早期ミオクローヌス性脳症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

(9)神経系疾患分野 早期ミオクロニー脳症 1. 概要 生後3ヶ月以内(ほとんど1ヶ月以内)に発症する重篤なてんかん性脳症。眼瞼、顔面、四肢など の不規則で部分的なミオクローヌスではじまり、次いで微細な発作、自動症、無呼吸 ...
早期ミオクロニー脳症(EME)の症状と対策関連ページ てんかん症状の発作の症状 てんかんの症状でよく知られているのは、けいれん発作で、一般的にひきつけと言われている症状で、けいれん発作は一番多い発作で、けいれん発作が ...
てんかんの種類 ・早期ミオクロニー脳症(EME) ・乳児重症ミオクロニーてんかん(SMEI) ・乳児良性ミオクロニーてんかん ・点頭てんかん(ウェスト症候群) ・レンノックス(レノックス)・ガストー症候群

関連画像

脳MRI T2強調画像 :大脳皮質の


★リンクテーブル★
関連記事ミオクローヌス」「早期」「」「脳症

ミオクローヌス」

  [★]

clonus
myoclonus myoclonia
筋クローヌス筋間代間代性筋痙攣
不随意運動
  • 電光のように突然起こる共同筋群の収縮によって、体の一部がピクッと動く不随意運動。
  • 持続時間は短い。
  • 原因:





早期」

  [★]

early stageearlypreterm
初期早産早く

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

脳症」

  [★]

encephalopathy





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡