眼球運動

出典: meddic

external ocular movement EOM, eye movement
共同運動 synkinesis
眼球



和文文献

  • 龍安寺石庭における視線解析
  • 大石 誠也,浅井 信吉,蔡 東生
  • 情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告 2011-CG-145(16), 1-6, 2011-11-10
  • … は龍安寺にて行われたアイ・トラッキング実験のデータから,二種類の眼球運動に注目した 2 通りの解析を行う.1 つ目は跳躍運動に注目した解析で,石 (もしくは石群) から石 (もしくは石群) への視線の遷移をリンクとして計測することにより,視線の "PageRank" を求めた.2 つ目は固視微動に注目した解析で,石群を見ている時の眼球運動の周波数特性を求めた.これらの結果から,無名の設計者の隠された意 …
  • NAID 110008682569
  • 龍安寺石庭における視線解析
  • 大石 誠也,浅井 信吉,蔡 東生
  • 情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] 2011-CVIM-179(16), 1-6, 2011-11-10
  • … は龍安寺にて行われたアイ・トラッキング実験のデータから,二種類の眼球運動に注目した 2 通りの解析を行う.1 つ目は跳躍運動に注目した解析で,石 (もしくは石群) から石 (もしくは石群) への視線の遷移をリンクとして計測することにより,視線の "PageRank" を求めた.2 つ目は固視微動に注目した解析で,石群を見ている時の眼球運動の周波数特性を求めた.これらの結果から,無名の設計者の隠された意 …
  • NAID 110008682540
  • 遮蔽治療により改善した小児動眼神経麻痺に伴う弱視の2症例
  • 岡本 洋幸,鈴木 利根,林 麗如,筑田 眞
  • Dokkyo journal of medical sciences 38(3), 219-222, 2011-10-25
  • … 症例報告 症例1は3歳5ヶ月男児.細菌性髄膜炎に伴う右眼瞼下垂,眼球運動障害のため,平成15年7月 23日紹介受診した。 … 右動眼神経麻痺および弱視と診断し,左眼遮閉治療を開始し3 ヶ月後には視力1.0に改善し,眼位と眼球運動は正常化した。 … 右眼瞼下垂,右眼外斜視,眼球運動障害があった。 …
  • NAID 110008735861

関連リンク

いろいろな眼球運動 前述の「両眼のチームワーク」は「よせ運動(Vergence)」と呼ばれる眼球運動です。眼球運動には、この他に、単眼での「ひき運動(Duction)」と、両眼での「むき運動(Version)」があります。 当店では、必要と ...
世界大百科事典 第2版 - 眼球運動の用語解説 - 外眼筋の働きによって眼が動くことをいう。たとえば,大脳皮質の眼球運動の中枢で〈右を見よ〉という命令が発せられ,それが脳幹の核上中枢に伝えられ右を見るのに必要な眼球運動の ...

関連画像

イメージ 2眼球運動機 パーソナル 012902イメージ 4視幅擴大 順著箭頭擴大眼睛視 写真:追跡眼球運動


★リンクテーブル★
国試過去問105E062」「105E061」「105E060」「104A056」「106G040」「108B010」「098G079」「095E021
リンク元視運動性眼振」「内側縦束」「眼球クローヌス」「眼球運動神経路」「eye movement
拡張検索核上性眼球運動障害」「円滑性追跡眼球運動」「追跡性眼球運動」「眼球運動障害
関連記事眼球

105E062」

  [★]

  • 次の文を読み、60-62の問いに答えよ。
  • 38歳の女性。強い息苦しさのため搬入された。
  • 現病歴   3か月前から歩行時に両下肢の疲労感を自覚していたが、休息にて改善していた。2か月前から家事をする際に、両上肢の疲労感を感じ、特にフライパンを持つのに苦労するようになった。これらの症状は朝に比して夕方に強い傾向があった。1か月前からは両側の眼瞼下垂を自覚するようになった。1週前から風邪気味であったが、昨日から動くと息苦しいと訴えていた。今朝、息苦しさが強くなったため救急車を要請した。
  • 既往歴   25歳時に急性虫垂炎で手術。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症   意識レベルはJCS II-20。身長156cm.体重51kg。体温37.8℃。呼吸数32/分。脈拍104/分、整。血圧174/66mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)93%。両側の眼瞼下垂を認める。眼球運動はほぼ正常であるが、複視がある。四肢筋力は全体に軽度低下(4/5)している。腱反射は正常。感覚系に異常を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 463万、Hb 13.2g/dl、Ht 40%、白血球 9,800(分葉核好中球55%、好酸球6%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球33%)、血小板28万。血液生化学所見:血糖 85mg/dl、HbA1c 5.2%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 4.5g/dl、尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、尿酸7.2mg/dl、総コレステロール 183mg/dl、トリグリセリド 120mg/dl、総ビリルビン 0.5mg/dl、直接ビリルビン0.3 mg/dl、AST 12IU/l、ALT 7IU/l、LD 183IU/l(基準176-353)、ALP288IU/l(基準115-359)、Na 141mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP 9.8mg/dl、動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.32、PaCO2 59Torr、PaO2 74Torr、HCO3- 29mEq/l。
  • この疾患で投与すべきでないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E061]←[国試_105]→[105E063

105E061」

  [★]

  • 次の文を読み、60-62の問いに答えよ。
  • 38歳の女性。強い息苦しさのため搬入された。
  • 現病歴   3か月前から歩行時に両下肢の疲労感を自覚していたが、休息にて改善していた。2か月前から家事をする際に、両上肢の疲労感を感じ、特にフライパンを持つのに苦労するようになった。これらの症状は朝に比して夕方に強い傾向があった。1か月前からは両側の眼瞼下垂を自覚するようになった。1週前から風邪気味であったが、昨日から動くと息苦しいと訴えていた。今朝、息苦しさが強くなったため救急車を要請した。
  • 既往歴   25歳時に急性虫垂炎で手術。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症   意識レベルはJCS II-20。身長156cm.体重51kg。体温37.8℃。呼吸数32/分。脈拍104/分、整。血圧174/66mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)93%。両側の眼瞼下垂を認める。眼球運動はほぼ正常であるが、複視がある。四肢筋力は全体に軽度低下(4/5)している。腱反射は正常。感覚系に異常を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 463万、Hb 13.2g/dl、Ht 40%、白血球 9,800(分葉核好中球55%、好酸球6%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球33%)、血小板28万。血液生化学所見:血糖 85mg/dl、HbA1c 5.2%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 4.5g/dl、尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、尿酸7.2mg/dl、総コレステロール 183mg/dl、トリグリセリド 120mg/dl、総ビリルビン 0.5mg/dl、直接ビリルビン0.3 mg/dl、AST 12IU/l、ALT 7IU/l、LD 183IU/l(基準176-353)、ALP288IU/l(基準115-359)、Na 141mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP 9.8mg/dl、動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.32、PaCO2 59Torr、PaO2 74Torr、HCO3- 29mEq/l。
  • 病態の把握に必要な試験に用いるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E060]←[国試_105]→[105E062

105E060」

  [★]

  • 次の文を読み、60-62の問いに答えよ。
  • 38歳の女性。強い息苦しさのため搬入された。
  • 現病歴   3か月前から歩行時に両下肢の疲労感を自覚していたが、休息にて改善していた。2か月前から家事をする際に、両上肢の疲労感を感じ、特にフライパンを持つのに苦労するようになった。これらの症状は朝に比して夕方に強い傾向があった。1か月前からは両側の眼瞼下垂を自覚するようになった。1週前から風邪気味であったが、昨日から動くと息苦しいと訴えていた。今朝、息苦しさが強くなったため救急車を要請した。
  • 既往歴   25歳時に急性虫垂炎で手術。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症   意識レベルはJCS II-20。身長156cm.体重51kg。体温37.8℃。呼吸数32/分。脈拍104/分、整。血圧174/66mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)93%。両側の眼瞼下垂を認める。眼球運動はほぼ正常であるが、複視がある。四肢筋力は全体に軽度低下(4/5)している。腱反射は正常。感覚系に異常を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 463万、Hb 13.2g/dl、Ht 40%、白血球 9,800(分葉核好中球55%、好酸球6%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球33%)、血小板28万。血液生化学所見:血糖 85mg/dl、HbA1c 5.2%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 4.5g/dl、尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、尿酸7.2mg/dl、総コレステロール 183mg/dl、トリグリセリド 120mg/dl、総ビリルビン 0.5mg/dl、直接ビリルビン0.3 mg/dl、AST 12IU/l、ALT 7IU/l、LD 183IU/l(基準176-353)、ALP288IU/l(基準115-359)、Na 141mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP 9.8mg/dl、動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.32、PaCO2 59Torr、PaO2 74Torr、HCO3- 29mEq/l。
  • 直ちに行うべき処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E059]←[国試_105]→[105E061

104A056」

  [★]

  • 53歳の女性。事務職。眼の圧迫感を主訴に来院した。5年前から気管支喘息があり、副腎皮質ステロイド吸入薬を使用している。3年前から夕方になると、眼がかすむことがあった。最近は、書類が見づらくなり眼の痛みを感じることが多い。眼位眼球運動とに異常を認めない。視力は右1.0(1.2× -0.25D)、左1.2(矯正不能)。眼圧は右22mmHg、左22mmHg。細隙灯顕微鏡検査では前眼部、中間透光体および眼底に異常を認めない。静的量的視野検査で異常は検出されない。涙液分泌検査SchirmerテストI法で右10mm、左10mm。調節幅は両眼ともに2.0Dである。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A055]←[国試_104]→[104A057

106G040」

  [★]

  • 70歳の女性。けいれんのため搬入された。意識レベルはJCS II-10。体温36.8℃。脈拍98/分、整。血圧 138/86mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 96%(room air)。対光反射眼球運動とに異常を認めない。左上下肢の不全麻痺を認める。来院時の頭部MRIのFLAIR像(別冊No. 1A)と塞栓術のために施行した外頚動脈造影の写真(別冊No. 1B)とを別に示す。
  • 診断として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G039]←[国試_106]→[106G041

108B010」

  [★]

  • レムREM〉睡眠に関して正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B009]←[国試_108]→[108B011

098G079」

  [★]

  • 発語は不能であるが、眼球運動で意思を伝えることができるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G078]←[国試_098]→[098G080

095E021」

  [★]

  • ペンライトで検査できないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095E020]←[国試_095]→[095E022

視運動性眼振」

  [★]

optokinetic nystagmus OKN
nystagmus optocyneticus
視運動眼振視動眼振visual nystagmus眼性眼振 ocular nystagmus
鉄道眼振眼振眼球運動
[show details]



内側縦束」

  [★]

medial longitudinal fasciculus, MLF
fasciculus longitudinalis medialis
眼球運動
  • 図:BET.212(側方注視運動)

解剖

  • 中脳前端から脊髄下端にわたって中心管を含む脳室系の腹内方で正中線の両側に位置する神経線維束

機能

  • 側方注視運動。外転神経核と対側の動眼神経核を連絡する

臨床関連

国試


眼球クローヌス」

  [★]

opsoclonus
オプソクローヌス
眼球運動障害核間性眼筋麻痺斜偏位眼運動障害輻輳不全パリノー症候群眼球運動



眼球運動神経路」

  [★]

neural pathway of oculomotor system
眼球運動


eye movement」

  [★]

  • 眼球運動
ocular movementoculomotor

核上性眼球運動障害」

  [★]

supranuclear ocular motility disorder, disorders of supranuclear control of ocular motility
進行性核上性麻痺


円滑性追跡眼球運動」

  [★]

smooth pursuit eye movement
滑動性追従眼球運動滑動性追跡眼球運動
-smooth pursuit eye movement


追跡性眼球運動」

  [★]

pursuit tracking eye movement, pursuit eye movement


眼球運動障害」

  [★]

eye movement disturbance


眼球」

  [★]

eyeball
bulbus oculi


概念

(水晶体の支持靱帯 suspensory ligament of lens)

解剖

外眼筋

  • 内側
  • 外側





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡