眩暈

出典: meddic

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276


SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患


IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり


IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test


参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/02 02:57:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 東日本大震災後発症の眩暈における漢方薬の使用経験とその検討
  • 「せむし」の小人たち : エリアス・カネッティの『眩暈』とヴェツァ・カネッティの『黄色い街』におけるユダヤ人の身体(<特集>身体文化)
  • 須藤 温子
  • ドイツ文学 : Neue Beitrage zur Germanistik (144), 99-113, 2012-03-25
  • In der christlichen Welt ist die Verachtung der Juden, die z.B. als "Judensau" oder "Wucherer" bezeichnet wurden, schon seit dem Mittelalter belegt. Seit dem 19. Jahrhundert behauptete der damals etab …
  • NAID 110009457039
  • 内耳窓破裂症による眩暈と難聴
  • 永井 知幸
  • 医療 : 国立医療学会誌 66(3), 99-102, 2012-03
  • NAID 40019257240
  • 眩暈と不眠 : レヴィナスの精神病理学 (総特集 レヴィナス)

関連リンク

めまいは、目が回るようなくらくらとした感覚の総称である。眩暈・目眩・眩冒などと書く。 眩は目がかすみ目の前が暗くなることで暈はぐるぐる物が回ってみえたり、物が 揺れ動いて見えること。目眩は目がかすみ頭がくらくらすること。眩冒はひどく頭が くらくらして目 ...
眩暈(めまい)は、基本的に脳外科よりも耳鼻咽喉科、(脳)神経内科で扱われることが 多いもので、該当各科の先生の方が詳しいと思われます。ただし、まれに『小脳、脳幹 梗塞』、『聴神経鞘腫』、『小脳腫瘍』など、注意を要するものも含まれるため、こちらに 掲載 ...
良性発作性頭位眩暈症とは寝返りを打った時や、ベッドから起きた時、上や下を向いた 時など、頭の向きを変えた時に起きる頭位性めまいを起こす病気のことです。病因として は、三半規管障害といわれ、高齢者や女性に多い病気です。

関連画像

耳源性眩暈眩暈(めまい)めまい(眩暈)の分けかたには 鬼束ちひろの画像コレクション康介@眩暈SIREN 性眩暈(BPPV)と エプリー法 性眩暈(BPPV)と エプリー法眩暈


★リンクテーブル★
リンク元シクロホスファミド」「ループ利尿薬」「閉塞性肥大型心筋症」「有機リン中毒」「メニエール病
拡張検索頭位性眩暈」「頭位眩暈症」「高浸透圧性眩暈症・頭位眼振症候群」「良性発作性頭位眩暈」「悪性発作性中枢性頭位眩暈

シクロホスファミド」

  [★]

cyclophosphamide, CPA CPM
cyclophosphamidum
Cytoxan, Neosarエンドキサン
  • first aid step1 2006 p.207,257,309,324,326,386
  • アルキル化薬


特徴

  • プロドラッグであり、肝臓で加水分解を受けて薬効を及ぼす

構造

作用機序

薬理作用

抗菌スペクトル

動態

適応

  • non-Hodgkin’s lymphoma, breast and ovarian carcinomas
  • immunosuppressants

注意

禁忌

副作用

  • 出血性膀胱炎、骨髄抑制
  • myelosuppression; hemorrhagic cystitis, which can be partially prevented with mesna

副作用(再評価結果より)

  • 再評価結果時の自覚的並びに他覚的症状緩和における安全性評価対象例5021例(経口投与を含む)中,主なものは,白血球減少1903例(37.90%),悪心嘔吐1041例(20.73%),脱毛1221例(24.32%)等であった。また,急性白血病等の造血幹細胞移植の前治療における本剤の第2相臨床試験の安全性評価対象例67例中,主なものは悪心嘔吐61例(91%),下痢口内炎各42例(各63%),脱毛38例(57%)であった。

重大な副作用

再評価結果における安全性評価例の集計

種類頻度 5%以上 5%未満 頻度不明
肝臓   肝機能異常,黄疸 コリンエステラーゼ低下
腎臓   蛋白尿浮腫 食欲不振味覚異常,胸やけ,おくび腹部膨満感
消化器 悪心嘔吐 口渇潰瘍性口内炎腹痛便秘下痢  
過敏症   発疹  
皮膚 脱毛 皮膚炎,色素沈着,爪の変形・変色  
精神神経系   頭痛眩暈不眠運動失調 倦怠感
呼吸器     肺水腫
循環器   心電図異常,心悸亢進低血圧  
内分泌系   副腎皮質機能不全 甲状腺機能亢進
性腺   無月経 無精子症卵巣機能不全
その他   発熱,注射時熱感,局所痛CKCPK上昇 創傷の治癒遅延,高血糖

添付文書

  • 注射用エンドキサン100mg/注射用エンドキサン500mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4211401D1033_1_10/4211401D1033_1_10?view=body




ループ利尿薬」

  [★]

loop diuretic, loop diuretics
利尿薬
sodium-potassium-chloride symporter inhibitor

概念

  • Henleループに作用する強力な利尿薬の一群

種類 (SP.790)

作用機序

  • 太いヘンレの上行脚において、Na+-K+-2Cl-共輸送体を抑制→ 同部位におけるNaCl再吸収の抑制

血清電解質の変化

  Na K Cl H Ca Mg
血清  

副作用

GOO.752
  • Na喪失 → K+,H+喪失:
  • 過剰の投与によりナトリウムを喪失 → 低ナトリウム血症、細胞外液量減少 → 低血圧、GFR低下、循環虚脱、血栓塞栓の発生、(肝臓疾患が存在する場合)肝性脳症
  • 過剰のナトリウムが遠位尿細管に到達する結果、(特にRAA系が体液喪失のために亢進していると)カリウムと水素イオンの排泄が亢進し、低Cl性アルカローシス(代謝性アシドーシス)を生じる。
  • もともと体内にKが欠乏していれば、不整脈が誘発される。特に強心配糖体を摂取していれば顕著となる(ジギタリス中毒)。
  • Mg,Ca喪失
  • 骨粗鬆症を呈する閉経女性への投与は、骨代謝を悪化させうる。
  • その他:耳毒性(難聴眩暈耳鳴)、高尿酸血症、高血糖、LDL上昇、TG上昇、HDL低下、皮疹、光過敏性、錯感覚、骨髄抑制、胃腸症状

禁忌

臨床関連



閉塞性肥大型心筋症」

  [★]

hypertrophic obstructive cardiomyopathy, HOCM
特発性肥厚性大動脈弁下狭窄症 idiopathic hypertrophic subaortic stenosis IHSS
肥大型心筋症
非対称性心室中隔肥大肥大型閉塞性心筋症肥大性閉塞性心筋症特発性肥大性大動脈弁下狭窄症

病態

  • 心筋の肥大に伴い左室流出路狭窄を来しており、心拍出量が低下する。
  • 心房細動などにより心房からの駆出量が減少すれば、心拍出量低下に繋がる。

類似疾患との鑑別

QB.C-495改変
  大動脈弁狭窄症 閉塞性肥大型心筋症
聴診 駆出性収縮期雑音 駆出性収縮期雑音
最強点 2RSB 3LSB-4LSB
頚部への放散
駆出音
頚動脈圧 遅脈 二峰性
Brockenbrough現象

病理

  • 錯綜配列

病態

  • 左室流出路狭窄 → 心拍出量低下

症状

合併症

検査

心エコー

  • 形態:左心室壁の肥厚、非対称性中隔肥大(ASH)
[show details]

僧帽弁

  • 僧帽弁前尖の収縮期前方運動(SAM):循環血液量の減少と左室の過収縮による(YN.C-135)
  • 僧帽弁後退速度 DDRの低下:左心室のコンプライアンスが低下することにより、左室への血液流入速度が低下するため(YN.C-135)

大動脈弁

  • 大動脈弁の収縮中期半閉鎖:HOCMでは収縮中期に駆出される血液量低下のために大動脈弁が閉鎖しそうになる(参考2)

心臓カテーテル検査

  • 左室~大動脈圧:左室流入路圧 > 左室流出路圧
  • ブロッケンブロウ現象:期外収縮が起きた場合、心室性期外収縮の休止期後の期外収縮後増強により収縮力が増強し、左室流出路閉塞が増強するためにかえって大動脈圧が低下する
  • 造影:左室流出路狭窄

治療

治療目標:自覚症状の軽減、突然死、不正脈の予防
  • βブロッカー、カルシウム拮抗薬   →  左室流出路狭窄の軽減   ⇔  ×硝酸薬、ジギタリス:左室流出路狭窄を増強
  • Ia群抗不整脈薬

予後

  • 比較的良好

国試



有機リン中毒」

  [★]

organophosphorus poisoning
パラチオンサリンサリン中毒
研修医当直御法度 症例帳 p.24
研修医当直御法度 第5版 p.145

概念

病態

  • コリンエステラーゼを不可逆的に不活化して阻害し、シナプスにおけるアセチルコリン濃度を上昇させる。

症状

 [中枢神経症状]意識混濁、昏睡  [ニコチン受容体を介した作用]全身痙攣、呼吸筋麻痺

治療

  • 原因の除去:
  • 1. PAMの静脈投与 → ただし、有効な時間が限定される
  • 2. 透析療法、血漿交換 → 有機リンは組織への移行性が高く有効性は低い。
  • 対症療法:アトロピン
研修医当直御法度 第5版 p.145
  • PAM 1-2g 静注
  • アトロピン静注  ←  減量に注意(recurrentする)
  症状 血中ChE
(正常比)
治療
無症状 なし ≧50% 6hr経過観察
軽度 (歩行可能)
全身倦怠感頭痛眩暈、四肢痺れ、悪心嘔吐発汗唾液分泌亢進wheezing腹痛下痢
20-50% アトロピン 1mg IV
PAM 1g IV
中等度 (歩行不能)
軽度の症状に加え、
全身筋力低下、構語障害筋攣縮縮瞳
10-20% アトロピン 1-2mg IV, 15-30分ごと。atropinazationまで
PAM 1g IV
重症 意識障害四肢麻痺筋攣縮針先瞳孔呼吸促迫チアノーゼ ≦10% アトロピン 5mg IV, 15-30分ごと。atropinazationまで
PAM 1-2g IV。奏効しない場合 0.5g/hr 点滴静注




メニエール病」

  [★]

Ménière's disease Ménière disease Meniere's disease Meniere disease
メニエル病 Ménière病 Meniere病
難病メニエール症候群
[show details]

概念

  • 繰り返す眩暈、難聴、耳鳴を特徴とし、原因が不明の疾患
  • 難病に指定されている。

疫学

  • 男女比=1:1
  • 男性は40歳代にピーク、女性は30歳代にーク
  • 通常一側性、両側性は約30%

病態

症状

反復することが必須。
  • 眩暈、難聴(初期は低音難聴)、耳鳴

検査

  • 純音聴力検査:感音性難聴。病初期には中低音障害型の難聴が特徴的
  • 眼振:患側向きの水平眼振  ⇔  突発性難聴:健側向きの水平眼振

診断

診断基準

  • 激しい、自発性、突発性の眩暈が反復し、これに蝸牛症状が随伴・消長する。特有の低温障害があり、補充現象陽性である。

参考

  • 1. メニエール病 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/336



頭位性眩暈」

  [★]

positional vertigo
めまい回転感頭位眩暈症、頭位めまい症、頭位性回転性めまい発作性めまい頭位性めまい末梢性眩暈


頭位眩暈症」

  [★]

positional vertigo
頭位性眩暈、頭位めまい症、頭位性回転性めまい頭位性めまい


高浸透圧性眩暈症・頭位眼振症候群」

  [★]

hyperosmolar vertigo-positional nystagmus syndrome


良性発作性頭位眩暈」

  [★] 良性発作性頭位眩暈症


悪性発作性中枢性頭位眩暈」

  [★]

ブルンス症候群




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡