柴胡桂枝湯エキス

出典: meddic

柴胡桂枝湯漢方製剤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胆管結紮ラットにおける肝障害の進展に対する柴胡桂枝湯エキスの抑制効果--未熟ラットと成熟ラットでの比較
  • 太田 好次,西村 むつみ,林 高弘 [他]
  • 漢方と最新治療 19(2), 159-166, 2010-05
  • NAID 40017144828
  • 六味丸が著効した夜尿症の兄弟例
  • 石田 和之,佐藤 弘
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 60(6), 635-639, 2009-11-20
  • … 兄は柴胡桂枝湯エキスで,弟は葛根湯エキスにて治療を開始した。 …
  • NAID 10025975195
  • C-19 胆管結紮ラットにおける肝障害の進展に伴う肝臓の酸化ストレスに対する柴胡桂枝湯エキスの抑制効果(女性医学・肝,一般演題口演,第24回和漢医薬学会大会 和漢薬の複雑さ-経験知と科学知-)
  • 太田 好次,西村 むつみ,林 高広,北川 章,橋本 俊
  • 和漢医薬学雑誌 24(Supplement), 81, 2007-08-20
  • NAID 110006450423

関連リンク

病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。これは、煎じ薬を濃縮乾燥 させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬の まま調合することも)。現在、柴胡桂枝湯をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっ ...
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」は、漢方の原典である『傷寒論(しょうかんろん)』、『金匱 要略(きんきようりゃく)』に記載されている漢方薬で、風邪を初期に治しきれずにまだ 微熱があり、悪寒がすることもある、はきけがあるというような症状を伴う「かぜの中期 から ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

ツムラ柴胡桂枝湯エキス顆粒(医療用)

組成

  • 本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス4.0gを含有する。
    日局サイコ    5.0g
    日局ハンゲ    4.0g
    日局オウゴン   2.0g
    日局カンゾウ   2.0g
    日局ケイヒ    2.0g
    日局シャクヤク  2.0g
    日局タイソウ   2.0g
    日局ニンジン   2.0g
    日局ショウキョウ 1.0g

添加物

  • 日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物、ショ糖脂肪酸エステル

効能または効果

  • 発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのあるものの次の諸症
  • 感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛


  • 通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


重大な副作用

間質性肺炎(頻度不明)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

偽アルドステロン症(頻度不明)

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー(頻度不明)

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

抗潰瘍作用

  • ラットに経口前投与したところ、システアミンによるペプシン分泌亢進及び血漿セクレチン値低下が抑制された1)
  • 水浸拘束負荷ラットに経口投与したところ、胃粘膜障害発生及び胃粘膜血流量減少が抑制された2)
  • ラットに経口前投与したところ、インドメタシンによる胃粘膜血流量減少が抑制された3)

肝障害抑制作用

  • ラットに経口投与したところ、肝部分切除による血清AST(GOT)、OCT、γ-GTP及び肝TG値の上昇がそれぞれ抑制された。また、肝DNA量が増加した(in vivo)。また、フローサイトメトリーによる肝再生過程細胞周期の分析では、肝部分切除後28時間目でS期を増加させた(in vitro4)
  • マウスに経口前投与したところ、D-ガラクトサミンによる血清AST(GOT)上昇及び肝臓中の過酸化脂質(LPO)上昇が抑制された。また、肝臓中のグルタチオン(GSH・GSSG)上昇が亢進した5)
  • α-Naphthylisothiocyanate(ANIT)惹起肝胆道障害ラットに経口投与したところ、肝細胞障害、胆道障害及び血清LPO値上昇がそれぞれ抑制された6)

膵炎抑制作用

  • ラットに混餌投与したところ、セルレインによる血清アミラーゼ値上昇が抑制された。また、組織学的には膵臓間質における炎症細胞浸潤並びに腺房細胞における空胞の出現が抑制された7)
  • ラットに混餌投与したところ、水浸拘束ストレス負荷とセルレイン同時投与による膵内アミラーゼ含有量の減少が抑制された8)
  • ラットに経口前投与したところ、セルレインによる膵水分量増加、膵トリプシン含有量増加、膵LPO含有量増加及び膵SOD含有量減少がそれぞれ抑制された。また、カテプシンBの膵細胞内再分布が抑制された9)。更に組織学的には膵管内圧上昇によるinterstitial edema、acinar cell vacuolization変化が抑制された10)
  • 自然発症慢性膵炎モデルラットに経口投与したところ、膵炎の発症が抑制され、膵の茶褐色ヘモジデリン沈着並びに膵の萎縮が抑制された。また、血清アミラーゼ値の上昇並びに膵組織中のpancreatitis-associated protein(PAP)mRNAの発現が抑制された11)

作用機序

  • 本剤は、以下の作用により薬理効果を示すことが示唆されている。

抗潰瘍作用

  • ブタ胃粘膜より精製したH+,K+-ATPaseの酵素活性を抑制した(in vitro12)

膵炎抑制作用

  • ラット膵腺細胞において、高濃度のカルシウム添加による細胞中のDNA量、蛋白量及びLDH量の減少並びにアミラーゼ量の増加を抑制した(in vitro13)

免疫調整作用

  • ヒト末梢血単核球において、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)産生能14)及びTNF-α産生能15)を増強した(in vitro)。

消化管ホルモンに対する作用

  • ラットに混餌投与したところ、小腸内のセクレチンmRNAが増加した16)

活性酸素消去作用

  • ESR(electron spin resonance)装置を用いたスピントラッピング法により、活性酸素消去作用を認めた(in vitro17)


★リンクテーブル★
リンク元漢方製剤」「ケイシ
関連記事柴胡」「柴胡桂枝湯」「エキス」「桂枝湯」「桂枝

漢方製剤」

  [★]

販売されている漢方製剤

ツムラの漢方製剤

ツムラ# 名称
1 カッコントウ
2 カッコントウカセンキュウシンイ
3 オツジトウ
5 アンチュウサン
6 ジュウミハイドクトウ
7 ハチミジオウガン
8 ダイサイコトウ
9 ショウサイコトウ
10 サイコケイシトウ
11 サイコケイシカンキョウトウ
12 サイコカリュウコツボレイトウ
14 ハンゲシャシントウ
15 オウレンゲドクトウ
16 ハンゲコウボクトウ
17 ゴレイサン
18 ケイシカジュツブトウ
19 ショウセイリュウトウ
20 ボウイオウギトウ
21 ショウハンゲカブクリョウトウ
22 ショウフウサン
23 トウキシャクヤクサン
24 カミショウヨウサン
25 ケイシブクリョウガン
26 ケイシカリュウコツボレイトウ
27 マオウトウ
28 エッピカジュツトウ
29 バクモンドウトウ
30 シンブトウ
31 ゴシュユトウ
32 ニンジントウ
33 ダイオウボタンピトウ
34 ビャツコカニンジントウ
35 シギャクサン
36 モクボウイトウ
37 ハンゲビャクジツテンマトウ
38 トウキシギャクカコシュユショウキョウトウ
39 リョウケイジュッカントウ
40 チョレイトウ
41 ホチュウエッキトウ
43 リックンシトウ
45 ケイシトウ
46 シチモツコウカトウ
47 チョウトウサン
48 ジュウゼンタイホトウ
50 ケイガイレンギョウトウ
51 ジュンチョウトウ
52 ヨクイニントウ
53 ソケイカッケツトウ
54 ヨクカンサン
55 マキョウカンセキトウ
56 ゴリンサン
57 ウンセイイン
58 セイジョウボウフウトウ
59 ヂズソウイッポウ
60 ケイシカシャクヤクトウ
61 トウカクジョウキトウ
62 ボウフウツウショウサン
63 ゴシャクサン
64 シャカンゾウトウ
65 キヒトウ
66 ジンソイン
67 ニョシンサン
68 シャクヤクカンゾウトウ
69 ブクリョウイン
70 コウソサン
71 シモツトウ
72 カンバクタイソウトウ
73 サイカントウ
74 チョウイジョウキトウ
75 シクンシトウ
76 リュウタンシャカントウ
77 キュウキキョウガイトウ
78 マキョウヨクカントウ
79 ヘイイサン
80 サイコセイカントウ
81 ニチントウ
82 ケイシニンジントウ
83 ヨクカンサンカチンピハンゲ
84 ダイオウカンゾウトウ
85 シンピトウ
86 トウキインシ
87 ロクミガン
88 ニジュツトウ
89 ヂダボクイッポウ
90 セイハイトウ
91 チクジョウンタントウ
92 ジインシホウトウ
93 ジインコウカトウ
95 ゴコトウ
96 サイボクトウ
97 ダイボウフウトウ
98 オウギケンチュウトウ
99 ショウケンチュウトウ
100 ダイケンチュウトウ
101 ショウマカッコントウ
102 トウキトウ
103 サンソウニントウ
104 シンイセイハイトウ
105 ツウドウサン
106 ウンケイトウ
107 ゴシャジンキガン
108 ニンジンヨウエイトウ
109 ショウサイコトウカキキョウセッコウ
110 リッコウサン
111 セイシンレンシイン
112 チョレイトウゴウシモツトウ
113 サンオウシャシントウ
114 サイレイトウ
115 イレイトウ
116 ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ
117 インチンゴレイサン
118 リョウキョウジュッカントウ
119 リョウカンキョウミシンゲニントウ
120 オウレントウ
121 サンモツオウゴントウ
122 ハイノウサンキュウトウ
123 トウキケンチュウトウ
124 センキュウチャチョウサン
125 ケイシブクリョウガンカヨクイニン
126 マシニンガン
127 マオウブシサイシントウ
128 ケイヒトウ
133 ダイジョウキトウ
134 ケイシカシャクヤクダイオウトウ
135 インチンコウトウ
136 セイショエッキトウ
137 カミキヒトウ
138 キキョウトウ
501 シウンコウ
3020 コウジンマツ
3023 ブシマツ


ケイシ」

  [★]

かっ根湯エキスかっ根湯加川きゅう辛夷エキスよく苡仁湯エキス安中散料エキス黄連湯エキス黄耆建中湯エキス桂枝加かっ根湯エキス桂枝加黄耆湯エキス桂枝加厚朴杏仁湯エキス桂枝加竜骨牡蛎湯エキス桂枝加朮附湯エキス桂枝加芍薬湯エキス桂枝湯エキス桂枝茯苓丸料エキス桂麻各半湯エキス五苓散料エキス柴胡桂枝乾姜湯エキス柴胡桂枝湯エキス苓桂朮甘湯エキス


柴胡」

  [★]

さいこ、サイコ
chai hu, Bupleurum root, chinese thorowax root
Bupleuri Radix
ミシマサイコ柴胡剤
  • 生薬
  • 成分:サポニン類(サイコサポニン)
  • 薬理作用:解熱作用、消炎作用、鎮痛作用、鎮静作用、抗菌作用、抗ウイルス作用
  • 方剤:柴胡剤(少陽病・胸脇苦満型)のベースとして用いられており、黄芩と共に使われることが多い。



柴胡桂枝湯」

  [★]

さいこけいしとう


エキス」

  [★]

extract
抽出抽出液抽出エキス抽出物


桂枝湯」

  [★]

けいしとう


桂枝」

  [★]

cinnamon
桂皮




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
7SHEEP BLEEDING PAN mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9chilaicliti+s症候群4
10+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
11右室梗塞4
12クモ膜嚢胞4
13右PICA後閉塞 s/o4
14裂脳症close4
15虫垂いんかんさいぼうがん4
16ソーセージ様手指とは4
17CATTLE BLEEDING HOOK mail3
18user/password3
19海綿+飼育3
20Squilla mantis a species of mantis shrimp mail3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
2補正カルシウム+意味2
3人の交接器2
422. AL BAHR AL ARABI MARINE ENGINEERING SERVICES UAE mail2
5マイトジェン2
6膜内骨化+軟骨内骨化+違い2
7Youngmi mail2
8プトロピウム2
9有痛性けいれん2
10高リン血症 アシドーシス1
11血行動態性肺水腫1
12チフス 好酸球1
13頸椎骨軟骨症1
14呼吸筋疲労1
15永山斑1
16乳頭上膜とは+眼1
17乳頭上膜とは1
18迷走神経+徐脈1
19筋ジストロフィー+仮性肥大1
20高Na血症 低張尿1