横隔神経

出典: meddic

phrenic nerve (KH)
nervus phrenicus
[[]]

由来

支配

走行



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/16 11:08:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Comparative Study on the Actions of Toxin Extracts from Two Different Puffer Fishes on INa and Respiratory N-M Transmission in the Rat
  • Yamamoto Sokatsu,Yoshimura Megumi,Iwata Satomi,Matsuura Tatsuya,Shin Min-Chul,Yamaga Toshitaka,Ito Yushi,Akaike Norio,山元 総勝,吉村 恵,岩田 暁美,松浦 辰也,申 敏哲,山鹿 敏臣,伊東 祐之,赤池 紀生,ヤマモト ソウカツ,ヨシムラ メグミ,イワタ サトミ,マツウラ タツヤ,シン ミンチョル,ヤマガ トシタカ,イトウ ユウシ,アカイケ ノリオ
  • 福岡医学雑誌 101(8), 173-181, 2010-08-25
  • … への直接電気刺激と横隔神経への間接電気刺激を与え,2種類のフグの肝臓から抽出した毒素成分とTTX による横隔膜の収縮抑制効果を検討した.その結果,抽出した毒素成分は,一定濃度の希釈倍率(トラフグ50 倍,ワモンフグ3000 倍)までは,間接刺激および直接刺激の筋収縮抑制効果には差はみられなかったが,濃度が低くなるにつれ,横隔膜への直接刺激のほうが横隔神経への間接刺激よりも …
  • NAID 120002646787
  • 横隔膜縫縮術後のフローボリューム曲線の検討
  • 河野 朋哉,松井 千里,寺田 泰二
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(5), 16-19, 2010-07-15
  • 横隔神経麻痺は横隔膜の運動低下による呼吸機能の低下をきたし,その低下は横隔膜縫縮術で改善することが知られている.当院で行った横隔膜縫縮術で術前,術後の呼吸機能検査が行われた5例について検討したところ,全例が呼吸困難感の改善を認め,その改善は長期間維持されていたのに対し,肺活量・一秒量が術後長期間改善を続けたのは1例のみであった.術後のフローボリューム曲線を検討したところ,ほぼ …
  • NAID 10026485159
  • PO-022 小児生体肝移植術後右横隔神経麻痺の経験(小児移植(合併症),ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会)
  • 田中 夏美,上野 豪久,高間 勇一,福澤 正洋
  • 日本小児外科学会雑誌 46(3), 609, 2010-05-20
  • NAID 110008016072

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 横隔神経の用語解説 - 頸神経叢の枝で,横隔膜の運動を支配する神経。第3~5頸神経から出て,前斜角筋の前を横切り,鎖骨下動・静脈の間を通って胸腔に入り,次いで縦隔胸膜と心膜の間を ...
横隔神経 横隔膜に分布する神経で、主に筋枝からなるが、知覚神経と交感神経も含む。 ・支配: 筋枝: 横隔膜 知覚枝: 横隔膜を覆う部分の胸膜・腹膜 心膜 縦隔胸膜 ・走行: 主に第4頸神経からなるが、第3,5頸神経からの線維も ...
あがり症の身体的原因のひとつされている横隔神経とは、通常、横隔膜を動かす2本の神経なのですが、不安や緊張ストレスに敏感に反応し様々な症状を引き起こします。逆にとらえれば、この横隔膜を鍛えることであがり症の症状を ...

関連画像

Gray804.png正面 背面 前方斜め 後方斜め横隔神経Gray806.pngTweet


★リンクテーブル★
国試過去問103E053」「101B104」「098G032」「106I039」「099B011
リンク元腕神経叢」「頚神経叢」「横隔膜」「関連痛」「上縦隔
拡張検索横隔神経麻痺」「横隔神経核」「横隔神経節
関連記事神経

103E053」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103E052]←[国試_103]→[103E054

101B104」

  [★]

  • 胸部手術の合併症と症候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B103]←[国試_101]→[101B105

098G032」

  [★]

  • 咳反射の構成で正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G031]←[国試_098]→[098G033

106I039」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I038]←[国試_106]→[106I040

099B011」

  [★]

  • 障害されると嗄声をきたすのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099B010]←[国試_099]→[099B012

腕神経叢」

  [★]

brachial plexus (B)
plexus brachialis
  • 図:N.413(模式図) N.457(枝の走行) KA.413(腕神経叢)
  • 後頚三角にあり、前斜角筋中斜角筋の間から出るところで3本の神経幹を作った後、外側に下行する。
  • C5-T1までの5本の脊髄神経前根腕神経叢を作る
  • 神経幹より近位の部分は、鎖骨より内側にある (N.412 KA.413)



    C3 C4 C5 C6 C7 C8 T1
 横隔神経          
 肩甲背神経            
 長胸神経          
上神経幹            
 鎖骨下筋神経            
 肩甲上神経            
中神経幹              
下神経幹            
外側神経束          
 外側胸筋神経          
内側神経束            
 内側胸筋神経            
 内側上腕皮神経            
 内側前腕皮神経            
後神経束      
 上肩甲下神経            
 胸背神経          
 下肩甲下神経            
 腋窩神経 上肢          
 筋皮神経        
 正中神経      
 橈骨神経    
 尺骨神経          
損傷レベル 主な動作筋 運動機能
C1-C3 胸鎖乳突筋 頭部の前屈、回転
C4 横隔膜(C3-C5)、僧帽筋 呼吸、肩甲骨挙上
C5 三角筋上腕二頭筋 肩関節屈曲・外転・伸展、肘関節屈曲・回外
C6 大胸筋、橈側手根伸筋 肩関節内転、手関節背屈
C7 上腕三頭筋橈側手根屈筋 肘関節伸展、手関節掌屈
C8-T1 指の屈筋群、手内筋 指の屈曲、手の巧緻運動


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




頚神経叢」

  [★]

cervical plexus
頚神経

皮枝

頚神経叢

前枝 皮枝 小後頭神経      
大耳介神経      
頚横神経      
鎖骨上神経      
筋枝 横隔神経    
オトガイ舌骨筋 C1+(C2+C3)    
甲状舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨甲状筋 C1+(C2+C3)    
肩甲舌骨筋 C1+(C2+C3)    
  C1 C2 C3 C4 C5
後枝 皮枝 後頭下神経        
大後頭神経        
第三後頭神経        
筋枝 固有背筋  


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

  • 横隔神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






関連痛」

  [★]

referred pain, telalgia, synalgia
投射痛遠隔痛異所痛
放散痛



Q book p.62-63

  • 胆嚢 → 右肩 (C3-C5) ← 横隔神経かな?
  • 心臓 → 左肩
  • 膵臓 → 左肩
  • 局所の疼痛と関連痛との鑑別。疼痛を感じるところを触ったりつまんだりして痛みに変化が出るか?出なければ関連痛


上縦隔」

  [★]

superior mediastinum (M)


横隔神経麻痺」

  [★]

phrenic nerve paralysis
横隔神経



横隔神経核」

  [★]

nucleus of phrenic nerve, phrenic nucleus


横隔神経節」

  [★]

()
phrenic ganglion


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡