尿道カテーテル

出典: meddic

urethral catheter
尿道留置カテーテル


禁忌

http://okwave.jp/qa/q2260112.html
  • 高度の尿道損傷
  • 高度の尿道炎
  • 尿道周囲膿瘍


proceduresconsult.jp
  • 絶対禁忌
  • 尿道口からの出血や会陰軟部組織の外傷を伴う尿道損傷が認められる、もしくはその疑いがあるとき。
  • 陰唇の完全癒合(女性)
  • 対的禁忌
  • 膀胱内に十分な尿量がなさそうな患者
  • 免疫不全
  • 先天性泌尿生殖器奇形
  • 最近の尿道手術歴
  • 尿道カテーテル挿入困難の既往
  • ラテックスやヨードアレルギーの可能性がある患者


診察と手技が見えるvol.2 第1版 p.156
  • 禁忌:(絶対禁忌)尿道損傷。重症の急性前立腺炎、高度の急性尿道炎、高度の尿道狭窄

感染症予防

  • 閉鎖ドレナージ法を用いる。
  • 尿バックは膀胱より低い位置に保つ。
  • 留置期間の短縮つとめる。


参考

  • 1. 尿路感染対策
[display]http://www.ncgm.go.jp/kansen/c2/c2-5.htm
  • 2. 尿道留置カテーテル
[display]http://www.ne.jp/asahi/akira/imakura/Foley_catheter.htm
  • 3. カテーテル関連尿路感染予防ガイドライン
[display]http://www.muikamachi-hp.muika.niigata.jp/academic/UTI.htm

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/26 08:38:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • バイポーラーシステムを利用した経尿道的前立腺核出術 : (Transurethral enucleation with bipolar:TUEB)の臨床的検討
  • 奥木 宏延,牧野 武朗,加藤 春雄,大山 裕亮,岡崎 浩,中村 敏之
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 2-8, 2011-01-20
  • (目的)前立腺肥大症に対して施行した,バイポーラーシステムを利用した経尿道的前立腺核出術(TUEB)の治療成績について検討した.(対象と方法)2008年2月より2009年8月までの間にTUEBを施行した45例を対象にした.周術期治療成績および手術前後の国際前立腺症状スコア(IPSS),QOL index,過活動膀胱症状スコア(OABSS),最大尿流量率(Qmax),残尿量(PVR)や合併症を検討し …
  • NAID 110008440741
  • 質問BOX TUR後の血尿による尿閉と,尿道カテーテルの膀胱刺激症状による尿流出不良はどう区別する?
  • 尿道カテーテル (特集 術後患者のチューブ管理について学ぼう!)

関連リンク

ウィキペディアは医学的助言を提供しません。免責事項もお読みください。 尿道 カテーテルあるいは経尿道的カテーテル(英名:Urinary catheterization)とは、尿道口 から膀胱に通して導尿する目的で使用されるカテーテルである。 目次. 1 目的; 2 資格; 3 使用法 ...
尿道カテーテル*1の使用や清潔間欠導 ... どのような場合に尿道カテーテルの適応と なるのか,そうなった場合の管理につ ... 前立腺切除術,膀胱腫瘍切除術など. 表2 尿道カテーテルの合併症. 尿路感染症. 膀胱結石. 尿道損傷. 尿道狭窄. 尿道皮膚瘻 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
Images by Google大 サイズ尿道カテーテル高度な女性尿道カテーテル挿入 追加 された 15 11 2010尿道 カテーテル セット尿道カテーテル留置(2)Copyright(C)2006 KIYOTA Urological Clinic


★リンクテーブル★
国試過去問109F031」「104I065」「111C028」「112A039」「106D039」「107F025」「097H042」「111E013
リンク元カラーコード化蘇生テープ」「尿道留置カテーテル
拡張検索尿道カテーテル留置」「尿道カテーテル抜去後性尿道狭窄
関連記事尿道」「カテーテル」「

109F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 72歳の男性。意識障害のため搬入された。
  • 現病歴:1週前から咳と痰とがみられた。次第に元気がなくなり、今朝から家族が呼びかけても反応が悪くなったため救急搬送された。
  • 既往歴:10歳で虫垂炎。25年前から高血圧症で治療中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が心筋梗塞のため83歳で死亡。
  • 現症:意識レベルはJCS I-3。身長 173cm、体重 58kg。体温 38.2℃。脈拍 112/分(微弱)、整。血圧 86/64mmHg。呼吸数 30/分。SpO2 94%(マスク4L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音に異常を認めない。右の背下部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。顔面と四肢とに麻痺を認めない。腱反射に異常を認めない。四肢に浮腫を認めない。排尿がないため尿検査は実施していない。
  • 酸素投与、モニター装着および静脈路確保を行い治療を開始した。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 456万、Hb 13.9g/dL、Ht 44%、白血球 15,200(桿状核好中球 15%、分葉核好中球 65%、単球 3%、リンパ球 17%)、血小板 20万。血液生化学所見:総蛋白 6.6g/dL、アルブミン 3.2g/dL、AST 19IU/L、ALT 17IU/L、LD 292IU/L(基準 176~353)、ALP 256IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 41IU/L(基準 8~50)、CK 108IU/L(基準 30~140)、尿素窒素 25mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、血糖 110mg/dL、Na 133mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 96mEq/L。CRP 12.5mg/dL。12誘導心電図は洞調律で心拍数112/分。ポータブル胸部エックス線写真で右下肺野に肺炎像を認めるが、肺うっ血を認めない。喀痰のGram染色と培養検査を指示した。
  • 今後の対応として適切でないのはどれか。
  • a 心電図モニターで心拍数を監視する。
  • b 留置した尿道カテーテルで時間尿量を監視する。
  • c 抗菌薬喀痰培養で感受性が判明してから開始する。
  • d 経皮的酸素飽和度(SpO2)を参考に酸素投与量を調節する。
  • e 異なる部位から採取した複数セットの血液培養を提出する。


[正答]


※国試ナビ4※ 109F030]←[国試_109]→[109G001

104I065」

  [★]

  • 55歳の女性。意識障害のため搬入された。4か月前から時々右腹関節部の痛みを感じていた。10日前から発熱食欲低下とがあったが放置していた。本日急に意識障害が生じ、家族が救急車を要請した。15年前から関節リウマチの診断で非ステロイド性抗炎症薬プレドニゾロン5mg/日とを服用している。糖尿病アルコール依存とを指摘されているが放置していた。意識レベルはJCS II-30。身長 155cm、体重 42kg。体温 34.0℃。呼吸数 24/分。脈拍 112/分、整。血圧 90/40mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。皮膚は冷たく湿潤し、右中腹部~大腿に握雪感がある。尿所見: 尿道カテーテルから10ml採取、著しく混濁している。血液所見: 赤血球 305万、Hb 8.6g/dl、Ht 25%、白血球 37,100(桿状核好中球33%、分業核好中球55%、好酸球0%、好塩基球0%、単球3%、リンパ球9%)、血小板 8.2万、PT 22.9秒(基準10-14)。血液生化学所見:血糖 272mg/dl、総蛋白 4.8g/dl、アルブミン 1.9g/dl、尿素窒素 101mg/dl、クレアチニン 4.2mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、AST 87IU/l、ALT 20IU/l、LD 945IU/l(基準176-353)、CK 585IU/l(基準30-140)、Na 116mEq/l、K 6.0mEq/l、Cl 87mEq/l、CRP 14.3mg/dl。大腿部の写真(別冊No.17A)、大腿部エックス線写真(別冊No.17B)及び腹部エックス線写真(別冊No.17C)を別に示す。保温を図るとともに静脈路を確保し、必要な薬物療法を開始した。
  • 次に行う処置として適切なのはどれか。





[正答]


※国試ナビ4※ 104I064]←[国試_104]→[104I066

111C028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。意識障害のため救急車で搬入された。
  • 現病歴:7月下旬、快晴の日の午前10時ごろ自宅の暑い居間でぐったりしていたのをデイサービスの職員が発見し、救急車を要請した。
  • 既往歴:不明。
  • 生活歴(職員からの情報):冷房装置のない一戸建てで独居。喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:不明。
  • 現症:意識レベルはJCSⅢ-100。身長 145cm(推定)、体重 40kg(推定)。直腸温 42.0℃。心拍数 116/分、整。血圧 84/46mmHg。呼吸数 24/分で浅い。SpO2 100%(リザーバー付マスク10L/分酸素投与下)。皮膚は乾燥している。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。瞳孔径は両側3mmで、対光反射は両側遅延。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。検査所見:血液所見:赤血球 510万、Hb 17.5g/dL、Ht 49%、白血球 12,400(桿状核好中球 12%、分葉核好中球 43%、好酸球 2%、単球 6%、リンパ球 37%)、血小板 24万。血液生化学所見:総蛋白 8.5g/dL、アルブミン 4.2g/dL、総ビリルビン 1.2mg/dL、AST 43U/L、ALT 32U/L、LD 251U/L(基準 176~353)、尿素窒素 23mg/dL、クレアチニン 1.8mg/dL。
  • この患者への対応として適切でないのはどれか。
  • a 呼吸心拍監視
  • b 体表クーリング
  • c 動脈血ガス分析
  • d 解熱剤の経肛門投与
  • e 尿道カテーテル留置


[正答]


※国試ナビ4※ 111C027]←[国試_111]→[111C029

112A039」

  [★]

  • 56歳の男性。肝臓の腫瘤性病変の精査のため入院中である。C型肝炎の経過観察中に行った腹部超音波検査で肝臓に腫瘤性病変が見つかったため入院した。入院後に腹部造影CTを施行したところ、入院時1.1mg/dLであった血清クレアチニン値が造影検査後2日目に3.0mg/dLに上昇した。入院後に新たな薬剤投与はなく、食事は毎日全量摂取できており、体重は安定していた。体温、脈拍、血圧、呼吸数ともに正常範囲で、排尿回数も5、6回/日で変わらなかった。造影検査後2日目の検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に赤血球 1~4/1視野、白血球 1~4/1視野。血液所見:赤血球 302万、Hb 10.4g/dL、Ht 31%、白血球 4,600、血小板 16万。血液生化学所見:総ビリルビン 1.4mg/dL、直接ビリルビン 0.8mg/dL、AST 45U/L、ALT 62U/L、LD 360U/L(基準 176~353)、ALP 380U/L(基準 115~359)、γ-GTP 110U/L(基準 8~50)、尿素窒素 43mg/dL、クレアチニン 3.0mg/dL、尿酸 8.8mg/dL、Na 136mEq/L、K 5.2mEq/L、Cl 100mEq/L、Ca 8.2mg/dL、P 6.2mg/dL。CRP 0.3mg/dL。腹部超音波検査では両腎に水腎症を認めない。
  • 対応として正しいのはどれか。
  • a 緊急血液透析
  • b 経時的な腎機能評価
  • c 尿道カテーテル留置
  • d 腹部造影CTの再施行
  • e 動静脈シャント造設術の準備


[正答]


※国試ナビ4※ 112A038]←[国試_112]→[112A040

106D039」

  [★]

  • 78歳の男性。胃癌に対する胃切除術のため入院中である。術後2日、深夜に尿道カテーテルを自己抜去し、尿道出血を認めた。意識は清明。身長163cm、体重63kg。脈拍96/分、整。血圧130/70mmHg。下腹部は小児頭大に膨隆している。直腸指診鶏卵大前立腺を触知する。血液所見:赤血球377万、 Hb 10.2g/dl、Ht33%、白血球10,200、血小板23万。血液生化学所見:尿素窒素22mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl。腹部超音波検査では、膀胱は多量の尿で拡張し、前立腺は腫大していた。尿道カテーテルは再挿入できなかった。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D038]←[国試_106]→[106D040

107F025」

  [★]

  • 80歳の男性。発熱のため搬入された。数日前から38℃台の発熱が続き、食事もとれなくなってきた。尿が出なくなったため、長女が救急車を要請した。導尿時混濁尿を認め、尿路感染症と診断し、尿道カテーテルを留置した。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 尿道カテーテルと連結する蓄尿バッグは開放式回路を用いる。
  • b 尿道カテーテルは陰茎を頭側に向けて下腹部に固定する。
  • c 尿道カテーテルを3日ごとに入れ換える。
  • d 入院中は連日膀胱洗浄を行う。
  • e 留置中は安静臥床を促す。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F024]←[国試_107]→[107F026

097H042」

  [★]

  • 男性の脊髄損傷患者に尿道カテーテルを長期間留置した場合にみられる合併症はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097H041]←[国試_097]→[097H043

111E013」

  [★]

  • せん妄のリスクファクターでないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111E012]←[国試_111]→[111E014

カラーコード化蘇生テープ」

  [★]

ECCハンドブック2010 p.89
器材 灰色 ピンク 黄色 オレンジ グリーン
  小さい乳児 乳児 幼児 小さい小児 小児用 小児用 大きい小児用 成人用
3~5kg 6~7kg 8~9kg 10~11kg 12~14kg 15~18kg 19~23kg 24~29kg 30~36kg
蘇生法バッグ   乳児用/
小児用
乳児用/
小児用
小児用 小児用 小児用 小児用 小児用 成人用
酸素マスク
(非再呼吸式)
  小児用 小児用 小児用 小児用 小児用 小児用 小児用 小児用/
成人用
口咽頭エアウェイ(mm)   50 50 60 60 60 70 80 80
喉頭鏡ブレード(サイズ)   1直型 1直型 1直型 2直型 2直型 2直型/2曲型 2直型/2曲型 2直型/2曲型
気管チューブ(mm)   3.5カフなし 3.5カフなし 4.0カフなし 4.5カフなし 5.0カフなし 5.5カフなし 6.0カフ付き 6.5カフ付き
  3.0カフ付き 3.0カフ付き 3.5カフ付き 4.0カフ付き 4.5カフ付き 5.0カフ付き    
気管チューブの長さ 3kg 9~9.5
4kg 9.5-10
5kg 10-10.5
10.5~11.0 10.5~11 11~12 13.5 14~15 16.5 17~18 18.5~19.5
吸引カテーテル(F)   8 8 10 10 10 10 10 10~12
血圧カフ 新生児用#5/
乳児用
乳児用/
小児用
乳児用/
小児用
小児用 小児用 小児用 小児用 小児用 成人用(小)
静脈留置カテーテル(Ga)   22~24 22~24 20~24 18~22 18~22 18~20 18~20 16~20
骨髄針(Ga)   18′15 18′15 15 15 15 15 15 15
経鼻胃管(F)   5~8 5~8 8~10 10 10 12~14 14~18 16~18
尿道カテーテル(F) 5 8 8 8~10 10 10~12 10~12 12 12
胸腔ドレーンチューブ(F)   10~12 10~12 16~20 20~24 20~24 24~32 28~32 32~38


尿道留置カテーテル」

  [★]

urethral indwelling catheter
尿道カテーテル

尿道カテーテル留置」

  [★]

urethral catheterization
尿管カテーテル留置


尿道カテーテル抜去後性尿道狭窄」

  [★]

postcatheter urethral stricture
尿道狭窄


尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部

カテーテル」

  [★]

catheter
血管内留置カテーテル
カテーテル処置カニューレカニューレ挿入法French



  • 診断や治療の目的で体腔、血管、臓器内に挿入する管。

参考

  • 1. catheter一覧
[display]http://www6.ufrgs.br/favet/imunovet/molecular_immunology/invivo_surgical.html


道」

  [★]

street, meatus
街路街角




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
2SHEEP BLEEDING LINE mail10
3CATTLE BLEEDING LINE mail9
4SHEEP BLEEDING PAN mail9
5OVINE LEG B IN mail5
6CATTLE SKIN DEHIDER mail4
7Norpseudoephedrine mail4
8Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
9MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
10BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
11右室梗塞4
12グリコフォームとは4
13クモ膜嚢胞4
14右PICA後閉塞 s/o4
15ソーセージ様手指とは4
16+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
17子宮底高3
18Medusozoa mail3
19急性出血性白質脳炎3
20Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1リンパ組織過形成2
2破壊性甲状腺炎とは2
3フスタコデイン2
4暁病2
5頚部 静脈怒張2
6piano+key+signとは2
7求心性インパルス2
8asiain biscuit exporters mail2
9ホスカルネット+作用機序2
10ミンガッチィーニ徴候2
11破壊性甲状腺炎+原因2
12ウィリアム・キャンベル症候群2
13ジクロロ-ジフェニル-ジクロロエタン2
14+44 distributors and suppliers horse meat contact us united kingdom mail2
15肺mac症+診断基準2
16えんじょうじ 検査2
17乳腺腫瘍 男2
18piano+key+sign1
19アリルイソプロピルアセチル尿素1
20マジャンディー孔1