屈折異常弱視

出典: meddic

ametropic amblyopia
非正視弱視
弱視
  • 乱視や遠視により不鮮明な像が網膜に結像することが原因となる弱視である。近視では近見により焦点を合わせることができるので、弱視とはなりえない。

国試



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マイクロペリメータ(MP-1)による固視評価を利用した弱視治療の予後判定
  • 平野 美恵子,毛塚 剛司,菅野 敦子 [他]
  • 眼科臨床紀要 4(8), 748-751, 2011
  • NAID 40018960839
  • 高度遠視における屈折異常弱視の視力・両眼視機能の予後
  • 大北 陽一,木村 亜紀子,間原 千草,田中 麻紀,近藤 美保,三村 治
  • Japanese orthoptic journal 38, 171-175, 2009-11-30
  • NAID 10027210083

関連リンク

お子さんの視力の障害は、大きく分けて、屈折異常(近視、遠視、乱視)、弱視、斜視が あります。 屈折異常と弱視の違いは、屈折異常は網膜に像を正しく結ばない状態( めがね等で矯正すれば見える)なのに対して、弱視は視力そのものが未発達で見えない ...
弱視(小児の屈折異常) 弱視とは? 弱視(機能性弱視)とは、目そのものは健康だけれど 、 遠視・乱視(屈折異常)や斜視が原因で視力の発達が遅れている状態を言います。 斜視は、見た目にも分かるので、早期の治療が行われることが多く、 治療の時期が遅れ ...

関連画像

目 眼 眼の病気 目の病気 目の 屈折異常弱視 弱視と眼鏡の関係屈折異常の分類表,斜視、弱視など、屈折異常 屈折異常とその矯正


★リンクテーブル★
国試過去問105I051
関連記事弱視」「異常」「屈折異常」「屈折

105I051」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105I050]←[国試_105]→[105I052

弱視」

  [★]

amblyopia
視能矯正視力


概念

  • 視覚発達の感受性期に視力の発達が抑制されることにより起こる視力障害で、基質障害によるものだけでは説明できないものをいう。
  • 視覚の感受性期は8歳までといわれており、これまでの時期に視覚の発達を妨げる要因を除去しておかなければ不可逆的な視力の低下が生じる。
  • 人の大脳皮質の視覚野の神経回路は生後3ヶ月から2歳頃までが最も視的環境の影響を受けやすく、この時期を視覚発達の臨界期という。これ以降は徐々に視覚の感受性が低下していく。(SOP.288)

分類

=? 視性刺激遮断弱視 ocular stimulus-deprivation amblyopia

検査

  • 視力検査
  • 屈折検査

治療

  • 遮蔽療法:健眼を遮蔽。



異常」

  [★]

  • n.


屈折異常」

  [★]

refractive error, anomalies of refraction
anomalia refractionis
非正視 ametropia
屈折



屈折」

  [★]

refractionrefractrefractive
refractio
光線屈折
屈折検査法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡