樹枝状角膜炎

出典: meddic

dendritic keratitis


和文文献

  • ステロイド点眼治療中に樹枝状角膜炎を合併したヘルペス性角膜内皮炎の4例 (特集 第61回日本臨床眼科学会講演集(5))
  • 木戸 さやか,杉田 直,二神 百合 [他]
  • 臨床眼科 62(7), 1061-1065, 2008-07
  • NAID 40016155302
  • 経過観察中に樹枝状角膜炎を認めた角膜内皮炎の1例
  • 福島 敦樹,小松 丈記,西野 耕司 [他]
  • 眼科臨床医報 99(12), 992-994, 2005
  • NAID 40007057804

関連リンク

2006年7月21日 ... ヘルペス角膜炎、ヘルペス性角膜炎樹枝状角膜炎、円盤状角膜炎などの特徴のある 角膜病変を示す単純ヘルペス ... ヘルペス性角膜炎の確定診断にはウイルス抗原の 証明が良いですが、“樹枝状の上皮欠損“と言う特徴的な形態から細隙灯 ...
2007年10月10日 ... であると言え,HSVによるもの以外は偽樹枝状角膜炎. と呼んで区別し,両者の 称 ... 3) 地図状病変. 樹枝状角膜炎が治療されず遷 化すると,上皮欠損部. が拡大して地図状 角膜炎(geographic keratitis,図 7). の形をとるが,その場合も全体 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問098D008
関連記事角膜」「」「樹枝状」「角膜炎

098D008」

  [★]

  • 55歳の女性。数日前からの右眼痛を訴えて来院した。
  • 5年前から関節リウマチで治療を受けている。数か月前から口腔乾燥感と両眼の異物感とを自覚している。視力は右0.6(矯正不能)、左0.7(1.0×-1.0D)。眼圧は両眼ともに15mmHg。前房、水晶体および眼底に異常は認めない。フルオレセイン染色後の前眼部写真を以下に示す。
  • みられる所見はどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D007]←[国試_098]→[098D009

角膜」

  [★]

cornea
眼球

発生 (L.378)

  • 発生第5週末に眼の原基は間葉に取り囲まれる
  • 水晶体の前方に空胞が形成され前眼房を形成する。これにより、前方は角膜、後方は虹彩瞳孔膜が位置することになる
  • 前方では表層外胚葉が陥入、くびきとられて角膜の上皮を形成する。
  • これにより角膜が次の3層から構成されることになる
1. 上皮細胞層:体表外胚葉由来
2. 角膜固有層:強膜と連続。おそらく中胚葉由来
3. 上皮層  :前眼房と接する。おそらく中胚葉由来


組織

角膜上皮    
Bowman膜 基底膜 コラーゲン細線維
角膜実質   コラーゲン+ムコ多糖
Descemet膜 基底膜  
角膜内膜    





炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

樹枝状」

  [★]

dendritic
樹状樹状突起


角膜炎」

  [★]

keratitis
角膜 cornea





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡