深頚リンパ節

出典: meddic

deep cervical lymph nodes (M)
頚部リンパ節リンパ節


上深頚リンパ節・下深頚リンパ節

#索引
M.520, M. 575



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 朝日大学附属病院来院患者の腫瘍および腫瘍性病変の稀少症例
  • 竹内 宏,徳田 周子,田中 美和,永山 元彦,佐藤 勝,永原 國央,大友 克之
  • 岐阜歯科学会雑誌 30(特集号), 209-226, 2004-11-20
  • … 等を混じていた為に,さらに免疫組織化学的検索およびflow cytometryを加えて,mantle cell lymphomaやHodgkin lymphoma等との鑑別を詳細に行い,顎下リンパ節原発のfollicular lymphomaと最終診断された.なお本症例はすでに深頚リンパ節に系統的転移を起こしつつあって,この点も稀な症例であることを示していた.Rhabdomyosarcomaも他部に多く口腔に稀である.自験例は病理組織学的には,ブドウ状型から多形型に至るrhabdomyosarcomaのすべての特徴 …
  • NAID 110004689648
  • 鼻腔・咽頭粘膜付随リンパ組織の高内皮細静脈におけるリンパ節ホーミングリガンドの発現
  • 林 春樹,中島 民治,菊田 彰夫
  • 産業医科大学雑誌 24(1), 90, 2002-03-01
  • … 付随リンパ組織のパイエル板(PP)のHEVや粘膜固有層にはMAdCAM-1が発現し,メモリーリンパ球のインテグリンα4β7と相互作用し遊走を仲介する.本研究は,NALTおよびその排導リンパ節である顎下リンパ節(smLN)と深頚リンパ節(dcLN)のHEVにおけるL-selectinリガンドとMAdCAM-1の発現を免疫組織化学的に調べ,PP,腸間膜リンパ節(MLN),上腕リンパ節(bLN),顔面リンパ節(fLN)と比較した.NALTのほとんど全てのHEVはPNAdおよびGlyCAM-1を発現していたが, …
  • NAID 110001260189

関連リンク

(3) 中・下内深頸部リンパ節:喉頭、上・中・下咽頭、頚部食道、口腔、舌、甲状腺 (4) 鎖骨上、副 ... 特に深頚部リンパ節は頭頚部のほとんどのリンパ節からリンパを受けて いるため、頭頚部疾患におけるこのリンパ節はきわめて重要な存在です。最終的に頭 頚部 ...
図 2 頭頸部リンパ節の位置. 耳介後部リンパ節. 浅頸部リンパ節. 深頸部リンパ節. 後頸 部リンパ節. 鎖骨上窩リンパ節. 下顎角直下(扁桃)リンパ節. 顎下部リンパ節. オトガイ 下部リンパ節. 耳下腺部リンパ節. 耳介前部リンパ節. 表 3 頭頸部リンパ節腫脹のリンパ ...

関連画像

 の6ヶ所の主要リンパ節部分のリンパ管とその領域リンパ節 頭頸部のリンパ節これらのリンパ節に対する イメージ 3深頚リンパ節鎖の剖出 (図


★リンクテーブル★
リンク元頚部リンパ節」「頚静脈肩甲舌骨筋リンパ節」「頚静脈二腹筋リンパ節」「上深頸リンパ節
拡張検索上内深頚リンパ節」「内深頚リンパ節」「中内深頚リンパ節」「下内深頚リンパ節
関連記事リンパ節」「リン」「」「」「リンパ

頚部リンパ節」

  [★]

cervical lymph node
  • M.567



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

国試



頚静脈肩甲舌骨筋リンパ節」

  [★]

jugloomohyoid lymph node (N), juglo-omohyoid node
深頚リンパ節


  • 深頚リンパ節に含まれる

舌尖からのリンパ


頚静脈二腹筋リンパ節」

  [★]

jugulodigastric node, jugulodigastric lymph node
扁桃リンパ節
口蓋扁桃頚部リンパ節
  • 図:N.68
  • 口蓋扁桃からのリンパ管は外側下方の上部深頚リンパ節と経静脈二腹筋リンパ節に注ぐ。


上深頸リンパ節」

  [★]

深頸リンパ節、深頚リンパ節


上内深頚リンパ節」

  [★]

subdigastric node, superior internal jugular node
上内深頸リンパ節


内深頚リンパ節」

  [★]

internal jugular node, internal jugular chain
内深頸リンパ節


中内深頚リンパ節」

  [★]

mid internal jugular node
中内深頸リンパ節thyroid node


下内深頚リンパ節」

  [★]

inferior internal jugular nodes
下内深頸リンパ節


リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


頚」

  [★]

cervixcervical
頸髄頚髄頸椎頚椎頸部頚部子宮頸部子宮頚部


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3