硬化療法

出典: meddic

sclerotherapy, (脱肛)sclerosing therapy
脱肛
  • 上部消化管の静脈瘤、あるいは内痔核の治療法



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 四肢の血管腫,血管奇形の治療 (シンポジウム 難治性良性腫瘍の治療)
  • 馬場 一郎,植田 直樹,山本 和宏
  • 臨床整形外科 47(6), 515-519, 2012-06
  • NAID 40019342986
  • 下肢静脈瘤に対するフォーム硬化療法を併用した手術の短期治療成績
  • 水本 一生,新原 寛之,森田 栄伸
  • 日本皮膚科学会雑誌 122(5), 1381-1388, 2012-05
  • NAID 40019228402

関連リンク

硬化療法とは. 下肢静脈瘤とは. 下肢静脈瘤とは血液の逆流を防ぐ静脈の弁が正しく 閉じなくなり、血液の逆流やうっ滞が起こって、静脈が瘤(こぶ)のように膨らみ変形する 病気です。足の血液循環が悪くなっているので、足のむくみや痛み、色素沈着(しきそ ちん ...
硬化療法後合併症. (1)しこり. 硬化剤を注入した部分に、しこりができることがあります。 一般に治療後2、3週目頃でしこりが最も目立ち、その後徐々に小さくなります。普通は2 、3ヵ月であまり気にならない程度に縮小し半年くらいで完全に消えますが、元の静脈瘤 ...

関連画像

硬化療法の手技②硬化療法 + 静脈瘤切除硬化 療法 後 の 経過硬化療法の手技①硬化療法の手技①週間後硬化療法施行


★リンクテーブル★
先読み内痔核
国試過去問103D053」「106I068」「107G057」「102G056」「098G115」「104G006」「107I009」「102G034」「103G018
拡張検索食道硬化療法」「内視鏡的食道静脈瘤硬化療法」「内視鏡的硬化療法」「食道静脈瘤硬化療法
関連記事硬化」「」「療法

内痔核」

  [★]

internal hemorrhoid
痔核外痔核


[show details]



103D053」

  [★]

  • 44歳の女性。両下腿の静脈怒張と色素沈着とを主訴に来院した。7年前、第2子出産後から下肢の静脈怒張に気付いていた。2年前から色素沈着を伴うようになり疲れやすくなった。実家が美容院を経営し、週に3日手伝っている。身長150cm、体重62kg。脈拍72/分、整。血圧122/74mmHg。両下腿の表在静脈の拡張と蛇行とを認め、茶褐色の色素沈着と硬結とを認める。仰臥位で下肢を挙上すると表在静脈は虚脱する。虚脱させた状態で大腿上部を圧迫し、起立させても静脈の拡張はない。
  • 対応として誤っているのはどれか。 
[正答]


※国試ナビ4※ 103D052]←[国試_103]→[103D054

106I068」

  [★]

  • 23歳の男性。吐血を主訴に来院した。昨夜、会社の歓迎会で日本酒を5合以上飲んだが、正確な飲酒量は記憶していない。本日、起床直後から胃液嘔吐し、数回目の嘔吐内容が新鮮血であったため驚いて受診した。身体診察所見に異常を認めない。来院後にも少量の新鮮血を嘔吐したため、緊急上部消化管内視鏡検査を行った。食道の内視鏡写真(別冊No. 17)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I067]←[国試_106]→[106I069

107G057」

  [★]

  • 65歳の男性。左上下肢の脱力を主訴に来院した。1週前から左上下肢の脱力が時々出現し、5分ほどで改善していた。受診時、神経学的な診察で異常所見を認めない。体温36.5℃。脈拍60/分、整。血圧140/72mmHg。心電図で異常を認めない。頭部単純MRIで異常を指摘され検査目的で入院となった。脳血管造影の右総頸動脈側面像(別冊No.10)を別に示す。
  • この患者に血管内治療を行う場合に適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107G056]←[国試_107]→[107G058

102G056」

  [★]

  • 45歳の男性。吐血のため搬入された。今朝から吐血を2回認めた。意識は清明。体温36.7℃。脈拍120/分、整。血圧76/42mmHg。眼瞼結膜に軽度の貧血を認める。心慮部に軽度の圧痛を認める。筋性防御を認めない。緊急で行った胃内視鏡写真を以下に示す。
  • 内視鏡治療として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 結紮
  • b. 硬化療法
  • c. 粘膜切除
  • d. クリッピング
  • e. エタノール局注


[正答]
※国試ナビ4※ 102G055]←[国試_102]→[102G057

098G115」

  [★]

  • 疾患と内視鏡治療の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G114]←[国試_098]→[098G116

104G006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104G005]←[国試_104]→[104G007

107I009」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I008]←[国試_107]→[107I010

102G034」

  [★]

  • 腹腔内膿瘍への対応で適切なのはどれか。
  • a. 動脈塞栓術
  • b. ドレナージ 
  • c. エタノール注入
  • d. ラジオ波焼灼
  • e. 硬化療法
[正答]


※国試ナビ4※ 102G033]←[国試_102]→[102G035

103G018」

  [★]

  • 早期食道癌の内視鏡治療はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G017]←[国試_103]→[103G019

食道硬化療法」

  [★]

esophageal sclerotherapy
内視鏡的食道静脈瘤硬化術、内視鏡的硬化療法硬化療法食道静脈瘤。食道結紮術。肝硬変


内視鏡的食道静脈瘤硬化療法」

  [★]

endoscopic esophageal variceal sclerotherapy, endoscopic injection sclerotherapy for esophageal varices, endoscopic injection sclerotherapy EIS


内視鏡的硬化療法」

  [★]

endoscopic sclerotherapy, endoscopic injection sclerotherapy EIS



食道静脈瘤硬化療法」

  [★]

endoscopic injection sclerotherapy, sclero-therapy for esophagus varices


硬化」

  [★]

consolidationstiffeningcuringhardeningindurationsclerosishardenindurated
加硫強化硬化症固定治療ハードニング圧密硬結
コンソリデーション


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡