排尿

出典: meddic

micturition, urination, miction
排尿機構排尿筋



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/23 13:05:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 14.鎖肛術後患児のQOLを考える : 排便・排尿障害や生殖機能異常が患児に与える心理的社会的影響について(要望演題:鎖肛患児のQOL,第67回直腸肛門奇形研究会)
  • 武 浩志,大浜 用克,北河 徳彦,薄井 佳子,平田 義弘,小坂 太一郎
  • 日本小児外科学会雑誌 47(3), 392, 2011-06-20
  • NAID 110008673361
  • 通常排尿時と尿意抑制後排尿時の血圧および心拍数の変化
  • 松本 睦子,俵 由美子,Matsumoto Mutsuko,Tawara Yumiko,マツモト ムツコ,タワラ ユミコ
  • 広島国際大学看護学ジャーナル 8(1), 27-38, 2011-03-31
  • … に,夏期と冬期における通常及び尿意抑制後の各排尿前後の血圧・心拍数を調べた.実験は両季節とも同一対象者とし,電子血圧計を用いた自己測定により,任意の2日間におけるデータを得た.その結果,1)通常排尿,尿意抑制後排尿とも排尿前に血圧・心拍数が有意に増加する, 2) 通常排尿後,血圧は速やかに安静時の値まで下降するが心 …
  • NAID 120003256154

関連リンク

排尿障害(はいにょうしょうがい)とは、なんらかの原因で排尿の困難を認めるものである 。尿意の回数の過多・過少、排尿開始困難、尿失禁等を言う。 目次. 1 正常の排尿状態 とは; 2 排尿障害の症候; 3 排尿のメカニズム; 4 排尿に関わる部位; 5 排尿障害の ...
アステラス製薬の『排尿トラブル改善.com』は、過活動膀胱(OAB)や前立腺肥大、腹 圧性尿失禁などの排尿障害にお困りの方のためのサイトです。治療法や予防法などの 情報をご紹介しています。

関連画像

排尿反射排尿のメカニズム図5.排尿にかかわる神経の 図4.排尿のコントロール排尿 の メカニズム と は 排尿 泌尿器疾患がみえる!


★リンクテーブル★
先読み排尿筋
国試過去問104I080」「101D034」「107E044」「106B005
リンク元100Cases 58」「排尿機構」「micturition」「残尿」「urination
拡張検索排尿日誌」「自然排尿型代用膀胱造設術
関連記事尿

排尿筋」

  [★]

urinary detrusor, detrusor (Z), detrusor muscle(Z)
膀胱


  • 図:N.397(膀胱と尿路下部の神経支配)
  • 膀胱壁は排尿筋から構成されている (M.210)
  • 排尿筋にはムスカリン受容体、α受容体、β受容体が存在している。ムスカリン受容体は排尿筋の収縮を促し、α受容体とβ受容体は排尿筋を弛緩させる (SP.818)
神経 種類 節後ニューロンの
神経伝達物質
受容体 ニューロンの活動による作用
骨盤神経(骨盤内臓神経) 副交感神経 ACh M2/M3 排尿筋収縮
ATP P2X1
求心性神経線維     膀胱の充満を検出
腰内臓神経下腹神経 交感神経 NA β2 膀胱弛緩
NA α1 内尿道括約筋収縮
陰部神経(オヌフ核支配) 体性神経 ACh N 外尿道括約筋収縮


104I080」

  [★]

  • 2歳の女児。4日前から続く発熱下痢および血便を主訴に来院した。前日から尿回数が減少しており、今朝から排尿を認めない。意識は清明。顔色は不良で活気がない。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に軽度の黄染を認める。眼瞼と下腿前面とに浮腫を認める。顔面と前胸部とに出血斑を認める。呼吸音に異常を認めない。腹部はやや膨隆し全体に圧痛を認める。腸雑音は減弱している。右肋骨弓下に肝を1cm触知する。脾を触知しない。
  • この患児の血液検査所見として考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104I079]←[国試_104]→[104A001

101D034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 25歳の男性。意識消失発作を主訴に来院した。
  • 現病歴:受診日の早朝、車を運転中に便意を自覚した。排便したかったが、我慢をして運転を続けた。ガソリンスタンドに車を止めて、車外に一歩踏み出したところで、発汗を認めた。そして頭から血が引いてゆく感じがして気が遠くなり、その場にゆっくりと倒れ込んだ。数秒後に意識は戻り、怪我はなく、歩行することができた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長170cm、体重65kg。体温36.5℃。呼吸数14/分。脈拍80/分、整。血圧100/80mmHg。眼瞼結膜に貧血はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。神経学的に異常所見を認めない。
  • このような発作を起こしにくい状況はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D033]←[国試_101]→[101D035

107E044」

  [★]

  • 7歳の女児。学級で一番小さいことを主訴に来院した。身長111cm(-2.7SD)、体重16.0kg(-2.5SD)。身体所見では、身長、体重以外に特記すべき異常を認めない。尿所見:比重1.024、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球450万、Hb 13.5g/dl、Ht 41%、白血球7,300、血小板35万。血液生化学所見:血糖98mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.2g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.4mg/dl、総コレステロール130mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST 18IU/l、ALT 17IU/l、CK 42IU/l、ALP 650IU/l(基準338~908)、Na 140mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 106mEq/l、Ca 9.5mg/dl。静脈血ガス分析(room air):pH 7.39、PaCO2 38Torr、HCO3- 22mEq/l。
  • 診断に有用でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E043]←[国試_107]→[107E045

106B005」

  [★]

  • 尿路の機能について誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B004]←[国試_106]→[106B006

100Cases 58」

  [★]

63歳 女性
主訴口渇頻尿
来院のきっかけ:(GPから)多尿精査のために泌尿器科医に紹介された。
症状
 (主訴にまつわる症状)
 ・多尿:(発症時期)4週間前。(発症様式)突然。(頻度)一晩に5回排尿
 (主訴以外の症状)
 ・全身倦怠感:3ヶ月間体中調子悪い。
背部痛
 ・体重減少:3ヶ月前から3kg体重減少
 ・頭痛悪心:朝に悪心持続する前頭部頭痛。(増悪因子)臥床咳嗽
既往症:8年前、乳癌のために乳房切断術放射線照射をうけた。
職業歴:市に公務員に勤めていたが、現在退職している。
嗜好歴:喫煙歴無し。飲酒は10 units/week
服薬歴:なし
身体所見 examination
全身:やせている。筋肉萎縮(muscles are wasted)。
循環器系脈拍 72 /分、血圧 120/84 mmHg頚静脈怒張なし。I, II音に亢進減弱無く、過剰心音雑音を認めない。
四肢浮腫なし
呼吸器系腹部神経系に異常所見なし。
眼:眼底乳頭浮腫を認める。
検査所見 investigations
高値Ca(軽度高値)、アルカリホスファターゼ
尿検査蛋白(-)、血尿(-)
frequency n.頻尿
pass urine 排尿する
servant n. 公務員
mastectomy 乳房切断術
乳癌が脳に転移し、視床下部浸潤圧迫尿崩症を来している。頭痛悪心頭蓋内圧によるもので、眼底の乳頭浮腫はこれを指示している。また、朝の頭痛頭蓋内圧亢進症に特徴的らしい。また、咳や体位により増悪するのも頭蓋内圧亢進によるものということを支持している。背部痛があるので、胸椎から腰椎骨転移しており、骨破壊によりCa, AlP上昇を来していると理解される。
尿崩症尿比重血液検査
頭蓋内圧亢進症:頭部MRI。利尿剤によって頭痛が軽快するか検査
骨転移胸部or腰部MRI。ガリウムシンチグラフィーで全身転移巣を精査


排尿機構」

  [★]

voiding mechanism, mechanism of micturition
排尿 mictionmicturitionurinationvoiding
排尿、排尿回数、排尿筋


micturition」

  [★]

mict- mingo to make water
  • n.
  • 排尿


voiding

WordNet   license wordnet

「the discharge of urine」
urination


残尿」

  [★]

residual urine
残尿感排尿


  • 50ml以上の残尿が治療対象となる。
  • 正常では排尿後100ml未満。


urination」

  [★]

  • n.
mictionmicturitionurinatevoiding


排尿日誌」

  [★]

bladder diary
夜間頻尿

参考

  • 1. 排尿日誌
[display]http://www.luts.gr.jp/pdf/bladder_diary.pdf
[display]http://www.nyoucare.jp/training/diary.pdf
[display]http://oab.jp/nisshi/index.html
[display]http://www.oab-info.com/documents/DET_DET256003.pdf

自然排尿型代用膀胱造設術」

  [★]

自然排尿型代用膀胱、尿路変向術


尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡