熱ショック蛋白質

出典: meddic

heat-shock protein heat shock protein HSP
ストレス蛋白質 stress protein
熱ショックタンパク質熱ショックタンパク熱ショック蛋白ヒートショックタンパク質
[show details]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 成長期マウスの下顎頭軟骨における熱ショック蛋白質Hsp32の局在
  • 藤田 優子,牧 憲司
  • 小児歯科学雑誌 50(2), 162, 2012-04-25
  • NAID 10030558645
  • 熱ストレス応答による炎症の抑制機構
  • 瀧井 良祐
  • 山口医学 60(5), 167-171, 2011-10-31
  • … 熱ショック応答は,熱ショック因子(heat shock factor,HSF)によって転写のレベルで調節され,蛋白質フォールディングを介助する熱ショック蛋白質(heat shock protein,HSP)の誘導を特徴とし,同時に蛋白質分解を含むさまざまな機能を担う蛋白質の誘導も伴う.したがって,細胞の蛋白質ホメオスタシスの鍵となる因子である.それだけでなく,HSFは,脳,生殖器,感覚器などの個体発生と維持に重要な役割も担っている.我々の研究を含む成果 …
  • NAID 10030041611
  • OP-169 熱ショック蛋白質Apg-1(Hspa4l/Osp94)欠損マウスは雄性不妊となる(不妊・Andrology1,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 藤田 潤,金子 嘉志,伊藤 克彦
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 369, 2011-03-20
  • NAID 110008612205
  • 熱ショック蛋白質誘導剤(ゲラニルゲラニルアセトン)を用いた老人性難聴モデルマウスの難聴進行の抑制
  • 御厨 剛史
  • 山口医学 59(4), 153-160, 2010-08-31
  • … 【背景】老人性難聴とは老化に伴う進行的不可逆的な感音難聴であり,聴力の損失は著しくquality of lifeを低下させるが治療法はいまだない.本研究では生体が持つ根幹的なストレス応答である熱ショック応答と誘導される熱ショック蛋白質(Hsp)に着目した.Hspは変性した蛋白質の品質管理や細胞死を抑制することで生存を促進する.この応答は年齢とともに低下し,進行性神経変性疾患での病因の一つと考えられている. …
  • NAID 10030704702

関連リンク

開発エピソード「熱ショックタンパク質(ヒートショックプロテイン)って何?」HSPがなぜお肌のシミやシワにも効果があるのか。再春館製薬所の研究成果をご紹介いたします。
温めて熱ショックたんぱく質が増えると 人間の体の中で何が起きるのでしょう? 白血球の一種、T細胞をまずは35 で培養して がん細胞と同じシャーレに入れてみました。 すると、体当たりするようにしてがん細胞を攻撃。
熱ショックタンパク質(Heat Shock Proteins, HSP)は,全ての細胞中に普遍的に存在するタンパク質です。これらは種々の機能を持っていますが,細胞が熱・寒さ・酸素欠乏などの様々な環境のストレスにさらされると発現量が増えるので ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みstress protein」「熱ショックタンパク」「熱ショックタンパク質
リンク元HSP」「Hsp」「heat shock protein」「ヒートショックタンパク質」「熱ショック蛋白
拡張検索熱ショック蛋白質60ファミリー
関連記事蛋白質」「ショック」「」「熱ショック」「白質

stress protein」

  [★]

ストレスタンパク質ストレスタンパク

heat-shock protein


熱ショックタンパク」

  [★]

[[]]
Hsp
[[]]


Hsp

熱ショックタンパク質」

  [★]

heat shock peotein HSP


HSP」

  [★]


Hsp」

  [★] 熱ショック蛋白質 heat-shock protein


heat shock protein」

  [★] 熱ショック蛋白質


ヒートショックタンパク質」

  [★] 熱ショック蛋白質


熱ショック蛋白」

  [★] 熱ショック蛋白質


熱ショック蛋白質60ファミリー」

  [★]

heat shock protein 60 family
HSP60ファミリー


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット


熱ショック」

  [★]

heat shockheatshockHS、heat-shock
ヘパラン硫酸ウマ血清ヒートショック

白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡