尿比重

出典: meddic

urine specific gravity, specific gravity of urine
尿尿検査

基準範囲

  • 1.020 (1.010-1.030)
  • 蛋白補正:1g/dL:0.003、糖補正:1g/dL:0.004

低張、等張の定義=

異常値の見方

検査値の本

高値(1.030以上)

  • [高頻度・可能性]脱水(下痢、嘔吐、熱性疾患、水制限など)、糖尿病、ネフローゼ症候群、多発性骨髄腫、造影剤、浸透圧利尿薬(マンニトール製剤、グリセリン(グリセオール))、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

低値(早朝第一尿で1.010以下)

  • [高頻度]慢性腎不全、急性腎不全の利尿期、利尿薬投与時、低K血症(利尿薬、原発性アルドステロン症、Bartter症候群、尿細管性アシドーシスなど)、高Ca血症(原発性副甲状腺機能亢進症、サルコイドーシス、悪性腫瘍など)、中枢性尿崩症、腎性尿崩症、薬剤性尿細管障害(リチウム、ゲンタマイシン、メチシリン、アムホテリシンB、ビンブラスチンなど)
  • [可能性]心因性多飲症、低蛋白食、低塩食、尿路閉塞


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿中変形赤血球の出現と尿pHおよび尿比重との関係
  • 岩本 尚子,横山 貴,小川 哲也,大沼 榮子,磯田 典子,三浦 ひとみ,新田 孝作
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 60(7), 1025-1030, 2011-11-25
  • NAID 10030458681
  • 試験紙法による尿比重測定における蛋白質の干渉機構 : 実験および化学平衡に基づく計算による解析
  • 鈴木 優治
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 59(11), 1215-1223, 2010-11-25
  • NAID 10027748994
  • 臨床経験 尿比重は帝王切開の脊髄くも膜下麻酔における低血圧を予見できるか?
  • 酢谷 朋子,井上 智重子,西村 一美 [他]
  • 麻酔 59(4), 455-459, 2010-04
  • NAID 40017090678

関連リンク

尿比重とは、尿中の水分と、水分以外の物質の割合を算出したものです。これを調べれ ば腎臓の尿濃縮能力や希釈能力、体内の水分、電解質などの状態を調べることができ ます。
尿比重とは、尿中に溶けている物質の量を示すものです。これにより、尿が濃縮して いるかどうかなどが分かり、病気の診断に用いられます。このページでは、尿比重(尿 検査)の概要や基準値など尿比重に関する情報を分かりやすく解説しております。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み尿検査」「尿
国試過去問105I057」「105A021」「107B023
リンク元100Cases 58」「尿浸透圧」「specific gravity of urine
関連記事比重

尿検査」

  [★]

urinalysis, urine test, urine examination, urine dipstick test
検尿
尿


意義

腎臓および尿管、膀胱、尿道の機能の異常、感染をつかむことができる。

採尿

SURO.49
  • 採尿後1時間以内の新鮮尿を用いる。
  • 男性:中間尿
  • 女性:外陰部を消毒し中間尿。細菌培養検査にはカテーテル尿が望ましい
  • 乳幼児:自己採尿が難しい場合、外陰部を消毒し、プラスチックバックにて採尿。細菌培養検査にはカテーテル尿が望ましい。恥骨上から膀胱穿刺する方法もある。

方法

尿検査は尿試験紙法を用いる。採取した尿に試験紙を浸し、試験紙の色の変化を目視によりサンプルと照らし合わせて決定する。尿沈渣は染色し、顕微鏡にて観察する。また、フローサイトメトリーにて成分を分け数量を決定する。

注意

試験紙法は人が目視で行っているので、人がかわると結果も異なってくる可能性を考慮しておく。沈渣も個数はフローサイトメトリーによりだいたい正確に決定されているが、沈渣の円柱の分類などは人の目で決めているので、人による誤差があることを理解しておく。



尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど



105I057」

  [★]

  • 20歳の女性。全身浮腫を主訴に来院した。3日前から顔面と下腿とに浮腫が出現し、急速に増悪してきた。現在までに体重が6kg増加した。身長156cm、体重60kg。体温35.6℃。脈拍72/分、整。血圧110/76mmHg。全身浮腫が高度である。尿所見:蛋白4+、糖(-)、潜血(-)。血液生化学所見:総蛋白 5.0g/dl、アルブミン 2.2g/dl、総コレステロール 320mg/dl、尿素窒素 40mg/dl、クレアチニン 1.8mg/dl、尿酸 8.0mg/dl、Na 138mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 100mEq/l。腎生検のPAS染色標本(別冊No.14)を別に示す。
  • この患者の尿所見として考えにくいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I056]←[国試_105]→[105I058

105A021」

  [★]

  • 69歳の男性。意識障害のため搬入された。1年前から高血糖を指摘されていたが特に何もしなかった。1週前から風邪気味であったが、2、3日前から咳と微熱とを認め、前日から食事摂取が不良となった。意識レベルはJCS II-30。身長172cm、体重72kg。呼吸数16/分。脈拍88/分、整。血圧 104/88mmHg。舌の乾燥を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖3+、ケトン体(-)。血液生化学所見:血糖 760mg/dl. HbA1c 7.8%(基準4.3-5.8)。抗GAD抗体陰性。
  • この患者の予想される検査結果に最も近いのはどれか。
  • a 尿比重1.010
  • b Hb 11.5g/dl
  • c 尿素窒素 46mg/dl
  • d 動脈血pH 7.15
  • e PaCO2 30Torr


[正答]


※国試ナビ4※ 105A020]←[国試_105]→[105A022

107B023」

  [★]

  • 水様下痢が持続し乏尿となった若年男性の検査結果を示す。血圧86/52mmHg。血液所見:Ht 54%。血液生化学所見:尿素窒素64mg/dl、クレアチニン2.8mg/dl、尿酸8.4mg/dl、Na 138mEq/l、K 4.1mEq/l、Cl 101mEq/l。
  • 尿所見として予想されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B022]←[国試_107]→[107B024

100Cases 58」

  [★]

63歳 女性
主訴口渇頻尿
来院のきっかけ:(GPから)多尿精査のために泌尿器科医に紹介された。
症状
 (主訴にまつわる症状)
 ・多尿:(発症時期)4週間前。(発症様式)突然。(頻度)一晩に5回排尿
 (主訴以外の症状)
 ・全身倦怠感:3ヶ月間体中調子悪い。
背部痛
 ・体重減少:3ヶ月前から3kg体重減少
 ・頭痛悪心:朝に悪心持続する前頭部頭痛。(増悪因子)臥床咳嗽
既往症:8年前、乳癌のために乳房切断術放射線照射をうけた。
職業歴:市に公務員に勤めていたが、現在退職している。
嗜好歴:喫煙歴無し。飲酒は10 units/week
服薬歴:なし
身体所見 examination
全身:やせている。筋肉萎縮(muscles are wasted)。
循環器系脈拍 72 /分、血圧 120/84 mmHg頚静脈怒張なし。I, II音に亢進減弱無く、過剰心音雑音を認めない。
四肢浮腫なし
呼吸器系腹部神経系に異常所見なし。
眼:眼底乳頭浮腫を認める。
検査所見 investigations
高値Ca(軽度高値)、アルカリホスファターゼ
尿検査蛋白(-)、血尿(-)
frequency n.頻尿
pass urine 排尿する
servant n. 公務員
mastectomy 乳房切断術
乳癌が脳に転移し、視床下部浸潤圧迫尿崩症を来している。頭痛悪心頭蓋内圧によるもので、眼底の乳頭浮腫はこれを指示している。また、朝の頭痛頭蓋内圧亢進症に特徴的らしい。また、咳や体位により増悪するのも頭蓋内圧亢進によるものということを支持している。背部痛があるので、胸椎から腰椎骨転移しており、骨破壊によりCa, AlP上昇を来していると理解される。
尿崩症尿比重血液検査
頭蓋内圧亢進症:頭部MRI。利尿剤によって頭痛が軽快するか検査
骨転移胸部or腰部MRI。ガリウムシンチグラフィーで全身転移巣を精査


尿浸透圧」

  [★]

urine osmolality, urinary osmolality, urine osmotic pressure, urine osmolarity
Uosm
浸透圧尿
[show details]


基準範囲

  • 50-1200 mOsm/l (QB)
  • 50-1000 mOsm/kg・H2O (30-0.5 l/day) (2007年後期生理学)
  • 尿の浸透圧は最大1200mOsmに及ぶ

尿の浸透圧を形成する物質

  • 主にナトリウムと尿素による

ナトリウム

  • 尿の浸透圧に対するナトリウムの寄与は最大600mOsm
  • A.Khun&Ramelの能動輸送モデル(SP.818)
  • Koko&Rector, Stephenson (SP.815)

尿素

  • 尿の浸透圧に対する尿素の寄与は最大600mOsm
  • 尿素は抗利尿時に集合管にて再吸収を受ける (SP.805)

尿比重からの近似

  • 尿浸透圧mOsm/kg = ( 尿比重 -1 ) x 30-35 x 1000


specific gravity of urine」

  [★]

  • 尿比重
urine specific gravity


比重」

  [★]

specific gravity
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡