬膜の間に入り込む (N.94)
  • 硬膜ではなく頭蓋骨を養う

由来

走行

  • 顎動脈から分岐した後に棘孔を通り、頭蓋腔に入る (M.481)

分布

  • 前頭枝
  • 頭頂枝

臨床関連

  • 硬膜外血腫:側頭骨の部位で損傷を受けやすい?



血腫」

  [★]

hematoma
haematoma
血瘤


MRI

参考1
血腫におけるヘモグロビンの変性とMRI所見
出血 血液成分 T1強調画像 T2強調画像
直後(~24時間) オキシヘモグロビン 軽度低信号 軽度高信号
1~3日(急性期) デオキシヘモグロビン 軽度低信号 低信号
3日~1カ月(亜急性期) 血球外メトヘモグロビン 高信号 高信号
1カ月以上(慢性期) ヘモジデリン 軽度低信号 低信号

参考

  • 1. B.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌53巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5306-099.pdf


硬膜」

  [★]

dura mater
dura pachymeninx
脳硬膜脊髄硬膜髄膜


神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡