急性扁桃炎

出典: meddic

acute tonsillitis, acute angina
tonsillitis acuta
急性口峡炎 acute faucitis、扁桃性アンギナ angina tonsillaris
扁桃炎


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/01 02:27:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 子どもの耳・鼻・喉が痛いとき (子どもの痛みの看護ケア--疼痛緩和に向けての心と身体へのアプローチ) -- (さまざまな器官の痛みのアセスメント)
  • 坂田 英明,佐久間 壽子
  • 小児看護 34(8), 1003-1009, 2011-07
  • NAID 40018874777
  • 症例報告 急性扁桃炎を契機に,掌蹠膿疱症性骨関節炎の悪化を伴って発症した急性汎発性膿疱性細菌疹の1例
  • 松浦 英理,速水 千佐子,土屋 佳奈 [他]
  • 臨床皮膚科 65(4), 301-305, 2011-04
  • NAID 40018794145
  • 耳鼻咽喉科 (特集 スーパーローテートで学ぶ 感染症診療のエッセンス) -- (各診療科別 感染症診療のエッセンス)

関連リンク

急性扁桃炎は免疫機能の一環. 過労や風邪などで体が弱った時、色々な病原体に対し て免疫力が不十分な乳幼児は、病原菌やウイルスが除かれずに増殖してしまうことが あります。 このとき、喉の免疫の主要器官である口蓋扁桃(喉の所にある扁桃腺のこと) ...
急性扁桃炎<のどの病気>。急性扁桃炎とはどんな病気か 主に口蓋扁桃(こうがい へんとう)(図12、図13)の急性炎症を指します。口をあけてのぞくと、のどちんこの横に ある口蓋扁桃が赤くなってはれていたり、または扁桃表面が白色のうみ gooヘルスケア ...

関連画像

急性・慢性扁桃炎写真2)扁桃炎急性扁桃炎症例6 扁桃腺炎。 S53年 生れ 急性扁桃炎写真1)扁桃炎


★リンクテーブル★
国試過去問102I071」「105B032」「104A014
リンク元急性咽頭炎」「扁桃周囲膿瘍」「アンギナ」「カタル性扁桃炎」「陰窩性扁桃炎
関連記事扁桃」「扁桃炎」「」「急性

102I071」

  [★]

  • 8歳の女児。発熱と発疹とを主訴に来院した。3日前から38℃台の発熱、咽頭痛および咳があり、2日前から体を痛がっていた。四肢と顔面との皮膚は発赤し、細かな点状出血様の小発疹を多数認める。口の周囲は顔面と比べて蒼白である。舌はイチゴ状に乳頭が腫脹し、咽頭に暗赤色の発赤と点状出血とを認める。扁桃は発赤腫大し、表面に滲出物を認め、綿棒で表面をこすると膿性粘液が得られる。結膜に発赤を認めない。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I070]←[国試_102]→[102I072

105B032」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B031]←[国試_105]→[105B033

104A014」

  [★]

  • 急性扁桃炎扁桃周囲膿瘍との鑑別に有用な所見はどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A013]←[国試_104]→[104A015

急性咽頭炎」

  [★]

acute pharyngitis
カタル性咽頭炎 catarrhal pharyngitis
咽頭炎急性扁桃炎


病因の鑑別

IRE.475改変
  • 1. 非感染性
  • 2. 感染性
  • ウイルス
  • 細菌
  • 真菌

化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes A群β溶連菌による急性咽頭炎

治療

  • ペニシリン系抗菌薬:ペニシリンアレルギーがある場合には使えない。また病原体が不明であるときに投与すると、疾患が伝染単核球症の場合皮疹を生じさせてしまうので、これを否定できるまで投与しない。(IRE.999)
  • マクロライド系抗菌薬:クラリスロマイシンアジスロマイシン。日本ではマクロライド耐性溶連菌が多いらしい。(IRE.999)

国試


扁桃周囲膿瘍」

  [★]

peritonsillar abscess
扁桃周囲炎口蓋扁桃摘出術
  • 急性扁桃炎の状態から周囲に炎症が波及して扁桃周囲炎となり膿瘍を形成したもの
  • 急性扁桃炎と違って、口蓋弓の突出、口蓋垂偏位、および開口障害(炎症の翼突筋への波及)が見られる



国試


アンギナ」

  [★]

angina



カタル性扁桃炎」

  [★]

catarrhal tonsillitis
カタル性アンギナ catarrhal angina
急性扁桃炎



陰窩性扁桃炎」

  [★]

cryptic tonsillitis
lacunar tonsillitis
急性扁桃炎、腺窩性アンギナ


扁桃」

  [★]

tonsil
tonsilla
リンパ小節リンパ器官リンパ組織

概念

  • 口蓋、咽頭、舌にあるリンパ小節の集塊で一部は皮膜で覆われている。咽頭の入口における防御気管で外来の抗原に対して免疫反応を行う。(HIS.254)

リンパ節との違い

扁桃

扁桃 表面 深部 特徴
咽頭扁桃 多列線毛上皮
非角化重層扁平上皮
薄い皮膜で境界 重層するヒダを有し、基部に混合線が開口
口蓋扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 上皮が10-12個陥入して陰窩を形成
舌扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 個々の扁桃は1個の陰窩を有する

成長と発達

  • 口蓋扁桃や咽頭扁桃は5-6歳で生理的に肥大するが、学童期以降消退傾向となり思春期までにはほとんど消退する。


参考

  • 1.
[display]http://image2.kmu.ac.jp/histologydb/prc/dijest2/04.html
  • 2.
[display]http://square.umin.ac.jp/atlas/094/index.html


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


扁桃炎」

  [★]

tonsillitis
扁桃腺炎
扁桃



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡