癌性胸膜炎

出典: meddic

carcinomatous pleurisy, cancerous pleurisy
胸膜炎胸膜腫瘍水胸/水胸症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 局所麻酔下胸腔鏡にて診断し得た腎癌術後18年目に再発した癌性胸膜炎の1例
  • 石井 聡,竹田 雄一郎,平野 聡,中道 真仁,仲 剛,飯倉 元保,伊藤 秀幸,小林 信之,工藤 宏一郎
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(5), 326-330, 2011-09-25
  • … 今回,局所麻酔下胸腔鏡にて診断し得た腎癌術後18年目に再発した癌性胸膜炎の1例を経験したので報告する. …
  • NAID 110008750374
  • 呼吸器内視鏡検査が胸膜・肺転移の診断に有用であった術後15年目の再発乳癌の1例
  • 山田 秀哉,福岡 和也,田端 千春,安光 亮洋,政近 江利子,前田 理沙,大桑 久弥,神谷 瞳,本田 実紀,大搗 泰一郎,三上 浩司,野木 佳孝,平山 倫子,寺田 貴普,岡田 あすか,村上 亜紀,田村 邦宣,栗林 康造,中野 孝司
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(4), 250-255, 2011-07-25
  • 背景.胸水貯留例に対し局所麻酔下胸腔鏡検査が有用である.症例.75歳女性.1995年1月,近医にて右乳癌に対し乳房切除術を施行.術後タモキシフェン,フルオロウラシルを2年間投与され,経過観察されていた.2009年10月,健診時の胸部X線にて,右胸水を認め当科に紹介となった.胸水検査では原因となる所見は得られなかった.^<18>F-fluorodeoxyglucose positron- …
  • NAID 110008687251
  • 国際観光船乗客に発症した肺癌症例の経験
  • 福田 実 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 86(2), 59-63, 2011-06-25
  • … 重症呼吸不全であり、原因は肺癌・癌性胸膜炎・肺炎・間質性肺炎だった。 …
  • NAID 110008620303

関連リンク

がん性胸膜炎。がん性胸膜炎とはどんな病気か がんが胸膜に播種(はしゅ)(ばらまかれること)し、胸水がたまる病気です。原因は何か がん性胸膜炎を引き起こす悪性腫瘍としては肺がんが最も多く、次いで胃がん、乳がん、卵巣が ...
鑑別 漏出液 浸出液 外観 淡黄色、透明、水様 黄色~褐色、混濁、血性、膿性、乳び性 比重 1.015以下 1.018以上 タンパク量 2.5g/dl以下 4.0g/dl以上 胸水/血清 (比) 0.5未満 0.5以上 LDH 200IU/dl未満 200IU/dl以上・・・癌性胸水で ...

関連画像

総合内科診療日誌遺伝子胸水穿刺による腹水減少 遺伝子胸水穿刺による腹水減少 癌性胸膜炎に対し胸膜癒着術 医師国家試験対策wiki 胸膜中皮 呼吸困難感の緩和」


★リンクテーブル★
先読み胸膜腫瘍」「水胸症
国試過去問102A054」「103B035
リンク元ヒアルロン酸
関連記事胸膜」「胸膜炎」「」「癌性

胸膜腫瘍」

  [★]

tumor of pleura, tumor of the pleura,pleural tumor
胸膜新生物 pleural neoplasm, neoplasm of pleura


分類

  • 原発性:まれ
  • 線維腫
  • 血管腫
  • 脂肪腫
  • 中皮腫 → 胸膜中皮腫 ・・・原発性胸膜腫瘍の中で最多である。
  • 転移性


水胸症」

  [★]

hydrothorax
hydrops pleurae
漿液胸 serothorax
胸水水胸胸水症


102A054」

  [★]

  • 65歳の男性。右前胸部の疼痛を主訴に来院した。2か目前から乾性咳嗽と労作時の呼吸困難とが出現し、徐々に増悪した。16歳から60歳まで自動車整備工をしていた。喫煙は20本/日を45年間、意識は清明.身長168cm、体重54kg、体温37.0℃。脈拍76/分、整。血圧130/90mmHg、胸部右側の呼吸音の滅弱を認める。血液所見:赤血球429万、Hb14.6g/dl、Ht45%、白血球4,100、血小板20万。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dl、アルブミン3.5g/dl.AST 22IU/l、ALT 9IU/l、LDH 128IU/l(基準176~353)。CRP O.2mg/dl。穿刺排液した胸水は黄色混濁で、比重1.019。蛋白5.2g/dl、LDH 151IU/l、アデノシンデアミナーゼ 45.OIU/l(基準50以下)、ヒアルロン酸高値。一般細菌および抗酸菌培養は陰性で、結核菌のPCR検査も陰性であった。胸部単純CTを以下に示す。確定診断のため、胸腔鏡下で壁側胸膜上の結節を生検した。生検組織のH-E染色標本とカルレチニン免疫組織染色標本とを以下に示す。CEAによる免疫組織染色は陰性であった。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102A053]←[国試_102]→[102A055

103B035」

  [★]

  • レーザー療法を行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B034]←[国試_103]→[103B036

ヒアルロン酸」

  [★]

hyaluronate, hyaluronic acid
ヒアルロン酸ナトリウム hyaluronate sodium
アイケアアイケアミニアスリカンアダントアドマックアルツアルヒーロオペガンオペガンハイオペリードグリオロングルコジンサイビスクスベニールソルペントティアバランスディスコビスクニコゼットハリソンヒアールヒアガードヒアルトーワヒアルロン酸Naヒアルロン酸Naヒアルロン酸ナトリウムヒアレインヒアロスヒアロンサンヒーロンヒーロンVピオネスヒカミロンビスコートヒュースレンヒルネートプリーラプロビスクホスビロンユニヒロンルミステロン
肝線維化マーカー
眼科用剤


臨床関連

  • 胸水検査:ヒアルロン酸高値 → 癌性胸膜炎(原発性肺癌の浸潤、悪性胸膜中皮腫悪性リンパ腫、転移性腫瘍(乳癌、子宮の癌、腎細胞癌、胃癌))

添付文書

  • ヒアレイン点眼液0.1%/ヒアレインミニ点眼液0.1%/ヒアレインミニ点眼液0.3%
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1319720Q3078_1_05/1319720Q3078_1_05?view=body


胸膜」

  [★]

pleura (Z)
腹膜心膜壁側胸膜臓側胸膜
  • 肺を覆う二重の漿膜であり、大きく2つに分けられる。
  • この2つの膜は肺門で折り返してつながり、袋をなしている(Z)


胸膜炎」

  [★]

pleurisy
pleuritis
肋膜炎


症状

  • 胸水貯留による症状、炎症による胸痛、炎症が気道刺激を惹起して起こる咳嗽


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

癌性」

  [★]

cancerouscarcinomatous
がんがん性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡