次硝酸ビスマス

出典: meddic

bismuth subnitrate
bismuthi subnitras
次硝酸ビスマス末硝ビスビスミット
止痢薬止しゃ剤,整腸剤




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/05 23:03:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ゲンノショウコエキス配合止瀉剤の収斂作用および空腸粘膜の短絡電流に対する作用
  • 消火性潰瘍再発におけるHelicobacter pyloriの意義
  • 3.次硝酸ビスマス経口投与による退縮型癌細胞の悪性化進展の抑制(第9回東日本学園大学口腔外科研究会)

関連リンク

次硝酸ビスマスとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 副作用 人によっては、吐き気がしたり、食欲がなくなります。かえって便秘がちになるときは、早めに医師と相談して ...
便秘の患者〔ビスマスが吸収されやすいため、血液中に移行する量が多くなるおそれがある。〕 結腸瘻造設術、回腸瘻造設術、又は人工肛門設術を受けた患者〔ビスマスが吸収されやすいため、血液中に移行する量が多くなる ...

関連画像

次硝酸ビスマス「ニッコー 次硝酸ビスマス「ケンエー 次硝酸ビスマス次硝酸ビスマス「三恵」 - 最短  次硝酸ビスマス「ヤマゼン硝酸ビスマス五水和物

添付文書

薬効分類名

  • 整腸剤

販売名

次硝酸ビスマス「ホエイ」

組成

成分・含量(1g中)

  • 日本薬局方 次硝酸ビスマス 1g含有

禁忌

  • 出血性大腸炎の患者〔腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢のある患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。〕慢性消化管通過障害又は重篤な消化管潰瘍のある患者〔ビスマスの吸収による副作用がおこるおそれがある。〕

効能または効果

  • 下痢症
  • 次硝酸ビスマスとして、通常成人1日2gを2〜3回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 便秘の患者、結腸瘻造設術、回腸瘻造設術又は人工肛門造設術を受けた患者、消化管憩室のある患者〔ビスマスが吸収され、重大な副作用がおこるおそれがある。〕

重大な副作用

精神神経系(頻度不明)

  • ビスマス塩類(次硝酸ビスマス、次没食子酸ビスマス)1日3〜20gの連続経口投与(1ヵ月〜数年間)により、間代性痙れん、昏迷、錯乱、運動障害等の精神神経系障害(初期症状:不安、不快感、記憶力減退、頭痛、無力感、注意力低下、振戦等)があらわれたとの報告がある。これらの報告によれば、症状は投与中止後、数週間〜数ヵ月で回復している1)

血液(頻度不明)

  • 亜硝酸中毒(メトヘモグロビン血症、血圧降下、皮膚の潮紅)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。
    また、便秘があらわれた場合には亜硝酸中毒をおこすおそれがあるので、減量、休薬等適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 本剤は収れん並びに粘膜面、潰瘍面を被覆保護する作用を有し、また腸内異常発酵によって生じる硫化水素と結合するため、胃腸カタル、胃痛、潰瘍、下痢などに効果があるとされている。また本剤の内服により腸内に生じた硝酸イオンは、大腸菌により還元されて徐々に亜硝酸イオンとなり、血管拡張、血圧降下作用のあることが認められている(Stieglitz, 1936)。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 〔日局〕次硝酸ビスマス(Bismuth Subnitrate)

性状

  • 本品は白色の粉末である。
    本品は水、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品は塩酸又は硝酸に速やかに溶けるが、泡立たない。
    本品はわずかに吸湿性があり、潤した青色リトマス紙に接触するとき、これを赤変する。


★リンクテーブル★
リンク元止しゃ剤,整腸剤」「次サリチル酸ビスマス
関連記事硝酸」「」「ビスマス」「マス

止しゃ剤,整腸剤」

  [★]

商品


次サリチル酸ビスマス」

  [★]

bismuth subsalicylate
PEPTO-BISMOL Pepto-Bismol, Bismatrol
次没食子酸ビスマス
  • Bismuth subsalicylate is 2-Hydroxybenzoic acid bismuth (3+) salt

作用機序 SPC.311

  • ビスマス剤:ビスマス塩のうち、水に不溶のものは、内服によって胃酸中和、胃腸粘膜の被覆保護などの作用を呈するほか、全腸管に渡って収斂作用を表す。ビスマス剤はまた腸内のH2Sと結合し、その蠕動作用も除くので、確実な制瀉薬として作用する。ビスマス製剤として次硝酸ビスマス次没食子酸ビスマス次サリチル酸ビスマスなどが用いられる

参考

[display]http://www.asahi-net.or.jp/~yq6k-srtn/kusurishishayaku.htm
[display]http://www.rxlist.com/helidac-drug.htm
  • 詳しい。英語
[display]https://members.kaiserpermanente.org/kpweb/drugency/drugdetails.do?drugID=299464&name=Bismuth%2BSubsalicylate%2B525%2Bmg%2F15%2BmL%2BOral%2BSusp&index=true
[display]http://www.drugs.com/mmx/bismuth-subsalicylate.html
  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Bismuth_subsalicylate
-bismuth subsalicylate


硝酸」

  [★]

nitric acid, nitrate
硝酸塩亜硝酸 nitrous acid亜硝酸塩 nitrite
  • HNO3



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ビスマス」

  [★]

bismuthBi
次没食子酸ビスマス


マス」

  [★]

trout
チャーイワナ属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡