検査後確率

出典: meddic


国試

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 問診・検査 検査所見の読み方 (新感染症学(上)新時代の基礎・臨床研究) -- (感染症の診断)

関連リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます。 @ ... 感度: 病気にかかっていることを、検査が正しく陽性と判定する確率 特異度:病気にかかっていないことを、検査が ...
ある腫瘍マーカーを肺癌患者100人と非肺癌患者1,000人とで測定したところ、表のような結果が得られた。この測定値が2.0ng/mlのとき、肺癌である検査後確率はどれか(ただし、肺癌の検査前確率を20%と仮定する)。
「検査前確率と検査後確率の差が大きいほど、有用な検査である」ということがどうしても理解できません。 ... ひょっとしてこれも学士入学に向けての質問ですか。 どうしても分かりません? それぞれの意味を調べた上で ...

関連画像

STEP6:妊娠判定排卵が起こる前に脳下垂体から  検査 後 確率 を 推定 できる検査前確率 - および、検査後確率 PV+ と PVもなかのさいちゅう


★リンクテーブル★
国試過去問097F017」「101D035」「109F029」「102H025」「100D016」「096F013」「103F013」「110C001」「100E024」「103F017
リンク元陽性尤度比」「感度
関連記事検査」「」「確率」「検査後

097F017」

  [★]

  • 48歳の男性。病歴と身体所見から慢性閉塞性肺疾患の可能性が20%と予測された。仮にこの疾患の診断に関して感度90%、特異度80%の新しい検査法が開発され、検査陽性であったとする。
  • この患者が慢性閉塞性肺疾患である可能性はどれか。
  • a. 34%
  • b. 53%
  • c. 66%
  • d. 80%
  • e. 97%
[正答]


※国試ナビ4※ 097F016]←[国試_097]→[097F018

101D035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。初めての人間ドックのため来院した。
  • 現病歴:3年前から排尿に時間がかかることがあった。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長168cm、体重65kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧146/78mmHg。胸腹部と四肢とに異常はない。直腸診で前立腺に硬結を触知する。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常はない。
  • 血液所見:赤血球420万、Hb13.8g/dl、Ht41%、白血球6,200、血小板23万。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖102mg/dl、総蛋白7.6g/dl、総コレステロール228mg/dl、AST58IU/l、ALT45IU/l。
  • 免疫学所見:CRP0.2mg/dl、AFP10ng/ml(基準20以下)、CEA2.0ng/ml(基準5以下)、PSA3.9ng/ml。
  • この施設の人間ドックの統計によると、過去10年間で50歳以上の男性受診者15,000人で前立腺癌と診断された者が450人いた。この統計を検査前確率の算定に用いた。この施設のPSAの基準値は年齢毎に決められ、40~49歳2.5ng/ml以下、50~59歳3.5ng/ml以下、60~69歳4.5ng/ml以下、70~79歳5.5ng/ml以下である。前立腺癌の検査におけるPSA、直腸診および組合せ検査の感度と特異度とを調べた結果を表に示す。
  • 検査感度特異度PSA増加0.670.97
  • 直腸診異常0.500.94
  • PSA増加または直腸診異常0.640.92
  • PSA増加と直腸診異常0.330.99
  • この患者が前立腺癌である検査後確率はどれか。
  • a. 10%
  • b. 33%
  • c. 50%
  • d. 75%
  • e. 90%
[正答]


※国試ナビ4※ 101D034]←[国試_101]→[101D036

109F029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。発熱と全身倦怠感とを主訴に来院した。
  • 現病歴:昨日から38℃台の発熱、頭痛、全身倦怠感および筋肉痛を認め、食欲も低下したため朝になって受診した。
  • 既往歴:30年前から高血圧症の治療を受けている。
  • 生活歴:妻、長男夫婦、小学生の孫1人と同居している。喫煙歴はない。飲酒は日本酒1合/日を30年間。
  • 家族歴:10日前に孫が、5日前に長男がそれぞれ高熱を出して学校や仕事を休んでいた。
  • 現症:意識は清明。体温 38.4℃。脈拍 96/分、整。血圧 138/76mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 97%(room air)。咽頭に軽度発赤を認める。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。項部硬直を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。肋骨脊柱角に叩打痛を認めない。四肢に浮腫を認めない。
  • この患者の診断のため鼻咽頭ぬぐい液を綿棒で採取し、外来で迅速検査を行うことにした。
  • 検査の結果は陰性であった。
  • 患者がこの疾患に罹患している検査前確率を75%としたときの検査後確率に最も近いのはどれか。
  • ただし、この検査の感度は60%、特異度は96%とする。
  • a 4%
  • b 18%
  • c 40%
  • d 44%
  • e 56%


[正答]


※国試ナビ4※ 109F028]←[国試_109]→[109F030

102H025」

  [★]

  • 60歳の男性。他院で膵癌の疑いがあると言われたため、検査データを持ってセカンドオピニオンを求めて来院した。最近仕事が忙しく、食事が不規則になり、体重も減ってきた。検査データではCA19-9のみ上昇していた。CA19-9の膵癌検出の感度は50%、特異度は75%であり、この患者での膵癌の検査前確率を20%と仮定する。CA19-9の上昇を考慮した検査後確率はどれか。
  • a. 26%
  • b. 33%
  • c. 40%
  • d. 47%
  • e. 54%
[正答]


※国試ナビ4※ 102H024]←[国試_102]→[102H026

100D016」

  [★]

  • 52歳の男性。最近仕事が忙しく、食事が不規則になり、体重も減ってきた。他院で膵癌の疑いがあるといわれたので、検査データを持ってセカンドオピニオンを求めて来院した。CA19-9のみ上昇していた。CA19-9の膵癌検出の感度50%、特異度70%であり、この患者での膵癌の検査前確率を20%と仮定する。CA19-9の上昇を考慮した検査後確率に最も近いのはどれか。
  • a. 25%
  • b. 30%
  • c. 35%
  • d. 40%
  • e. 45%
[正答]


※国試ナビ4※ 100D015]←[国試_100]→[100D017

096F013」

  [★]

  • 600床の病院の外来を1か月間に受診した胸痛患者70名中20名が急性心筋梗塞であった。同じ地域の無床診療所を同じ1か月間に受診した胸痛患者20名中、急性心筋梗塞の患者は1名であった。特定の施設の患者データから地域全体の疾患頻度を推定することによって生じる誤りを表す用語はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F012]←[国試_096]→[096F014

103F013」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103F012]←[国試_103]→[103F014

110C001」

  [★]

  • a 感度特異度から算出する。
  • b 病歴聴取の情報量により変化する。
  • c 検査後確率(事後確率)の影響を受ける。
  • d 主訴が同一なら診療所と病院で変化しない。
  • e 疾患を有する人の中で検査が陽性となる確率のことである。


[正答]


※国試ナビ4※ 110B062]←[国試_110]→[110C002

100E024」

  [★]

  • 検査が陽性のときに病気を有する確率が最も大きいのはどれか。
  • a. 有病率=0.01、感度=0.99、特異度=0.50
  • b. 有病率=0.01、感度=0.50、特異度=0.99
  • c. 有病率=0.01、感度=0.99、特異度=0.99
  • d. 有病率=0.50、感度=0.99、特異度=0.50
  • e. 有病率=0.50、感度=0.50、特異度=0.99
[正答]


※国試ナビ4※ 100E023]←[国試_100]→[100E025

103F017」

  [★]

  • ある腫瘍マーカーを肺癌患者100人と非肺癌患者1,000人とで測定したところ、表のような結果が得られた。


  • この測定値が2.0 ng/mlのとき、肺癌である検査後確率はどれか。ただし、肺癌の検査前確率を20%と仮定する。
  • a. 0.2
  • b. 0.25
  • c. 0.5
  • d. 0.75
  • e. 0.8
[正答]


※国試ナビ4※ 103F016]←[国試_103]→[103F018

陽性尤度比」

  [★]

positive likelihood ratio, LR+
感度特異度尤度比陰性尤度比相対危険度と混同するな
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
  • 「疾患を有する人」が「陽性」になる確率「疾患を有さない人」が「陽性」になる確率の比

使用例

  • A疾患の検査前確率がPb (%)の人がいる。
  • B検査を行ったところ陽性であった。
  • 検査後確率 Pa (%)はどのくらいか?
  • 検査前オッズ:Odb = Pb / ( 1- Pb )
  • 陽性尤度比 :Lp = 真陽性 / 偽陽性 = ( a / ( a + c ) ) / ( b / ( b + d ) )
  • 検査後オッズ:Oda = Odb x Lp
  • 検査後確率 :Oda = Pa / ( 1- Pa ) → Pa = Oda / ( 1 + Oda )

国試


感度」

  [★]

sensitivity
敏感度
特異度有病率(検査前確率)、検査後確率陽性適中度 陽性的中率 positive predictive value陰性適中度 陰性的中率 negative predictive value感度と特異度陽性尤度比


  • 有病者における検査結果が陽性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sn= a / ( a + c )


検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1


確率」

  [★]

probabilitychance
可能性機会偶然見込みチャンス


検査後」

  [★]

posttest
・ストテスト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6SHEEP BLEEDING PAN mail9
7OVINE LEG B IN mail5
8Norpseudoephedrine mail4
9右室梗塞4
10クモ膜嚢胞4
11ソーセージ様手指とは4
12右PICA後閉塞 s/o4
13裂脳症close4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
16MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
17グリコフォームとは4
18CATTLE BLEEDING HOOK mail3
19OVINE 6 WAYS CUT mail3
20パリスターキリアン3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1OVINE LEG B IN mail4
2Norpseudoephedrine mail4
3グリコフォームとは3
4SI 血清鉄 3
5+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
6メサコリン2
7ガラクトキナーゼ欠損2
8膜性骨化2
9プラスミノーゲンアクチベーター2
10尿細管性アシドーシス+嚢胞2
11atbi2
12兎眼+原因2
13Al Said and Superyacht A manufacturers-and-suppliers companies contacts us in Libya mail2
14BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
15大伏在静脈2
16蕁麻疹用血管炎2
17www.balkhair.com mail2
18局在関連性てんかん2
19医療電子教科書+アシドーシス2
20オノアクト+作用機序1