慢性腎臓病

出典: meddic

chronic kidney diseaseCKD
慢性腎疾患

定義

  • 1. 尿異常、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らか
  • 2. GFR <60 mL /min/1.73 m2
  • 3. 1.2.のいずれか、または両方が3か月以上持続する

eGFR

推算GFR (資料1)
eGFR(mL/min/1.73 m2)= 194 × Cr-1.094 × Age-0.287
女性は ×0.739

リスクファクター

参考1
  • 生活習慣病、メタボリックシンドロームと慢性腎臓病とが関連している。
  • これらに関連する生活習慣として肥満、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどがある。
  • 喫煙:肺癌、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、腎不全のリスクファクターである。喫煙は蛋白尿、腎機能低下のリスクファクターである。

CKDのステージ

CKDのステージと診療計画
病期
ステージ
重症度の説明 推算GFR
mL/min/1.73m2
診療計画
  ハイリスク群 ≧90(CKDの
リスクファクター
を有する状態で)
・CKDスクリーニング
・CKDリスクを軽減させる治療
1 腎障害(+)
GFRは正常
または亢進
≧90 上記に加えて
・CKDの診断と治療の開始
・合併症 comorbidity の治療
・CKD 進展を遅延させる治療
・CVDリスクを軽減させる治療
2 腎障害(+)
GFR軽度低下
60~89 上記に加えて腎障害進行度の評価
3 腎障害(+)
GFR中等度低下
30~59 上記に加えて
CKD合併症を把握し治療する
(貧血,血圧上昇,二次性副甲状腺機能亢進症,など)
4 腎障害(+)
GFR高度低下
15~29 上記に加えて
透析・移植を準備する
5 腎不全 <15 透析または移植の導入(もし尿毒症の症状があれば)

重症度分類

原疾患 蛋白尿区分 A1 A2 A3
糖尿病 尿Alb定量(mg/日)
尿Alb/Cre比(mg/g Cr)
正常 微量アルブミン尿 顕性アルブミン尿
30未満 30~299 300以上
高血圧、腎炎、
多発性嚢胞腎、移植腎
尿蛋白定量(g/日)
尿蛋白/Cre比(g/g Cr)
正常 軽度蛋白尿 高度蛋白尿
0.15未満 0.15~0.49 0.5以上
GFR区分
(ml/分/1.73m2)
G1 正常または高値 ≧90      
G2 正常または軽度低下 60~89      
G3a 軽度~中等度低下 45~59      
G3b 中等度~高度低下 30~44      
G4 高度低下 15~29      
G5 末期腎不全 <15      

治療

生活指導・食事指導

参考1
  • 水分の過剰摂取・制限は有害
  • 食塩制限:<6g/day
  • 肥満の是正
  • 適正な運動 → 安静は必要ない
  • 禁煙
  • 蛋白質制限:0.6-0.8g/kg/day(CKDステージ3-5)
  • 適正なカロリー:27-39kcal/kg/day
  • 飲酒は適正な量ならok

低蛋白食療法

  • 1.たんぱく質摂取量を腎機能低下抑制のための有効量(0.6~0.8 g/kg/day)まで減少させる
  • 2.炭水化物や脂質から十分にエネルギーを摂取する(脂質比率は20~25%とする)
  • 3.食事全体のアミノ酸スコアを100に近づける
  • 1)主食類(米飯、パン、麺など)をでんぷん製品あるいはたんぱく調整食品を用いる
  • 2)たんぱく質摂取源は、その60%以上を動物性食品とする


参考1
病態 食事療法 効果
糸球体過剰濾過 食塩制限(6 g/day未満)、たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day) 尿蛋白量減少。腎障害進展の遅延
細胞外液量増大 食塩制限(6 g/day未満) 浮腫軽減
高血圧 食塩制限(6 g/day未満) 降圧、腎障害進展の遅延
高窒素血症 たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day) 血清尿素窒素低下。尿毒症症状の抑制
高カリウム血症 カリウム制限(1,500 mg/day以下) 血清カリウム低下
高リン血症 たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day)、リン制限(mg)(たんぱく質g×15) 血清リン低下。血管石灰化抑制
代謝性アシドーシス たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day) 代謝性アシドーシスの改善

参考

  • 1. CKD診察ガイド2009
[display]http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKDguide2009.pdf

和文文献

  • 小児のCKDの治療の進歩 (ミニ特集 小児慢性腎臓病(CKD)のエッセンス)
  • CKDスクリーニングの現状と理想像 (ミニ特集 小児慢性腎臓病(CKD)のエッセンス)
  • 『小児の検尿マニュアル』の発刊 : そのポイント (ミニ特集 小児慢性腎臓病(CKD)のエッセンス)
  • 各種基準値に関する注意点 (ミニ特集 小児慢性腎臓病(CKD)のエッセンス)

関連リンク

慢性腎臓病(CKD)の早期発見・早期治療の重要性についてわかりやすく紹介した サイト。蛋白尿など健康診断の結果が気になる方や、生活習慣病、メタボリック シンドロームが気になる方にも知っていただきたい腎臓に関する情報を掲載。
慢性腎臓病(CKD)とは?腎臓の働きが慢性的に低下していく病気を慢性腎臓病(CKD )といいます。CKDを早く見つけるためのポイントなどを紹介します。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108A045」「108B062
リンク元糸球体濾過量」「灼熱脚症候群」「脳血管障害」「腎臓病食」「CKD
関連記事腎臓」「腎臓病」「」「慢性

108A045」

  [★]

  • 30歳の女性。定期受診で来院した。 18歳の時に学校検尿で尿蛋白尿潜血とを指摘され、腎生検を行い IgA腎症と診断されたが特に治療しなかった。 25歳の第 1子の妊娠時に高血圧を指摘され、第 1子を出産後からアンジオテンシンII受容体拮抗薬で治療していた。半年前、第 2子を希望し IgA腎症の評価のため腎生検を実施した。その後アンジオテンシン II受容体拮抗薬を中止し、ヒドララジンにより治療していた。 1週前に妊娠が判明したという。血圧 134/74 mmHg。下肢に浮腫を認めない。尿所見:蛋白 3+、潜血 3+。血液生化学所見:尿素窒素 17 mg/dl、クレアチニン 1.1 mg/dl。eGFR 46 ml/分/1.73 m2。半年前に施行した腎生検の Masson-Trichrome染色標本 (別冊 No. 19)を別に示す。
  • この患者への説明で正しいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A044]←[国試_108]→[108A046

108B062」

  [★]

  • 慢性腎臓病の食事・生活指導のため、 1日蓄尿検査を行った。尿量 2,000 ml、尿中 Na 128 mEq/l、尿蛋白 70 mg/dl、尿クレアチニン 50 mg/dlであった。1日塩分排泄量から 1日食塩摂取量を求めよ。ただし、 NaCl 1 gは Na 17 mEqに相当する。また、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第 1位を四捨五入すること。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B061]←[国試_108]→[108C001

糸球体濾過量」

  [★]

glomerular filtration rate, GFR
糸球体濾過率 「糸球体濾過量」の方がよく使われているらしい
糸球体濾過値イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス慢性腎不全推算糸球体濾過量 eGFR


概念

  • 糸球体で濾過される血漿の量(厳密には時間あたりの量)
  • 糸球体で完全に排泄される物質を使って算出する
  • 成人のGFR:100-150 ml/min (SP.778)

試験

GFRに影響を与える因子

  • 上昇:妊娠、糖尿病性早期腎症、蛋白の過剰摂取(尿中のクレアチニンの影響を受ける(出典不明))、アンジオテンシンII
  • 低下:脱水
考える技術 第2版 p.528
輸入細動脈抵抗低下不能 輸出細動脈抵抗上昇負荷 腎血管閉塞
高血圧
動脈硬化
慢性高血圧
慢性腎臓病
悪性高血圧
NSAID
COX-2阻害薬
敗血症
高カルシウム血症
シクロスポリン
タクロリムス
腎動脈狭窄
ACE阻害薬
ARB
腎動脈狭窄

理論値

  • (1) Ccrからの近似する方法
  • Ccr=((140-年齢)×体重(kg))/(72×Cr(mg/dL))(女性では×0.85)
  1. ref(GFR_fig.png,[糸球体濾過量])


灼熱脚症候群」

  [★]

burning feet syndrome
burning feet症候群、灼熱脚、灼熱足、灼熱足症候群


病態

  • 非進行性の感覚性ニューロパチー

疫学

  • 高齢者に多い

症状

  • 分布:くるぶし以遠、下腿遠位以遠
  • 足が焼け付くように痺れる、痛む
  • 異常知覚、温痛覚鈍麻、踵骨腱反射の消失

原因

高頻度

まれ

脳血管障害」

  [★]

脳血管疾患 cerebrovascular disease CVD, cerebral artery disease, cerebro-vascular disease, cerebral arterial disease
脳血管障害 cerebrovascular disorder
脳血管性疾患
cerebrovascular accident CVA
脳卒中

分類

SCN.204
a) 機序
(1) 血栓性
(2) 塞栓性
(3) 血行力学性
b) 臨床的カテゴリー
(1) アテローム血栓性
(2) 心原性
(3) ラクナ梗塞
(4) そのほか

リスク因子



腎臓病食」

  [★]

diet for renal disease
慢性腎臓病腎不全ネフローゼ低蛋白食透析食
  • 塩分:1日6g程度。厳格3-5g/day。緩和5-7g/day。
  • 蛋白:0.6-0.8kg/day
  • カロリー:35kcal/kg/day


CKD」

  [★]

腎臓」

  [★]

kidney
ren
腎機能








  • 図:N.265(水平断,上部) N.320(背面) N.332(水平断)
  • 図:Z.92、M.173(体表解剖)、N.321,322

解剖

大きさ

  • 長さ:11cm
  • 幅:4-5cm
  • 厚み:2-3cm

重量

  • 115-170g(PT.461), 160g(♂)/140g(♀)(KL.395)

血管尿管との関係

  • 腎臓を内側から見るとき、腹側から静脈動脈尿管の順に並んでいる

位置

  • 腹腔の後壁で、脊椎の両側にある(PT.461)
  • 右腎:T11-L2椎体、左腎:T12-L3椎体 (M.173)。T12-L3椎体。右腎は左腎より約1.5cm低位 (KL.395)
  • 両方の腎も幽門平面を貫くが、右腎は腎の上方で貫いている (M.173)
  • 尋問は中面より5cm離れた場所にある (M.173)
    • 腸骨稜の高いところを通る矢状面を貫く。この面は第12肋骨の先端をかすめる (M.173)
  • 腎臓の背側側は上方では横隔膜を挟む。さらにその下層では第11胸神経、肋下神経、腸骨下腹神経、腸骨鼡径神経が下外側に走行している (M.173)

血管

  • 腎動脈前枝
  • 上区動脈
  • 上前区動脈
  • 下前区動脈
  • 前区動脈
  • 下区動脈
  • 腎動脈後枝
  • 後区動脈
それぞれから以下の通りに分岐する

部位名

生理

機能 (SP.776 2007年度後期生理学授業プリント)

  • 1. 代謝により生じた老廃物の濾過・排出
  • 1-1. 酸の排泄
  • リン酸の排泄
  • NH4+の分泌
  • 重炭酸イオンの分泌
尿中酸総排泄量 = 滴定酸(リン酸, 硫酸など) + NH4+ - HCO3-(重炭酸イオンの再吸収)
  • 1-2. 尿素・尿酸・クレアチニンの排泄
  • 1-3. 異物の排泄
肝臓でP450やグルクロン酸抱合された解毒物の排泄
  • 2. 体液恒常性の維持 (腎機能参照)
  • 体液のNa,Kなどの電解質濃度
  • 浸透圧
  • pH
  • 3-1. ビタミンD3
活性型ビタミンDの産生(腎小体で濾過したビタミンDを近位尿細管で再吸収し、活性型に転換して血中に戻す)
pO2↓→近位尿細管近傍の線維芽細胞が分泌~
赤血球を作る増殖因子
輸入細動脈顆粒細胞から分泌される
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の最初に位置する
副腎皮質を刺激して鉱質コルチコイド(アルドステロン)を放出させる & 血管の平滑筋を刺激して血圧を上昇させる。
  • 4. 代謝機能
糖新生

ホルモンによる調節

  • バソプレシン[視床下部後葉]により、遠位尿細管で水の再吸収が促進される
  • 鉱質コルチコイド(アルドステロン)[副腎皮質]により、遠位尿細管でのNa( H2O)の再吸収が促進される
  • 重炭酸イオン(HCO3-)の再吸収[近位尿細管、CO2が細胞内に拡散]
  • ナトリウムイオン(Na+)の再吸収[近位尿細管、遠位尿細管]
  • アンモニア(NH3)の排出[細胞外に拡散]
  • 水素イオンH+の排出[近位尿細管、遠位尿細管のNa+-H+交換輸送体]

神経による調節 (SP.784)

  • 交感神経により腎血流が調節されている
  • 弱い刺激:輸出細動脈が収縮→RPF↓、濾過圧↑→GFRほぼ不変
  • 強い刺激:輸入細動脈も収縮→RPF↓、GFR↓

尿の生成 (生理学実習1 実習テキストp.3)

  • 腎を流れる血流量 1L/min = 1440L/day
  • 原尿生成 0.1L/min = 160L/day
  • 尿生成 0.7-1.0ml/min = 1-1.5L/day


-kidney


腎臓病」

  [★]

renal diseasekidney diseaserenal disorder
腎疾患腎障害腎臓疾患

病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患

慢性」

  [★]

chronicity
慢性的慢性型





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡