気管支

出典: meddic

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支







Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/04 18:49:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 気管支喘息に対する鍼治療の効果の検討-運動誘発性喘息を対象として-
  • 1歳4カ月に軽快した先天性気管支狭窄にもとづく無気肺の極低出生体重児例
  • 中村 公紀,井手 康二,森井 真理子,瀬戸上 貴資,堤 信,橋口 千鶴,井上 真改,木下 竜太郎,太田 栄治,森 聡子,廣瀬 伸一
  • 福岡大学医学紀要 38(3), 121-124, 2011-09
  • NAID 110008606728
  • 気管支喘息における共刺激分子の役割
  • 松元 幸一郎,中西 洋一,Matsumoto Koichiro,Nakanishi Yoichi,マツモト コウイチロウ,ナカニシ ヨウイチ
  • 福岡医学雑誌 102(8), 243-253, 2011-08-25
  • 気管支喘息,特にアトピー性喘息は吸入抗原に対するTh2 タイプのアレルギー性炎症反応を本態とし,抗原提示細胞を介したT 細胞の活性化がB細胞からの抗原特異的IgE の産生,肥満細胞や好酸球の活性化に繋がる.これら多種類の免疫担当細胞・炎症細胞によって構成される慢性の気道炎症は気道過敏性と連動することで可逆性の気道狭窄(喘息発作)をもたらす.抗原特異的Th2細胞の成立・活性化とその制御において …
  • NAID 120003294955

関連リンク

気管支炎(きかんしえん、英: Bronchitis)は、呼吸器疾患の一つで気管支の炎症を指す 。急性と慢性に区分される。また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞性肺疾患にも 分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴、呼気延長、1秒率の低下、残気量の 増加 ...
気管支喘息(きかんしぜんそく、Bronchial Asthma)とはアレルギー反応や細菌・ ウイルス感染などが発端となった気管支の炎症が慢性化することで気道過敏性の亢進 、可逆性の気道狭窄をおこし、発作的な喘鳴、咳などの症状をきたす呼吸器疾患である 。

関連画像

本製品の気管支内視鏡による 咽頭と気道の間にある、軟骨に 末梢に向かって以下のように観 気管支画像を見る(大)気管支・肺動静脈(正面)mixiチェック


★リンクテーブル★
リンク元気管支の分岐」「副交感神経系」「右主気管支」「主気管支」「肺区域
拡張検索細気管支」「気管支静脈」「葉気管支」「気管支樹
関連記事気管

気管支の分岐」

  [★]

呼吸器の上皮の移行肺区域気管支
generation Diameter Length Number Total cross
(cm) (cm) sectional arec
    (cm^2)
C trachea 0 1.8 12 1 2.54
C bronchi 1 1.22 4.8 2 2.33
C bronchi 2 0.83 1.9 4 2.13
C bronchi 3 0.56 0.8 8 2
C bronchioles 4 0.45 1.3 16 2.48
C bronchioles 5 0.35 1.07 32 3.11
C  
R terminal bronchioles 16 0.06 0.17 6x10^4 180
R respiratory bronchioles 17
R respiratory bronchioles 18
R respiratory bronchioles 19 0.05 0.1 5x10^5 10^3
R alveolar duct 20
R alveolar duct 21
R alveolar duct 22
  alveolar sacs 23 0.04 0.05 8x10^6 10^4

C: Conducting zone~ R: Transitional and respiratory zones


副交感神経系」

  [★]

parasympathetic nervous system (KL)
pars parasympathica
自律神経系交感神経系副交感神経
  • 脳幹:CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

節後ニューロン



右主気管支」

  [★]

right main bronchus
bronchus principalis dexter
主気管支気管支右気管支
  • 右の一次気管支。右の気管支を総称する場合に右気管支を使うものと思われる

臨床関連


主気管支」

  [★]

main stem bronchus (Z), main bronchus
一次気管支気管支気管


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


肺区域」

  [★]

bronchopulmonary segment (KL),(pl) bronchopulmonary segments (KH), segmentation of lungs (Z), pulmonary segments??
気管支肺区域 亜肺葉
気管支気管支の分岐



細気管支」

  [★]

bronchiole n. / -s pl.
bronchiolus
気管支の分岐クララ細胞肺小葉

臨床関連

  • 肺の末梢気道、特に細気管支領域は解剖学的に気道肺胞の接点に位置し、喫煙や大気汚染物質により早期から障害を生じると考えられてきた。特に内径2mm以下の末梢気道の病変は呼吸生理学的にsmall airway diseaseと呼ばれ、進行すれば肺気腫などの慢性閉塞性疾患の発生につながるものとして喫煙などとの関連で論じられてきた。 (講義録呼吸器学 p.79)


気管支静脈」

  [★]

bronchial vein
気管支
  • N.203

起始

  • 肺内から起こり肺門からでる

終止

分布

生理学

  • 解剖学的シャントとなる。


葉気管支」

  [★]

lobar bronchus (Z), lobar bronchi
bronchi lobares
肺葉気管支、二次気管支 secondary bronchi



気管支樹」

  [★]

()
bronchial tree


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡