徒手筋力テスト

出典: meddic

manual muscle test manual muscle testing MMT
徒手筋力評価法


和文文献

  • 術中脊髄モニタリングにおける波形変化と筋力低下の関係--脊椎脊髄病学会モニタリング委員会による多施設調査 (日本脊椎脊髄病学会特集号) -- (第39回日本脊椎脊髄病学会優秀論文集)
  • 伊藤 全哉,松山 幸弘,四宮 謙一 [他]
  • Journal of spine research 2(9), 1441-1446, 2011-09
  • NAID 40019010767
  • 長期血液透析患者の肘部管症候群に対する内視鏡を用いた手術治療 : USE system
  • 吉田 綾,奥津 一郎,浜中 一輝
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(1), 59-63, 2011-01-28
  • … 術を終了した.術後,日常生活動作制限は行わなかった.平均追跡期間は18か月,臨床症状の改善率および改善週数はそれぞれしびれ感74%,平均9週;痛覚87%,平均10週;触覚85%,平均10週であった.徒手筋力テストで一段階以上の改善例は小指外転筋筋力71%,平均4か月;第一背側骨間筋筋力72%,平均5か月であった.術前術後ともに神経伝導速度検査を行った72肘において,術前運動神経伝導速度測定可能な63肘の …
  • NAID 10029405870

関連リンク

MMT( Manual Mascle Test :徒手筋力テスト)のポイント MMT( Manual Mascle Test :徒手筋力テスト) は臨床場面で多く用いられる筋力検査法。簡便な反面、データとしては検査者の主観的な判断による部分が大きく、他の ...
MMT(Manual Mascle Test:徒手筋力テスト)は臨床場面で多く用いられる筋力検査法です。 上記、6段階で評価します。 長所としては、器具などを使わず簡便に行う事ができ、臨床で筋力を大まかに把握するのに有効なところです。
看護師には徒手筋力テストの勉強会が少なく、個人によってかなり主観による差が出てしまうため左右上肢・下肢を分けて、どの程度持ち上げられるかどうかを調べる程度で行っているところ(病院)が多い(アンケートの結果)

関連画像

筋力の測定方法には,機器を 20 徒手筋力検査 MMTMMT記録用紙(上肢) テスト】 【徒手筋力テストknee flexorskennsa


★リンクテーブル★
国試過去問104A042」「104D035」「104H017」「098E022」「107H010」「106F009」「101C024
リンク元MMT」「manual muscle test
関連記事テスト」「」「筋力

104A042」

  [★]

  • 62歳の男性。四肢のしびれと歩行障害とを主訴に妻に伴われて来院した。4年前から手の動かしにくさとしびれ感とを感じていた。1年前から階段を下りるときに手すりが必要になったが、医療機関を受診しなかった。昨日、敷居に足が引っかかりよろめいてから四肢のしびれが強くなり、自力で歩けなくなった。健康診断で軽度の糖尿病を指摘されたことがある。家族歴と生活歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長167cm、体重67kg。坐位はとれるが、介助しても立位は不可能。徒手筋力テストでは上下肢ともほぼ3(fair)である。深部腱反射は上腕二頭筋以下すべて亢進し、Babinski徴候は陽性である。四肢に末梢優位の表在感覚低下を認める。明らかな膀胱・直腸障害はない。頚椎エックス線写真の側面像(別冊No、19A)と頚椎単純CT(別冊No、19B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A041]←[国試_104]→[104A043

104D035」

  [★]

  • 53歳の女性。四肢の脱力を主訴に来院した。1週前から全身の脱力感後頭部痛とを自覚し、本日階段の昇降が困難となった。脈拍68/分、整。血圧178/94mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。筋萎縮を認めない。徒手筋力テストは両側上下肢ともに3(fair)程度である。血液生化学所見:空腹時血糖 98mg/dl、総蛋白 7.6g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.7mg/dl、Na 141mEq/l、K 1.9mEq/l、Cl 98mEq/l、Ca 8.6mg/dl、P 4.3mg/dl。CRP 0.1mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air) : pH 7.47、PaO2 98Torr、PaCO2 45Torr、HCO3- 32mEq/l。安静臥位での血漿レニン活性(PRA) 0.1ng未満/ml/時間(基準1.2-2.5)、アルドステロン 2ng/dl(基準5-10)。
  • 問診で最も重要なのはどれか。
  • a 「ご家族にも同様の症状の方がいますか」
  • b 「過去に同じ症状の経験がありますか」
  • c 「最近飲み始めた薬はありますか」
  • d 「最近体重が減りましたか」
  • e 「お酒は飲まれますか」
[正答]


※国試ナビ4※ 104D034]←[国試_104]→[104D036

104H017」

  [★]

  • 股関節外転筋力を測定した。左側臥位外転を指示した場面(別冊No.2A)と仰臥位で外転を指示した場面(別冊No.2B)とを別に示す。
  • 徒手筋力テストの段階はどれか。
  • a 5(Normal)
  • b 4(Good)
  • c 3(Fair)
  • d 2(Poor)
  • e 1(Trace)



[正答]


※国試ナビ4※ 104H016]←[国試_104]→[104H018

098E022」

  [★]

  • 誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E021]←[国試_098]→[098E023

107H010」

  [★]

  • 徒手筋力テストの図(別冊No.3)を別に示す。矢印の方向に左下肢を動かしている。
  • 主に働く筋はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H009]←[国試_107]→[107H011

106F009」

  [★]

  • 徒手筋力テストで、重力の影響を除いた肢位であれば全関節可動域を動かすことができる最小の段階はどれか。
  • a 5(Normal)
  • b 4(Good)
  • c 3(Fair)
  • d 2(Poor)
  • e 1(Trace)


[正答]


※国試ナビ4※ 106F008]←[国試_106]→[106F010

101C024」

  [★]

  • 徒手筋力テスト重力に抗して完全に運動できる最小の段階はどれか。
  • a. 5(Normal)
  • b. 4(Good)
  • c. 3(Fair)
  • d. 2(Poor)
  • e. 1(Trace)
[正答]


※国試ナビ4※ 101C023]←[国試_101]→[101C025

MMT」

  [★]


manual muscle test」

  [★] 徒手筋力テスト, MMT

テスト」

  [★]

徴候

循環器内科

整形外科


  • Romberg test:下半身からの深部感覚が侵されるときに発現。開眼での閉脚起立が可能、閉眼直後の方向不定の転倒
= Finkelstein test フィンケルシュタインテスト


  • アキレス腱断裂
  • 腱板断裂
  • 棘上筋テスト
  • 外旋筋力テスト
  • lift-offテスト
  • belly pressテスト
  • 股関節脱臼
  • 十字靭帯損傷

神経内科

産婦人科


力」

  [★]

powerforcestrengthenergy
エネルギー強制強度、能力、羃乗威力強弱勢い力を与える動力を供給する
ニュートンダイン

筋力」

  [★]

muscle strength
同?
筋仕事率 muscle force




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡