果糖

出典: meddic

フルクトース

フルクトンアミノトリパ1号グリセオールグリセノングリセリンFグリセレブグリポーゼグリマッケン、テルモ果糖、トリパレントリフリードヒシセオールフルクトラクト果糖

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/05/01 13:08:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 痛風と生活習慣の関連について
  • 強い内皮依存性血管弛緩作用をもつ新たな赤ワインポリフェノールの特性
  • 山崎 理美,岩田 宏紀,村田 恵理,片野 由美,石幡 明
  • 山形大学紀要. 医学 : 山形医学 29(2), 45-56, 2011-08-15
  • 【背景】赤ワインに含まれる多種類のポリフェノール化合物(RWPCs)は強い血管弛緩 作用を有する。RWPCs中の血管弛緩作用を有するポリフェノールはいくつか報告されて いるが、RWPCsにはそれら以外にも未知の成分が多数存在することが知られている。本 研究では、血管弛緩作用を有する新たな赤ワインポリフェノールを探索し、その特性を 検討することを目的に、RWPCsの比較的親水性の高い成分を分離・分画 …
  • NAID 110008614765

関連リンク

フルクトース (fructose)、または果糖(かとう、fruit sugar)は、糖の一種であり、単糖の 一つである。水溶性の白色の結晶であり、全ての糖の中で最も多く水に溶ける。 フルクトースは、ハチミツ、木に成る果実、ベリー類、メロン、ある種の根菜に多量に含ま れている ...

関連画像

 西點原料 > 其他類 > 豐年果糖 唯一纯度最高之果糖 丰年果糖果糖とブドウ糖とショ糖の 幾乎都是使用高果糖玉米糖漿。FP》果糖(500g/瓶) 商店: 大買家  お菓子に最適!【純果糖

添付文書

薬効分類名

  • 頭蓋内圧亢進・頭蓋内浮腫治療剤
  • 眼圧降下剤

販売名

グリセリンF注(200mLソフトバッグ)

組成

  • 本剤は1袋(200mL)中に下記の成分を含有する。

有効成分

  • 濃グリセリン 20g
    果糖 10g

添加物

  • 塩化ナトリウム 1.8g

禁忌

先天性のグリセリン、果糖代謝異常症の患者1,2)

  • [重篤な低血糖症が発現することがある。](重要な基本的注意の項参照)

成人発症II型シトルリン血症の患者

  • (重要な基本的注意の項参照)

効能または効果

・頭蓋内圧亢進、頭蓋内浮腫の治療

・頭蓋内圧亢進、頭蓋内浮腫の改善による下記疾患に伴う意識障害、神経障害、自覚症状の改善

  • 脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)
    脳内出血
    くも膜下出血
    頭部外傷
    脳腫瘍
    脳髄膜炎

・脳外科手術後の後療法

・脳外科手術時の脳容積縮小

・眼内圧下降を必要とする場合

・眼科手術時の眼容積縮小

  • 通常、成人1回200〜500mLを1日1〜2回、500mLあたり2〜3時間かけて点滴静注する。
    投与期間は通常1〜2週とする。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
    脳外科手術時の脳容積縮小の目的には、1回500mLを30分かけて点滴静注する。
    眼内圧下降及び眼科手術時の眼容積縮小の目的には、1回300〜500mLを45〜90分かけて点滴静注する。

慎重投与

心臓、循環器系機能障害のある患者

  • [循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。]

腎障害のある患者

  • [水分、塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化するおそれがある。]

尿崩症の患者

  • [本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により電解質等に影響を与え、症状が悪化するおそれがある。]

糖尿病の患者

  • [非ケトン性高浸透圧性昏睡があらわれることがある。]

重大な副作用

アシドーシス

(頻度不明)

  • 乳酸アシドーシスがあらわれることがあるので、症状があらわれた場合には炭酸水素ナトリウム注射液等を投与するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ヒト(急性脳梗塞患者)に、10%グリセリン加生理食塩液を静脈内投与したところ、頭蓋内圧下降と脳浮腫の改善、脳血流の増加及び脳代謝改善等の作用が認められた4,5,6)
  • ウサギにグリセリンを静脈内投与したところ、眼圧降下作用が認められた7)


★リンクテーブル★
先読みグリセオール」「グリセノン」「グリポーゼ」「グリマッケン」「ヒシセオール
リンク元フルクトース」「マンニトール」「糖類剤」「fructose」「fruit sugar
拡張検索遺伝性果糖不耐症」「果糖不耐症」「ブドウ糖果糖液糖」「果糖試験
関連記事

グリセオール」

  [★] 塩化ナトリウムフルクトースグリセリン



グリセノン」

  [★] 塩化ナトリウムフルクトースグリセリン


グリポーゼ」

  [★] 塩化ナトリウムフルクトースグリセリン


グリマッケン」

  [★] 塩化ナトリウムフルクトースグリセリン


ヒシセオール」

  [★] 塩化ナトリウムフルクトースグリセリン


フルクトース」

  [★]

fructose, Fru
果糖, fruit sugarレブロース levulose
果糖注フルクトン。(果糖グリセリン)グリセレブグリセオールグリセノングリセリンFヒシセオールグリポーゼグリマッケン。(アミノ酸輸液製剤)アミノトリパ1号輸液トリパレン1号トリフリード輸液フルクトラクト
単糖


薬効

5%, 20%フルクトースとして

20%フルクトン注
  • 1. エネルギー補給:果糖はブドウ糖に比べてグリコーゲン生成能が大で、容易に乳酸に分解されるため、速やかにエネルギー源となり、糖尿病状態時や肝障害時でも利用される。
  • 2. インスリン非依存性:果糖は主として肝に存在するfructokinase(ketohexokinase)により代謝され、インスリンの影響を受けず、糖尿病状態時にも使用できる。
  • 3. 蛋白節約作用:果糖は体内窒素平衡に関与し、ブドウ糖に比べて強い蛋白節約作用があり、糖尿病状態時でもその作用を示す。
  • 4. 解毒作用:果糖はアルコール及び種々有毒物質の解毒を促進する

グリセリン、フルクトースの混合輸液として

グリポーゼ
  • 脳圧降下作用のあるグリセリン(グリセロール)に,溶血防止作用のある果糖(フルクトース)が配合されており、脳圧降下作用及び眼圧降下作用がある。

アミノ酸輸液との配合輸液として

アミノトリパ
  • 1. 糖質とアミノ酸の配合比率:本剤を構成する糖質・電解質液とアミノ酸液との配合比率を検討するため、一定の非蛋白熱量下にアミノ酸配合量を変えた液を用いて、絶食ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、蛋白栄養指標(窒素出納や血漿アルブミン濃度等)を良好に維持するための非蛋白熱量/窒素(NPC/N)は約150前後であることが確認された。
  • 2. 栄養学的効果:本剤の栄養学的効果を市販製剤の混合液と比較するため、開腹術施行ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、本剤は窒素出納や肝グリコーゲン量等において、良好な栄養効果が認められた。



マンニトール」

  [★]

mannitol
D-mannitolum
マンニゲンマンニットTマンニットール、(果糖合剤)フルクトマニト、(ソルビトール合剤)マンニットールS
D-マンニトール D-mannitolD-マンニット D-mannit
その他の循環器官用薬


概念

  • 自然界にはD-マンニトールが多く存在しており、治療薬でもD-マンニトールが用いられる。
  • 浸透圧によって尿細管腔内に水を引き入れる
  • 利尿剤

参考1より引用
マンニトール (mannitol) は糖アルコールの一種である。 ヘキシトールに分類され、マンノースの還元体に相当する。マンニット (mannite) とも呼ばれる。光学活性物質であり、天然に多く存在するエナンチオマーは D-マンニトールである。ソルビトールの異性体である。
浸透圧調製剤・利尿剤であり、弱い腎臓血管拡張剤でもある。
水溶液中ではプロトンを放出する性質を持つため、水溶液は酸性になる。このため、炭酸ナトリウムなど pH 調整剤を併用することが珍しくない。

適応

  • 1. 術中・術後・外傷後及び薬物中毒時の急性腎不全の予防及び治療  ←  通常の利尿薬はhypovolemia+乏尿では良い適応ではないらしい。そのような場合にマンニトールが良い適応となる、らしい。
  • 2. 脳圧降下および脳容積の縮小を必要とする場合
  • 3. 眼内圧降下を必要とする場合

参考

  • 1
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB


糖類剤」

  [★]

商品

fructose」

  [★] フルクトース果糖fruit sugarlevulose

WordNet   license wordnet

「a simple sugar found in honey and in many ripe fruits」
fruit sugar, levulose, laevulose

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉果糖」

fruit sugar」

  [★] フルクトース fructose果糖

遺伝性果糖不耐症」

  [★]

hereditary fructose intolerance, HFI
遺伝性フルクトース不耐症
アルドラーゼ果糖不耐症フルクトース代謝異常症


果糖不耐症」

  [★]

fructose intolerance
フルクトース不耐症遺伝性果糖不耐症遺伝的フルクトース不耐症フルクトース代謝異常症



ブドウ糖果糖液糖」

  [★]

corn syrupdextrose syrupglucose syrup
液糖コーンシロップ


果糖試験」

  [★]

-ウロロジン
-ウロロゼイン


糖」

  [★]

saccharide
糖質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡