白血球遊走阻止因子

出典: meddic

leukocyte migration-inhibitory factor

和文文献

  • 白血球遊走試験による薬疹の検討
  • 阿部 学,宇野 勝次
  • アレルギー 47(12), 1264-1272, 1998-12-30
  • … 薬疹疑診患者202例に対して白血球遊走試験(LMT)による起因薬剤の検出同定を行った.LMTは白血球遊走促進因子(LMAF)を46.5%, 白血球遊走阻止因子(LMIF)を46.0%検出し, LMAFとLMIFのどちらか一方を78.2%検出した.また, LMAFは患者血清無添加群で22.8%, 患者血清添加群で33.7%検出され, 患者血清添加群で有意に高く検出された.LMAFまたはLMIFを検出した薬剤193剤のうち, β-ラクタム剤が27.5%, 解熱鎮痛消炎剤が18.7%を占め, β-ラクタム剤はLMAF, …
  • NAID 110002406218
  • 黄色ブドウ球菌培養上清中に存在する多形核白血球遊走阻止因子と遊走因子について〔英文〕
  • 渡辺 征,石井 卓弥,上村 知雄
  • 麻布大学獣医学部研究報告 5(2), p85-97, 1984-10
  • NAID 40004364287

関連リンク

世界大百科事典 第2版 白血球遊走阻止因子の用語解説 - ごく微量で標的リンパ系細胞に強力に作用して,細胞性免疫応答を発現させたり調節したりする。おもなものにマクロファージ遊走阻止因子macrophage(migration)inhibitory factor(MIFと ...
薬剤アレルギーの前期では白血球遊走促進因子、後期では白血球遊走阻止因子が産生され、LMTはその両方を検出するため、アレルギー起因薬剤の検出率が高い大きな理由の1つになっています。 次に各薬剤 ...

関連画像

マクロファージ=大食細胞 マクロファージ』の検索結果マクロファージ(大食細胞 マクロファージ細胞株のM-Sec Nice Body Make・・・よもやま話マクロファージ』の検索結果


★リンクテーブル★
リンク元LMIF」「leukocyte migration-inhibitory factor
関連記事白血球」「血球」「阻止」「」「因子

LMIF」

  [★] 白血球遊走阻止因子 leukocyte migration inhibitory factor

leukocyte migration-inhibitory factor」

  [★]

  • 白血球遊走阻止因子

白血球」

  [★]

leukocyte, leucocyte (Z), white blood cell (Z), WBC, white corpuscle, white cell
赤血球血球血液

白血球

基準値

  • 4000-9000 (/μl) (2007前期解剖学授業プリント)
異常値の出るメカニズム第5版
  • 5000- 8400 (/μl) (健常者の2/3)
  • 4500-11000 (/μl) (95%範囲)

年齢との関連

生理的な変動

  • 精神的ストレス↑  → 交感神経の刺激により好中球の血管壁遊離が促進されるため
  • 午前↓、午後↑

基準値

  07解 異メ 流マ HIM.A-1
顆粒球 好中球 桿状核球 40~70 44~66 40~60 4~14 0~5
分葉核球 43~59 40~70
好酸球 2~4 0~ 4 2~4 0~6
好塩基球 0~2 0~0.5 0~2 0~2
無顆粒球 リンパ球 25~40 30~38 26~40 20~50
単球 3~6 0~ 5 3~6 4~8
  • 07解: 2007前期解剖学授業プリント
  • 異メ: 異常値の出るメカニズム第5版 p.91
  • 流マ: 流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.10

血管外滲出 extravasation (SMB.37 BPT.37)

(margination)

  • 1. 赤血球は軽く早く流れるので血管の中央をながれ、白血球は血管のへりを流れている

(rolling)

  • 2. IL-1, TNFで血管内皮細胞が活性化し、血管内腔にE-selectinを発現する
  • 3. P-selectinヒスタミントロンビンの働きにより、血管内腔に発現する
  • 4. 白血球と血管内皮細胞の接着分子で接着することで、白血球がrollingを始める
  • 3. 次第にselectinによる接着はdown regulateされる

(adheresion & arrested)

(transmigration)

  • 6. 白血球と血管内皮細胞に発現しているPECAM-1(CD31)がお互い接着し、白血球が血管内皮細胞の間隙を通って細胞外マトリックスに入る
血管内皮細胞   白血球
Rolling
E-selectin 糖鎖(SLex)
P-selectin 糖鎖
糖鎖(GlyCAM-1)(=CD34) L-selectin
Adhestion
ICAM-1 LFA-1 integlin(CD11a/CD18), Mac-1 integlin(CD11b/CD18)
VCAM-1 VLA-1 integlin
transmigration
PECAM-1(CD31) PECAM-1(CD31)

白血球の染色

  • 好酸性:赤く染まる→ヘモグロビン
  • 好塩基性:青く染まる→リボソーム、核内のヒストン蛋白
  • 好酸性でも好塩基性でもない:淡いピンクに染まる
  • MPOをもつ:顆粒球(前骨髄球~分葉核球)、単球(前単球~単球)
  • MPOをもたない:リンパ球系細胞
  • 好中球:長鎖エステルを分解
  • 単球:短鎖エステルを分解

関節液

  •   炎症 感染
  • 200 2000 20000
  • 500 5000 50000

臨床関連

白血球のインテグリンが欠損または減少する先天性疾患
反復性の細菌皮膚感染
  • SIRSの診断基準:<4,000/ul or >12,000/ul




血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


阻止」

  [★]

preventioninhibitionrepressionpreventinhibitrepressdeterblock
遮断阻害封鎖防ぐブロック防止抑圧抑制予防妨げる

子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡