弱視

出典: meddic

amblyopia
視能矯正視力


概念

  • 視覚発達の感受性期に視力の発達が抑制されることにより起こる視力障害で、基質障害によるものだけでは説明できないものをいう。
  • 視覚の感受性期は8歳までといわれており、これまでの時期に視覚の発達を妨げる要因を除去しておかなければ不可逆的な視力の低下が生じる。
  • 人の大脳皮質の視覚野の神経回路は生後3ヶ月から2歳頃までが最も視的環境の影響を受けやすく、この時期を視覚発達の臨界期という。これ以降は徐々に視覚の感受性が低下していく。(SOP.288)

分類

=? 視性刺激遮断弱視 ocular stimulus-deprivation amblyopia

検査

  • 視力検査
  • 屈折検査

治療

  • 遮蔽療法:健眼を遮蔽。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/16 23:38:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 片眼強度近視性不同視弱視の1例
  • 白濱 久美/梶本 美智子/大須賀 方子/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E189-E193, 2012-01-31
  • … 目的:片眼強度近視性不同視弱視は視力予後不良であることが多い。 … 今回我々は、屈折が-15D、不同視差17Dの片眼強度近視性不同視弱視にコンタクトレンズと眼鏡装用による屈折矯正と弱視訓練を行い、良好な視力が得られたので報告する。 … 3歳6ヶ月から、コンタクトレンズと眼鏡の併用装用による屈折矯正と、弱視訓練を開始した。 …
  • NAID 110008767973
  • 遮蔽治療により改善した小児動眼神経麻痺に伴う弱視の2症例
  • 岡本 洋幸,鈴木 利根,林 麗如,筑田 眞
  • Dokkyo journal of medical sciences 38(3), 219-222, 2011-10-25
  • … 今回,動眼神経麻痺のために弱視を生じた2症例を経験したので報告する。 … 右動眼神経麻痺および弱視と診断し,左眼遮閉治療を開始し3 ヶ月後には視力1.0に改善し,眼位と眼球運動は正常化した。 … 結論 1歳から3歳の視覚感受性の高い時期に起きた麻痺性斜視や眼瞼下垂には,弱視が発生することがあり,原疾患の診療に加えて遮蔽治療等の積極的な対応が必要である。 …
  • NAID 110008735861
  • 眼科トピックス 視覚の話(5)視覚のはたらき(2)周辺視と「どこ」経路

関連リンク

・弱視 Q&A ・ 弱視ってなんですか? ・ 弱視の原因は何ですか? ・ 弱視は治るのでしょうか? ・ 弱視治療はいつ始めればいいのでしょうか? ・ 弱視治療にはどういったものがあるのでしょうか? ・ 弱視を治療しないと、どうなるの ...
日本弱視斜視学会は、 小児の視力および両眼視機能の発達および障害、 成人における複視などの両眼視機能障害に関する 臨床、および基礎研究の発展を目的に発足した組織です。 このホ-ムペ-ジの役割は、会員の皆様へ学会の情報など ...
この項目では、あいまいさ回避の(医学的)弱視について記述しています。(社会的)弱視については「ロービジョン」を ... 弱視(じゃくし)とは、現在、単に医学用語における医学的弱視(amblyopia)を指す事が多い。日本においては昔 ...

関連画像

子供用眼鏡(小児弱視) 大阪  弱視と眼鏡の関係 過強,易有內斜視而造成弱視ー ちゃん が 弱視 遠視 と 判断 遠視・斜視・弱視通院日記(No 弱視とは不同視弱視 左右で遠視の度数 当院には、県内各地から弱視


★リンクテーブル★
先読み視力」「視能矯正
リンク元不同視弱視」「乳児内斜視」「視力低下」「amblyopia」「lazy eye
拡張検索屈折異常弱視」「タバコ・アルコール性弱視」「ヒステリー弱視

視力」

  [★]

visual acuity
visus
視角


視力の解読方法 ← 視力の表記方法

  • ex.1
  • LV 0.01 (0.02x-6.0D C-1.0D A160°)
-6.0Dの凹レンズ、-1.0Dの円柱レンズを水平から160°傾けたとき0.01の視力が0.02に矯正された。
  • RV 0.2 (1.0x-5.0D C-1.5D A10°)
-5.0Dの凹レンズ、-1.5Dの円柱レンズを水平から10°傾けたとき0.2の視力が1.0に矯正された。

視機能の発達

SPE.21改変
  • 追視:2-3ヶ月から
  • 視力:新生児20cmまで、1歳0.3、3歳以降1.0以上
  • 両眼視:2ヶ月頃から発達を始め、6ヶ月で完成。


分類(てきとう)


視能矯正」

  [★]

orthoptics
orthoptice
視能訓練
視力矯正


不同視弱視」

  [★]

anisometropic amblyopia
不同視性弱視
弱視不同視
  • 両眼の屈折異常の程度に差があるために弱視を生じたもの。
  • 遠視で特に起きやすく、+2.00D以上の差がある場合に不同視弱視が起こりやすい。

参考

  • 1. [charged] Overview of amblyopia - uptodate [1]



乳児内斜視」

  [★]

infantile esotropia
内斜視


  • 生後6ヶ月以内に発症。非調節性、交代性上斜視、潜伏眼振、頭位異常を伴う(SOP.285)
  • 斜視眼は弱視となりやすく早期の治療が必要。(QB.O-69)


視力低下」

  [★]

reduced vision
弱視低視力視力


amblyopia」

  [★] 弱視

WordNet   license wordnet

「visual impairment without apparent organic pathology」


lazy eye」

  [★]

弱視

amblyopiaamblyopicanisometropic amblyopiadiminished vision


屈折異常弱視」

  [★]

ametropic amblyopia
非正視弱視
弱視
  • 乱視や遠視により不鮮明な像が網膜に結像することが原因となる弱視である。近視では近見により焦点を合わせることができるので、弱視とはなりえない。

国試



タバコ・アルコール性弱視」

  [★]

tobacco-alcohol amblyopia


[show details]


ヒステリー弱視」

  [★]

hysterical amblyopia
眼ヒステリー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡