急性胆管炎

出典: meddic

acute cholangitis



治療

  • 総胆管結石
  • 胆嚢摘出+総胆管切開+Tチューブドレナージ
  • 肝内結石
  • 肝切除
  • 経皮経肝内視鏡下結石切除術

鑑別疾患

ガイドライン

http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0020/0020_ContentsTop.html

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胆道感染症の超音波診断をきわめる
  • 岡庭 信司,石井 重登,岩下 和広
  • 超音波医学 42(3), 329-336, 2015
  • … 易で低侵襲な検査であるため救急患者の診断にも広く用いられており,急性胆管炎・胆嚢炎ガイドライン2013でも胆道感染症が疑われる全ての症例に対して初診時にまず超音波検査を行うべきとしている.急性胆嚢炎の診断には,胆嚢腫大,胆嚢壁肥厚,結石,デブリエコー,sonographic Murphy's signが有用である.一方,急性胆管炎には特異的な画像所見はないが,Charcotの3徴と胆道系酵素や炎症反応の …
  • NAID 130005071357
  • 膵石症に対するESWLを併用した内視鏡治療
  • 三村 享彦,五十嵐 良典,伊藤 謙,原 精一,宅間 健介,岸本 有為,岡野 直樹
  • 膵臓 30(2), 154-163, 2015
  • … 良い適応である.結石径が5mm以上の場合は,まずはESWLによる破砕を先行する.ESWLは低侵襲性かつ安全性の高い治療法であり,良好な結石破砕効果と疼痛改善率が得られる.破砕片の嵌頓による急性膵炎や急性胆管炎を予防するために,内視鏡的膵管口切開術を前処置として施行している.しかし多発結石や大結石例では,ESWL単独での結石消失効果は高くなく,内視鏡治療などの補助療法が必要である.ESWLで膵石を3mm …
  • NAID 130005068109
  • 胃癌術後に発症したbiliary cast syndromeの1例
  • 松原 悠,齋藤 博哉,網塚 久人,巽 亮二,好崎 浩司,坂本 淳,佐藤 龍,前本 篤男,木村 圭介,太田 智之
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 57(4), 1177-1183, 2015
  • … 症例は59歳男性.胃癌のため幽門側胃切除及び胆嚢摘出術を施行しRoux-en-Y吻合で再建を行ったが,退院1カ月目に急性胆管炎を発症し再入院となった.腹部エコーで肝門部と左右肝内胆管内に不整形な高エコー像を認め,またMRCPでも同部位に不整形な陰影欠損像を認めた.術後再建のため内視鏡的ドレナージが不能であり,経皮経肝的にドレナージを施行した.経皮経肝胆道鏡では,胆管内に黒色粘稠組織の充満を認め …
  • NAID 130005067290
  • 胆道感染症の超音波診断をきわめる
  • 岡庭 信司,石井 重登,岩下 和広
  • 超音波医学 advpub(0), 2015
  • … 易で低侵襲な検査であるため救急患者の診断にも広く用いられており,急性胆管炎・胆嚢炎ガイドライン2013でも胆道感染症が疑われる全ての症例に対して初診時にまず超音波検査を行うべきとしている.急性胆嚢炎の診断には,胆嚢腫大,胆嚢壁肥厚,結石,デブリエコー,sonographic Murphy's signが有用である.一方,急性胆管炎には特異的な画像所見はないが,Charcotの3徴と胆道系酵素や炎症反応の …
  • NAID 130005063653

関連リンク

急性胆管炎では、胆管が血流の豊富な肝臓と直接つながっていることもあり、細菌が血 流に乗って全身にまわり、急性閉塞性化膿性胆管 ... (2)急性胆管炎 胆管内の結石や、 胆管もしくは胆管周囲のがんやリンパ節などにより胆管が閉塞することで起こります。
急性胆管炎は,胆汁の感染が本態であり,これを血液検査や画像所見によって特異的 に証明することは困難. である。また,病理組織 ... 重症急性胆管炎は,敗血症に起因 するショックや DICなどの全身の臓器不全に陥った状態である。急性胆. 管炎の重症度 も ...

関連画像

所属词条 > 慢性胆管炎急性胆管炎の重症度判定 所属词条 > 慢性胆管炎急性化脓性胆管炎返回 急性 胆管 炎 胆嚢炎 の 診断 Case 3 急性胆嚢炎 急性胆管炎


★リンクテーブル★
国試過去問106E037」「101F036」「105I003」「108I031」「105B039」「099B040
リンク元嘔吐」「内視鏡的胆道ドレナージ」「acute cholangitis
関連記事胆管」「」「急性」「胆管炎

106E037」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E036]←[国試_106]→[106E038

101F036」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F035]←[国試_101]→[101F037

105I003」

  [★]

  • 腸炎を合併した急性胆管炎の初期対応として正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I002]←[国試_105]→[105I004

108I031」

  [★]

  • 急性胆管炎原因菌として頻度が高いのはどれか。2つ選べ。
  • a Clostridiumdif fficile
  • b Escherichiacoli
  • c Haemophilusinfluenzae
  • d Helicobacterpylori
  • e Klebsiel llaspp.〈クレブシエラ属菌〉


[正答]


※国試ナビ4※ 108I030]←[国試_108]→[108I032

105B039」

  [★]

  • 同種血輸血の合併症としてみられるのはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B038]←[国試_105]→[105B040

099B040」

  [★]

  • 致死率が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099B039]←[国試_099]→[099B041

嘔吐」

  [★]

vomiting, emesis
vomitus
悪心嘔気 nausea悪心・嘔吐 nausea and vomiting

概念

  • 胃の内容物をはき出す現象。
  • 胃または腸内容が食道を経て口腔より吐出される現象。

嘔吐中枢

嘔吐中枢の近傍に存在するもの

  • 呼吸中枢、血管運動中枢、消化管運動中枢、唾液分泌中枢、前庭神経核

随伴症状

  • 発汗、唾液分泌、顔面蒼白、脈拍微弱、徐脈、頻脈、血圧の動揺、めまいなど

症状の出現形式と原因の所在

  • 突然の嘔吐:中枢性
  • 消化器症状を伴う:末梢性

嘔吐に関わる経路

IMD.351
  • 1. 嘔吐中枢(延髄網様体背側神経背側核近傍)への直接刺激(脳圧亢進、循環障害)
  • 2. 化学受容体誘発帯(CTZ; 第四脳室底)への刺激(代謝異常や中毒による化学物質の作用) → 1.
  • 3. 大脳皮質(中枢神経など高位中枢)からの入力 → 1.
  • 4. 求心性迷走神経や交感神経を介する入力 → 1.

原因

中枢性刺激 化学受容器引金帯刺激 薬物 アポモルヒネモルヒネジギタリス抗菌薬抗癌薬降圧薬アミノフイリンコルヒチンアルコール
毒物 重金属ガス
放射線 各種癌治療後
感染症 細菌毒素
内分泌疾患 肝性脳症糖尿病性ケトアシドーシス/ 高血糖高浸透圧症候群尿毒症妊娠悪阻妊娠高血圧症候群
代謝疾患 甲状腺クリーゼ副腎不全Addison病
直接刺激 脳圧亢進 頭部外傷脳腫瘍脳出血くも膜下出血髄膜炎、脳への放射線療法後
脳循環障害 ショック低酸素脳症脳梗塞片頭痛脳炎髄膜炎
上位中枢刺激 神経性食思不振症不快感てんかんヒステリー抑うつ状態うつ病、過度の嫌悪感、不快感、拘禁反応による恐怖ストレス視覚嗅覚味覚的刺激
末梢性刺激 消化管疾患 舌咽頭疾患 アデノイド咽頭炎
食道疾患 胃食道逆流症食道裂孔ヘルニア食道癌
胃腸疾患 急性胃炎、急性胃十二指腸粘膜病変、急性腸炎急性虫垂炎消化性潰瘍食中毒、消化管腫瘍、寄生虫食中毒Mallory-Weiss症候群
消化管通過障害 腸閉塞、胃幽門部狭窄、輸入脚症候群
腹膜疾患 腹膜炎
胆膵疾患 急性胆嚢炎急性胆管炎急性膵炎膵癌胆管癌
肝疾患 急性肝炎
循環器疾患   うっ血性心不全狭心症急性心筋梗塞
泌尿器科疾患 尿路結石腎結石急性腎炎腎盂腎炎腎不全
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎Meniere病乗り物酔い
眼科疾患 緑内障
呼吸器科疾患 肺結核胸膜炎肺癌、咳嗽発作
婦人科疾患 子宮付属器炎、月経前症候群更年期障害
脊髄疾患 脊髄癆多発性硬化症
膠原病 結節性多発動脈炎強皮症側頭動脈炎

小児科で遭遇する嘔吐の原因

  新生児 乳児 幼児~学童
消化器疾患以外で見・落とさないよう注意する疾患 敗血症髄膜炎水頭症脳奇形尿路感染症 髄膜炎脳炎脳症虐待児尿路感染症呼吸器感染症心疾患薬物中毒誤嚥 脳炎脳症脳腫瘍肺炎中耳炎頭部外傷薬物中毒心筋炎不整脈
よくある消化器疾患 溢乳空気嚥下・哺乳過誤・初期嘔吐胃食道逆流現象・胃腸軸捻転・腸管感染症壊死性腸炎 食事過誤・空気嚥下便秘腸管感染症幽門狭窄症腸重積症胃食道逆流現象・胃長軸捻転・食事アレルギー 腸管感染症急性虫垂炎腹部外傷肝炎胆嚢炎膵炎腹部外傷・食事アレルギー・好酸球性胃腸症
主な代謝性疾患 先天性副腎過形成・ガラク卜ース血症 先天性副腎過形成Reye症候群 アセトン血性嘔吐症ケトン性低血糖症糖尿病性ケトアシドーシスReye症候群
その他     起立性調節障害神経性食思不振症
外科的疾患 食道閉鎖狭窄症胃軸捻転十二指腸閉鎖狭窄症腸回転異常捻転小腸閉鎖症Hirschsprung病胎便性イレウス・稀に腸重積肥厚性幽門狭窄・特発性腸管偽性閉鎖症 肥厚性幽門狭窄症腸重積腸回転異常捻転Hirschsprung病虫垂炎 虫垂炎腸重積腸回転異常捻転上腸間膜動脈症候群腫瘍嚢胞




内視鏡的胆道ドレナージ」

  [★]

endoscopic biliary drainage EBD
内視鏡的逆行性膵胆管造影法 endoscopic retrograde biliary drainage ERBD
[show details]

概念

(医学辞書より)
  • 内視鏡により十二指腸乳頭を経由して胆管ドレナージチューブを挿入すること。
  • 歴史的には、内視鏡的乳頭切開術が開発された後、その合併症として起こる胆管結石の嵌頓による急性胆管炎の治療法として1980年に考案された。

参考

  • Endoscopic Biliary Drainage for Severe Acute Cholangitis
  • Edward C.S. Lai, F.R.C.S.(Ed.), F.R.A.C.S., Francis P.T. Mok, F.R.C.S.(Ed.), F.R.A.C.S., Eliza S.Y. Tan, R.N., Chung-mau Lo, F.R.C.S.(Ed.), Sheung-tat Fan, F.R.C.S.(Glas.), Kok-tjang You, M.D., and John Wong, Ph.D., F.R.A.C.S., F.R.C.S.(Ed.)
  • N Engl J Med 1992; 326:1582-1586June 11, 1992
Background.: Emergency surgery for patients with severe acute cholangitis due to choledocholithiasis is associated with substantial morbidity and mortality. Because recent results suggested that emergency endoscopic drainage could improve the outcome of such patients, we undertook a prospective study to determine the role of this procedure as initial treatment.
Results: Complications related to biliary tract decompression and subsequent definitive treatment developed in 14 patients treated with endoscopic biliary drainage and 27 treated with surgery (34 vs. 66 percent, P>0.05). The time required for normalization of temperature and stabilization of blood pressure was similar in the two groups, but more patients in the surgery group required ventilatory support. The hospital mortality rate was significantly lower for the patients who underwent endoscopy (4 deaths) than for those treated surgically (13 deaths) (10 vs. 32 percent, P<0.03). The presence of concomitant medical problems, a low platelet count, a high serum urea nitrogen concentration, and a low serum albumin concentration before biliary decompression were the other independent determinants of mortality in both groups.

  • [display]http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM199206113262401


acute cholangitis」

  [★] 急性胆管炎

  • (病名)急性胆管炎


胆管」

  [★]

bile duct (Z), biliary tract
胆汁路
肝内胆管肝外胆管

胆管径

腹部超音波テキスト 第1版 p.169
  • 正常胆管径:
  • 胆摘後では肝外胆管が10mm以上になりうる
  • 加齢によって太くなる
  • とある文献によれば、総胆管径は
胆嚢炎:8.7±1.7
胆石:11±3.3
胆嚢切除後:9.5±2.6
膵炎:9.8±2.2
膵癌:14.0±2.8
リンパ腫:9.5±2.6
十二指腸疾患(十二指腸炎、十二指腸潰瘍、十二指腸瘢痕):8.4±1.0



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型


胆管炎」

  [★]

cholangitis
胆道炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡